【必見】6月9日はロックの日!覚えやすく強力なパスワードを設定する方法を大公開!

パスワードはSNSごとに変更するべき

最近では「アカウントを乗っ取られる被害」が増えています。アカウントを乗っ取る手法はいくつかありますが、基本的にはメールアドレスとパスワードをどこからか入手して、それを利用してアカウントに侵入するケースが多いです。
パスワードを盗まれた場合、怖いのは他のSNSアカウントも乗っ取られてしまうことがある点です。というのも、同じパスワードを色々なアカウントで流用しているケースが多く、1つのパスワードさえ盗んでしまえば他のアカウントにもアクセスできるようになってしまうことがあります。特にTwitterとInstagramはアカウントをリンクさせている人が多く、どちらかのアカウントさえ分かればもう片方のアカウントも分かってしまいます。
こういった被害を防ぐためには、パスワードをSNSごとに変更すると効果的です。

覚えやすく解読されにくいパスワードの付け方

パスワードを使いまわしてしまう人のほとんどの理由は「覚えるのが面倒くさい」からだと思います。そこで、覚えやすく解読されにくいパスワードの付け方を考えましょう。
ここで、実際にパスワードを強化する方法を見ていきましょう。
例として、「6月9日生まれのミカさん」がつけやすいパスワードである”mika0609″を強化していきます。

文字を置き換える

まずは、文字を置き換えましょう。例えば、上の例であれば
”mika0609”

”m!k@o6o9”
といったように置き換えることで解読されにくくなります。この程度ならいくつかのパターンを覚えるだけなので、そこまで負担はありませんよね。

サービス名を入れる

次に考えるのは、利用するサービス名をパスワードに組み込むことです。例えばTwitterのパスワードであれば”tw”や”twi”というのをパスワードのどこかに配置します。配置する場所は先頭、中間、末尾のいずれかでもいいですし、3箇所全てに配置しても構いません。先ほど文字を置き換えたパスワードに、さらにサービス名を追加してみましょう。
”m!k@o6o9”

”twim!k@twio6o9twi”
最初のパスワードから比べると、長さも複雑さも増しましたね。このパスワードの良い点は、サービス名の部分を変更すればパスワードも変更できる点です。”twi”の部分を”ins”に変えればInstagramのパスワードにできます。これなら覚えやすいです。

単語のいずれかの文字を大文字にする

ここまでくれば非常に強力なパスワードになっていますが、サービスによっては必ず大文字を含めてくださいというリクエストがあるケースも多いです。そのため、単語のいずれかの文字を大文字にするようにしましょう。例のパスワードならば、このような形に変更できます。
”twim!k@twio6o9twi”

”TwiM!k@Twio6o9Twi”
これで、シンプルなルールで強力なパスワードを作成することができましたね!

注意点

ここまで強力なパスワードの付け方を教えてきましたが、ここで最も重要なルールがあります。
それは、「自分のルールを作ること」です。ここまで紹介してきたテクニックを全てそのまま使用するのではなく、取捨選択をして使うことでさらに強力なパスワードを作成することができます。
例えば、例ではサービス名を先頭・中間・末尾に組み込みましたが、これを先頭・末尾だけにする、中間だけにするといったように自分で変更してみてください。そうすることで、この記事を読んだ悪意ある人があなたのパスワードを突破するのを困難にします。
「真似する」「真似しない」を選ぶだけでパスワードのパターンは2倍になります。ぜひ、教えたテクニックを自分で組み合わせて、より強力なパスワードにしてください。

まとめ

パスワードを解読されてしまうと、プライベートな写真が流出したり、悪意ある投稿をされてしまう被害につながります。一度流出してしまうと完全に削除するのはほぼ不可能なので、個人情報の詰まったSNSのパスワードはこの機会に強化しておきましょう!

関連記事

  1. 防犯情報と相談サービスを利用できる地域の施設を知っておこう

  2. ガラスの防犯対策は侵入経路の特定から重点的に

  3. 繁華街の防犯対策の“かなめ”東京都の防犯カメラ事情とは

  4. 【絶景】世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのおすすめスポットと気になる治安は?

  5. ドイツは詐欺まみれ?海外旅行や移住時チェックしておきたい海外詐欺の手口とは

  6. 全国で1日200件以上報告される不審者被害。すぐできる不審者対策は?

  7. 【クリスマス間近】イルミネーションを見る時に気をつけたい防犯対策4選!

  8. 鍵をキーケースに入れていないと思わぬ空き巣被害にあうかも!?

  9. 天使のささやきの日に子供にも教えたい防犯の合言葉「ひまわり」

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP