【防犯対策】突然の通り魔、刃物から身を守るためにできることはあるのか

今朝、神奈川県川崎市で19人が死傷する事件が起きました。犯人は自殺をし、事件の全貌は見えていません。
報道によると、犯人は4本もの包丁を持っており、計画的な犯行であると言われていますが、犯人は計画的であっても、私たちにとっては突然の出来事であり、予知や対処をすることはとても難しいです。このような、通り魔的な犯行が残念ながらここ数年多く起きています。今一度、最低限の防犯対策を確認しておきましょう。

通り魔に遭遇したら?

まず、通り魔に遭遇してしまった場合の有効な対策はあるのでしょうか。
答えは、「No」です。

実際に、とっさにもし誰かが自分に刃物を向けて来たら、驚きのあまり、身動きが取れないはずです。
しかし一番大事なのは、「とにかく逃げること」です。危険を察知したら、立ち向かったり刺激したりせずに、とにかくその場から離れることを優先しましょう。

周囲の危険に早く気づける習慣をつける

通り魔に限りませんが、様々なシチュエーションで危機的状況に巻き込まれたとき、大事なのはいかにその危険を早く察知できるかです。例えば、近くで誰かが叫んでいたとします。そのとき、自分が音楽やスマートフォンに夢中になっていた場合はどうでしょう。叫び声や、周囲がざわついているということへの認識が、遅れてしまいます。

周囲の変化をすぐに察知できるようにするために、常に周りを見渡すといった癖をつけておかなければいけません。危険をいち早く察知することで、早期避難に繋がるのです。

早期避難をするために、今からできる3つのこと

①目の前だけでなく、周囲を見渡す癖をつける。

②対向者とすれ違うときはできるだけ距離を取り、相手の顔をみる。

③スマートフォンや音楽に夢中に鳴らない。大音量で音楽は聴かない。

最近は、歩きスマホをしている人がとても多いです。通り魔対策だけでなく、普通に事故に遭うリスクも高くなってしまうので、ながら歩きはせず、必ず前を向いて歩くようにしましょう。

また、警戒心が少なく不用心に歩いている人は抵抗されにくいと、通り魔は考えるため、周囲への警戒心を常に持って行動するようにしましょう。

被害を最小限に抑える対処法は?

最初にも述べた通り、通り魔を避ける対処法はありません。しかし、被害を最小限に抑えることは、できるかもしれないので、ぜひ下記の方法を、チェックしておいてください。

①背を向けて逃げない
まず、刃物を目の前に持っている人がいたら、すぐに背を向けて逃げるのは止めましょう。通り魔は衝動的な犯行が多く、逃げ惑う人を追いかけるといったことがあります。相手をみて、後ずさりをし、ある程度の距離を空けられたら走ってその場から逃げましょう。

②腕で頭首を守るように覆う
とっさに自分を守るときは、顔の前で腕をクロスさせてしまうと思うのですが、腕をクロスするだけでは、刃物の入る隙が多いため、身を守るには不十分です。首元や顔頭を守るように腕で覆い、被害を最小限にしましょう。

③小銭ポケットに入れ持ち歩く
あまりピンとこないと思いますが、これは通り魔だけではなく、普段の防犯対策でも使える対処法です。小銭は、意外と投げられると痛いです。ポケットに何枚か常に持っておくことで、いざというときに相手に投げつけ、その隙に逃げるようにしましょう。

持っておきたい防犯グッズ

防犯ブザーや催涙スプレー、スタンガンなどが防犯グッズとしてよく取り上げられますが、通り魔の場合はどうでしょうか。これらの物を刃物を持っている相手には使う事は難しいです。そこで、今回は被害を最小限にすることを考えた、防犯グッズを紹介いたします。

①刃物で切りつけれるのをふせぐ防刃 ブラックケブラー マフラー
こちらは、マフラーになっているので、首元に巻き付けて首を保護する事ができます。
外部サイト:アキバガレージへ移動

革のビジネスバッグで盾にする
布製品よりも、革製品のほうが防御力があるので、いざというときは自分の盾にしましょう。
外部サイト;Amazonhへ移動する

防刃チョッキを着用する
できれば、このようなものを身につける世の中にはなって欲しくないですが、着るに越した事はありません。
外部サイト:Amazonへ移動する

まとめ

目の前に刃物を持っている人がいたら、怖いですし、とっさに対処法が出てくるかはわかりませんが、被害が最小限になるように、今一度防犯対策を見直しておきましょう。
そして、いつどこで何が起きるかわからないからこそ、常に周囲の状況が確認できる状態で歩きましょう。

関連記事

  1. 6/25北海道エリアは背後からの痴漢に注意!?

  2. ドライブレコーダーが地域防犯にも役立つ?

  3. あなたの家の窓ガラス、空き巣は狙いやすいって気づいてるかも!?

  4. 【徹底解剖】痴漢はどこで起きている!?路上・施設内・電車内など場所別痴漢発生場所

  5. 自転車泥棒をなくすために! 「防犯対策しない甘さ」が「犯罪する甘え」につながっている?

  6. 女風呂でも防犯が必要!?ホテルの女性風呂での痴漢被害が発生!!

  7. 【不審者対応マニュアル】マニュアルを知って不審者を遠ざけよう

  8. 【必殺技は音】防犯対策には音が有効!その理由とは?

  9. 振り込め詐欺グループはなぜターゲットの電話番号を知っているのか?

カテゴリー

キーワード

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは

編集部オススメ

  1. 【今日の事件簿】殺人、強姦、警察への挑発。18歳の少年が死刑になった小松川事件とは。
  2. Uターンラッシュ真っただ中【SA/PA】で気をつけたい“ある行動”とは
  3. 【今日の事件簿】殺人の口封じで無関係の人を拉致、暴行、そして殺害。残虐極まる熊谷男女4人殺傷事件
  4. 便利だからこそ注意したい【夜行バス】で起きる痴漢行為とは
  5. 【今日の事件簿】42日間の大逃走劇。多くの人が凶悪犯の味方をした鬼熊事件とは
PAGE TOP