【子ども防犯】子供を守るためにどういう防犯対策が必要なの?気になる疑問にお答えします

皆さんは大切な子供を守るために一体どういった防犯対策を行っているでしょうか?
登下校の際に襲われるだけでなく、家の中に入られる等、様々なケースがあります。
場合によっては命を落とす可能性も十分考えられます。
最悪の事態にならないために普段から防犯対策を行わないといけません。

今から子供の防犯対策について話を進めていきます。
大切な子供を守るためにやらないといけないことが色々あるので一度チェックして頂きたいです。

子供は一体どこで犯罪に巻き込まれやすいか

警察庁のデータを見てみると、子供が犯罪の被害に遭いやすい場所がいくつか存在します。
まずはどういった場所に注意しないといけないかを紹介するので防犯対策の参考にして頂きたいです。

(1)駐車場
駐車場で何かしらの犯罪に巻き込まれるケースが多いです。
死角ができやすく、外出時の際は注意しないといけません。
窃盗をはじめ様々な被害に遭っています。
駐輪場も同様に注意が必要です。

(2)公園
公園によっては見通しが悪く、犯罪が起きやすい場所も存在します。
登下校の際はもちろん、普段から利用する際も注意する様声かけをすることが大事です。
遊びに来た子供が連れ去り等の被害に遭うと目も当てられません。

(3)登下校に利用する通学路
普段の登下校に危険が潜んでいる可能性があります。
犯罪が起きやすいと言われている場所はどこかを知り、防犯対策を進めていきたい所です。

(4)エレベーター
エレベーターも不審者と一緒になる可能性が高い場所なので注意しないといけません。
場合によっては階段を使う様声かけする必要が出てきます。

どういった防犯対策が必要なるか

一体どういった防犯対策を行えば良いか気になっている方が多いのではないでしょうか?
今から防犯対策をいくつか紹介します。

(1)1人で登下校をしない様声かけを行う
登下校を1人で行わず、複数人で行う様声かけを行うことが大事です。
人通りの少ない場所はどこか、危険な場所は無いかどうかを事前に確認し、登下校の際に寄り道しない様注意しないといけません。

(2)見通しの悪い場所に行かない様注意する
公園や駐車場等、見通しの悪い場所に近づかない様、子供に伝えておく必要があります。
連れ去り等の被害に遭っては目も当てられないです。
また暗い場所はどこか教えておくことをおすすめします。

(3)1人で犯罪が起きやすい場所に行かせない
もちろん過去に犯罪が起きた場所に行かせないのも防犯対策の一環。
以前犯罪が起きた場所はどこかチェックしておくことをおすすめします。
普段から情報収集を行わないといけません。

(4)知らない人とエレベーターで2人きりにならない
エレベーターを利用する際は知らない人と2人きりにならない様伝えておくことが大事です。
もし2人きりになったら近くの階で降りるといった防犯対策も同時に行っておきたい所。
いつでもエレベーターから降りられる様にすることが防犯対策を行う上でポイントになってきます。

(5)知らない人について行かない様に教育する
登下校や普段の外出時に知らない人について行かない様教育しないといけません。
不審者は色々な方法で声かけを行い、連れ去ろうとします。

(6)戸締りを徹底する
子供が家に帰ったら戸締りを徹底する様教育するのも防犯対策の一環です。
またカメラ付きインターホンを付けて誰が来ているか把握できる様にしておきたい所。

防犯対策のために用意しておきたいもの

子供の防犯対策を行う際、どういったものを用意しておきたいかをいくつか挙げていきます。

(1)防犯ブザー
防犯ブザーを常に持たせ、非常時に鳴らして周囲の人に危険が迫っていることを伝える様狂しておくことが大事です。

(2)キーチェーン
家のカギを落とさない様、キーチェーンを付けておくことをおすすめします。
落としたカギを泥棒等が拾って家に入られる可能性もゼロではありません。

子供達を守るために動いている地域がある

子供が安心して登下校ができる様にするのをはじめ、地域の防犯性を高めるために動いている自治体があります。

これから引っ越しを行うといった際は防犯パトロールを積極的に行っている地域かどうかチェックしておくことをおすすめします。

また隣人とコミュニケーションを取ったりして最近不審者が出没しているといった情報を収集することが大事です。
それを子供に伝え、どこに近づいてはいけないか、知らない人に声をかけられてもついて行かないといった注意喚起を行っておきたい所。

子供達が犯罪に巻き込まれない様にするためには家庭での教育はもちろん、地域住民の連携が必要です。

防犯対策をしっかり行って大切な子供達を守りましょう

いつ子供達が犯罪に巻き込まれるか分からないため、日頃から防犯対策を行っていかないといけません。
1人でいる時間を減らして複数人で行動したり、人通りの少ない場所に行かないといった教育を行うことが大切です。

また危険な場所はどこかを把握し、防犯対策に反映させておくことをおすすめします。
そのためには地域住民の方とコミュニケーションを取ったりして情報収集を行う必要があります。

子供が犯罪に巻き込まれないかどうかは皆さんの対応次第です。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 消防記念日に見直したい防災・防犯対策としての窓のお話

  2. 空き巣の検挙率はどれくらい?捕まったらお金は返ってくるの?

  3. 一人暮らしでも設置できる防犯カメラって?

  4. 【7月17日の事件】火炎瓶を投げつける。。上皇陛下の沖縄初訪問を襲った「ひめゆりの塔事件」とは

  5. 自転車の防犯登録って必要!?防犯登録のやり方を徹底紹介

  6. 暖かくなると危険!?露出狂に出くわしたらこう対処しよう!元露出狂がすすめる防犯対策

  7. トイレに「IoT」を導入すれば防犯対策にもつながるってほんと?

  8. 【まるで芸術】 巧妙で素早い手口が描かれたスリ映画4選。世界最高の天才スリ師が提案する防止策とは

  9. ナポリ観光に必要な日数とベストプランとは?+αで治安も要チェック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP