【今日はキスの日】突然キスしてくるおじさんへの対処法〜無理やりのキスは立派な犯罪です〜

日本全国各地で頻繁に起きている性犯罪。その中でも、特殊な性癖を持った変態がニュースとして取り上げられています。このページでは、実際にあった変態事件に注目し変態から身を守る方法を考えていきましょう。

事件FILE001 ドラマのようなキスをしたかった先生

2017年11月30日に、校内の未提出書類について相談をしていた女児児童に対して抱き寄せてキスをした40代男性教諭が、2018年8月30日に懲戒免職処分に。
2016年からこの日までに、10回程度抱き寄せることもあった。女子児童の担任でもなく、授業を持っていなかった教諭だった。
教諭は、「心配する気持ちが高じて思わず行為に及んでしまった。児童として特別な好意を持っていたが、異性としての好意ではない」と供述
参考文献:京都新聞

事件のポイント

  • 教諭は、担任でもない女児児童に偏った愛情を持っていた(だろう)
  • 心配する気持ちが高くなってキスをしてしまったと供述しているが、心配する気持ちが高まってキスするのは、ドラマや映画か好意をお互いが持っている場合に限る
  • 突然キスをしたくなるおじさんは結構いる

対策ポイント1 見知らぬ人へのキス=迷惑行為である

このような突然知り合いが豹変してキスをしてくるケースは多々あります。実際に、男性がキスをしたいという理由で見知らぬ人にキスをする犯罪は多く発生しています。このような犯罪は強制わいせつ罪に問われる可能性があります。

街で見知らぬ人にキスをしたら、何があっても犯罪です!

対策ポイント2 距離感が近い人物には警戒する

今回取り上げた事件のような強引なキスの犯罪はいつ起こるかわかりません。そのため、女性は特に警戒をする必要があります。
もし、知人に限らず恋愛感情がないのに、明らかにおかしい時は警戒をしましょう。油断を見せないことが大切です。特に酒に酔っていたりすると、2人きりになると無理やりキスをしてくる可能性もあります。酔った男性と一緒になる時は、2人きりにならないよう常に複数人以上で対応するようにしましょう。

対策ポイント3 街でキスしたいおじさんに遭遇したら

知人であればある程度対策できるものの、街中でキスしたいおじさんに遭遇したら恐怖でいつもの道が歩けない可能性があります。街では次のような人、状況に遭遇したらいつも以上に警戒するようにしましょう。

  • 同じ時間の電車やバスに乗っている人で、あなたのことを凝視してくる人
  • 夜道で同じ道を歩く人

このような人はあなたの隙を狙って犯行を実行する可能性が非常に高いので、外出をする際は常に周囲を警戒するようにしてください。

対策ポイント4 子どもが犯罪に巻き込まれたら

今回のケースのように、子どもが親の届かない場所で犯罪に巻き込まれていることもあります。自分の子どもがこのような状況に遭遇しないように、日頃から話し合って不審者への対処方法を確認しておくようにしましょう。また、今回のように突然犯行をする変質者よりも、事前に狙いを定めた上で犯行に移す犯人もいるので、ターゲットにならないよう気をつけましょう。

万が一子どもが巻き込まれてしまった場合は、すぐに警察に相談してください。被害にあったショックで学校に行けない/外で遊ぶことができないというケースも考えられます。心の傷が癒されるまでは、温かい目で見守ってあげるようにしてください。

まとめ

日本には、変態行為を実行してしまう変態おじさんはたくさんいます。次に襲われるのはあなた/あなたのお子さんかもしれません。世の中の変態に遭遇しないためにも、日頃から警戒心を高めておくようにしましょう。

関連記事

  1. 近所に公園がある場合はそれなりの防犯対策を

  2. 【今日の事件簿】なぜ父親を刺したのか?埼玉川口中3女子父親刺殺事件の謎

  3. 【今日の事件簿】鬼畜すら霞んで見える卑劣な犯行。異例尽くしの仙台女児連続暴行事件

  4. お花見でのトラブルから身を守る! 気をつけたい防犯対策

  5. 夏休み明けは塾や習い事に通う子が増える!帰りが遅くなる子どものための防犯対策をチェック!

  6. 【4月3日過去のこの日】「米・ユーチューブ本社発砲事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  7. 【今日の事件簿】令和に知る、昭和に起きた男女のもつれによる大事件とは?

  8. 便利だからこそ注意したい【夜行バス】で起きる痴漢行為とは

  9. 【鍵を開ける瞬間の行動がミソ】子どもに留守を任せるための、鍵の持たせ方とは

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP