【防犯】ムラムラおじさんに要注意!狙われないための4つの対策を今日から実行しよう!

日本には、さまざまな変態がいます。今回は、痴漢・わいせつ事件で逮捕された犯人が、「むらむらしてやった」と供述して逮捕されるニュースでおなじみになりつつある「ムラムラおじさん」の事件です。ムラムラして犯行を実行する変態は多いので、女性は特に警戒をしましょう。

事件概要

福岡県北九州市で小学生の後をつけてわいせつな行為をしようとした疑いで21歳の無職の男が逮捕されました。小学生の後をつけて10歳代の女の子の肩を押さえつけてわいせつな犯行にうつろうとしたところ、大声を出したことで男は逃走。その後、防犯カメラの映像から犯人を特定。逮捕された男は警察の調べに対し「むらむらしてやった」と供述し容疑を認めました。

事件のポイント

小学生の後をつけて犯行に及ぶ犯人もいる
オートロックのマンションでも、場合によっては犯人が侵入し犯行を実行することもある
小学生が起点を利かして大声を出すことで犯行を回避することができた
変質者の中には性衝動を抑えることができない犯人もいる

対策ポイント1 後をつけられていないか確認

自宅近辺で、不審者に遭遇した結果、痴漢やわいせつな被害に遭遇し不快な思いをしてしまう女性被害者も少なくありません。このような場合、自宅周辺で被害者に隙ができたタイミングで犯行に及ぶことがあるので、女性は自宅の玄関に到着するまでは注意をする必要があります。今回の犯人のように、痴漢が後をつけて家までついてくることがあります。厄介な変質者になれば、行動ルートを事前に把握し、犯行しやすい場所で犯行に及ぶこともあるので、家の周辺で危険な場所がないか、普段と違う人間がウロウロしていないか親御さんは確認しましょう。

対策ポイント2 玄関を開ける時は周囲を見渡す

玄関を開ける時に性犯罪の被害に遭遇してしまうことがあります。例えば、音楽を聴きながら、スマホ操作をしながら帰宅すると、注意が散漫になっていることがあります。この時、不審者につけられても全く気づかず玄関まで後をつけられるということも考えられるので、玄関に入る時は一度周囲を見渡してから入るようにしてください。このような状況に出くわすと、最悪の場合は自宅に侵入され、最終的に命を奪われてしまうこともあります。あとをつけてくる不審者は、このような悪質な犯罪を実行することも考えられるので、玄関を開ける際は細心の注意を払う必要があります。オートロック設備のあるマンションでも玄関の扉を解錠する際は周囲に警戒をした上で入るという意識をつけるようにしましょう。帰宅するまで留守番することが多いお子さんの場合は、このような犯罪があることを教え、注意喚起に努めてください。

対策ポイント3 防犯ブザーを携帯させる

今回のケースでは、被害に遭遇した小学生が大声を出したことで、犯人を撃退することができました。しかし、大声を確実に出せるかどうかは被害者によって異なるので、恐怖のあまり全く声が出せないということも考えられます。このような状況で大声が出すことが難しくても防犯ブザーを鳴らすことで大きな音を出すことができるため、防犯ブザーを携帯させるようにしましょう。

対策ポイント4 不審人物の情報を把握

近隣の町で不審者情報が報告されたら、自分の自宅周辺でも同一の犯人が犯行に及ぶことも考えられます。このようなケースを免れるために、不審人物の情報は常に把握しておくようにしましょう。また、お子さんとも不審な人に声をかけられなかったか、大人から不可解なことを聞かれていないか常にコミュニケーションをして不審者に遭遇しない工夫をしましょう。

まとめ

不審者はいつどこで出現するかわかりません。今回のように犯人が後をつけて犯行に及ぶということもあります。一度性犯罪被害にあうと、子どもの中にはショックで家から出ることができないこともあります。立ち直るまでには、時間がかかることもあるので合わないようにすることがとても大切です。犯罪を未然に防ぐためにも日頃から犯罪への対策意識をお子さんと共有しておくようにしましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【お手柄】ピザの注文を”〇〇〇”と判断した911オペレーター、事件解決に貢献!

  2. 防犯情報サイトを上手に利用して安心と安全を得る方法を身に着けて!

  3. 【旅行に潜む危険】夜行バスに乗るときに注意したいアレコレ

  4. 【注意】バラの花束のはずが、ゴム手袋に。海外で起きた事件から知る“出会い系サイト”の危険度とは

  5. 【進化】防犯カメラの映像をWi-Fiを経由してスマホで見られる時代がやってきた!

  6. 盗聴器のせいでプライバシーがダダ洩れ!直ちに発見して処分するために行うべき方法とは

  7. 振り込め詐欺グループはなぜターゲットの電話番号を知っているのか?

  8. 「〇〇の出身地は?学歴は?実家は××区?」という中身のない記事が量産されるワケ

  9. 【どこが1番いい?】携帯電話大手3社の詐欺被害補償比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP