【5月20日の事件】佐賀男児ひき逃げ事件に学ぶ、交通事故で殺人未遂が適用されるケース

5月20日は佐賀男児ひき逃げ放置事件が起きた日です。この事件はひき逃げして、ただそのまま放置した事件ではありません。今回はこの事件を紹介するとともに、子どもを守る防犯対策についても紹介します。

佐賀男児ひき逃げ放置事件の概要

この事件は2006(平成18)年5月20日佐賀県唐津市で起きました。午後5時過ぎ小学5年生の11歳の男児が県道三差路でダンプカーにひき逃げされ、事故現場から約3.2キロ離れた林道に放置されました。約8時間後に家族が林道で倒れている男児を発見します。一命は取り留めましたが、頭の骨を折るなど全治1カ月の重傷を負いました。

翌5月21日の午後3時頃、白バイ隊員が同市の農道で前の部分が壊れている青いダンプカーを発見し、車内に血痕を見つけたことから職務質問をおこなっていました。この際白バイ隊員が応援を呼ぶために、その場を離れた隙に犯人は逃亡します。そして佐賀県警はこの男を5月23日に道路交通法違反と業務上過失傷害の容疑で全国に指名手配しました。

そして5月24日午後に指名手配されていた犯人の男を同市内で発見し、午後8時53分に逮捕しました。男は職務質問後は山中の穴の中に隠れていましたが喫煙者だったため、タバコが吸いたくて我慢できなくなりタバコの自動販売機のある集落へあらわれたところを見つかり逮捕されたのです。

裁判と被害者のその後

佐賀地方検察庁は同年6月に容疑者を殺人未遂で起訴しました。この罪で裁かれた場合は、不真性不作為犯による判例が1つ加わるという裁判になります。不真正不作為犯というのは、例えば殺人罪というのは人を殺した者を処罰する規定です。刃物で刺したり毒を飲ませたりする作為によって殺人を予定する規定ですが、今回のように車で轢いて死んでも構わないと思い路上に放置した場合に当てはまるものです。もう1つの例でいうと生まれたばかりの赤ん坊にミルクを与えずに、餓死された場合にも当てはまります。

そして2007(平成19)年の2月に佐賀地方裁判所は「社会通念に照らして殺人の実行行為に当たる」として殺人未遂で懲役5年6カ月の判決を言い渡しました。しかし弁護側は即日控訴をおこない、同年6月に福岡高等裁判所で初公判が開かれます。弁護側は「被告は事故時点で男児がすでに死亡したと思っていた」と主張し、殺人未遂には当たらないと無罪と主張しますが、7月に「確定的な殺意」だとして改めて懲役5年6カ月を言い渡し刑が確定しました。

被害者の男児は頭に大けがを負っていましたが、23日間の病院生活を終え退院したそうです。病院によると食事や歩行もでき、日常生活には支障がなく突然違う話を始めるなどの症状がありましたが、自宅療養で回復していくだろうとのことでした。

地域の安全活動と子どもを守る防犯対策

今回紹介した事件や、事故を防いだり早期発見したりするには地域の安全活動と防犯対策が大切になります。地域の安全活動とは安全で安心して暮らせるまちにするために、地域で一体となって取り組む活動です。

主に防犯ボランティアによる青パトや、徒歩でおこなう防犯パトロール、防犯広報活動、さらに子どもの安全を守るための登下校時の見守り活動があります。子どもの安全を守るには、地域一体のこのような活動と各家庭での次のような対策が必要となります。

できる限り1人で登下校をさせない。
・のろのろと後と付けて来る車には気を付けることと、路上駐車している車には近寄らせないように子どもに教えておく。
・普段から自治体や町会などと関わり、警察による不審者情報などをチェックする。
・ランドセルなど目立つ場所には、子どもの名前を大きく書かない。
・知らない大人の甘い言葉にはついて行かないように教えておく。特におもちゃやお菓子につられないように教え、さらに知らない大人に名前を呼ばれてもついて行かないように徹底しておく。
・なるべく放課後に1人で外では遊ばせないようにする。また夕方遅くまで外では遊ばせない。
・防犯ブザーや防犯ホイッスルは常にすぐに出せるところにしまっておく。使い方も練習させ、何かあったらすぐに鳴らすように教えておく。
・ゲームセンターや繁華街などには、なるべく子供だけでは行かせない。
・塾などで帰りが夜遅くなる場合は、なるべく迎えに行く。
・何かあったら近くの家やお店に飛び込むように教えておく。

まとめ

子どもは何か被害に遭ったり遭いそうになったりした時には、怒られるのではないかと思い親に話さない場合が多くあります。また犯人に誰にも言うなと脅迫されるとショックで声に出せなくなる場合もあります。普段から子どもとコミュニケーションを充分に取り、何かあったらすべて話せるような関係を築いておきましょう。また子どもの様子が少しでも普段と違う場合は、優しく声をかけることも大切です。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【今日の事件簿】三鷹ストーカー事件から6年。被害者は「二度」殺された。

  2. 【4月3日の事件】「米・ユーチューブ本社発砲事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  3. 【4月8日の事件】「中田厚仁さん射殺事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  4. 【今日の事件簿】生い立ちが関係?合計17年の服役を終えて起こした「スナックママ連続殺人事件」とは

  5. 【3月30日の事件】「国松警察庁長官襲撃事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  6. 【6月8日の事件】附属池田小事件から18年。学校への侵入阻止と子どもを守る方法とは

  7. 【ストーカーに遭いたくない】1月23日「電子メールの日」にメールの危険性を再検討!

  8. 【7月28日の事件】関東連続少女殺人事件とは。絶対的な天敵が逮捕された日。

  9. 【今日の事件簿】捜査に延べ9億円以上かけた日本最大級の未解決事件「三億円事件」とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP