【ヨーロッパ旅行】知らないとやばい?イタリアの楽しみ方や注意点を教えます!

スポーツ・ファッション・グルメ・歴史など、広い分野で人気の高いイタリア。
今回は、海外旅行にイタリアを検討している方に、知っておくべき基本情報やローマのおすすめスポットを紹介していきます。

イタリアとは?

イタリアの人口は約6,100万人。
日本と比較すると約半分の人口で、イタリア人はとても陽気かつジェントルメンで紳士的な方が多いです。

また、喜怒哀楽がハッキリとしていて、サッカー観戦時などには自身の感情を全面に出します。
多くの方が寛容的で、時間にルーズなどの欠点?もありますが、親しみやすいというのが特徴ですね。

イタリアの治安は悪い?

結論として、イタリアの治安は悪いものの、ほとんどがスリや窃盗などの軽犯罪です。
レイプや殺人などの重犯罪はかなり少なく、ヨーロッパのなかでも安全な国だと言えます。
参照:グローバルノート

また、イタリアが舞台の映画を観ている方としては、マフィアの存在が気になりますよね。
とはいえ、抗争自体も1990年代から減少傾向にあり、なおかつ観光客がマフィアになんらかの危害を加えられることも考えにくいです。

イタリアは日本ほど治安が良くありせんが、スリ対策をしておけば問題ないでしょう。
海外旅行時のスリ対策は下記の記事をチェックしてください。

イタリアに行く前に知っておくべき基本情報

せっかくの海外旅行なのに、不便な思いをしたくないですよね。
下記では、イタリアに行く前に注意したいポイントを5点紹介していきます。

Wi-Fi環境

イタリアに行くのなら、ポケットWi-Fiをレンタルして持参することをおすすめします。
基本的にホテルや空港、大型のショッピングモールなどではフリーWi-Fiが通っていますが、それ意外ではほとんどネットに接続できる場所がありません。

スマホで地図を確認したり、なにか調べ物をしたいという時に、もしネットが使えないと不安ですよね。
最近知名度をあげつつある「イモトのWi-Fi」は、イタリアであれば1日/1,000程度のコスパを誇ります。

格安Wi-Fiは人気が高く、予約をはやめにしなければ利用できません。
日程が決まり次第、Wi-Fiの確保は必須だと考えましょう。

コンセント

イタリアにカメラやスマホを持っていく方は多いでしょう。
せっかく持参したのに、充電ができずに利用できなければあまりにも悲しいですよね。

イタリアのコンセントはCタイプで日本のモノとは異なります。
用意するのは面倒かもしれませんが、ネットや100円均一でも購入できるので先に買ってしまいましょう。

日本人に馴染みのないチップ

イタリアにはチップを渡す文化があります。
そのため、イタリアのホテルを使用した帰りには、枕元に1ユーロを置いてから出ましょう。

重たい荷物をホテルマンに運んでもらった場合も同様です。
大体1つの重たい荷物につき、1ユーロがチップとしての相場となっています。

日本人はクレジットしか持ち合わせない人も多いですが、チップはまた別途必要です。
ムダな争いを避けたいのなら、かならずチップは持ち合わせるようにしましょう。

ちなみに1ユーロは時価120円~程度です。

レストランや駅のトイレは汚れている

イタリアのトイレは有料かつ汚い場所がほとんどです。
ホテルはキレイですが、レストランや駅前のトイレは便座がないなど、衛生的に気にする方は少し覚悟が必要。

また、有料なのにトイレットペーパーがなかったり、レイプ対策としてかなり隙間が空いているのも特徴です。
慣れるまでは少し時間がかかるかもしれません。

少なくともティッシュは持ち合わせておくべきでしょう。

はじめてのイタリアならローマを攻めろ!おすすめスポットを紹介!

ローマといえばイタリアの首都。
数多くの観光スポットがありますが、下記では代表的なスポットを4つ紹介していきます。

スペイン広場

映画「ローマの休日」の舞台としても有名なスペイン広場。
ローマのなかでも、スペイン広場ほど人が集まっている場所はそうないでしょう。

毎日観光客で溢れていて、135段あるスペイン階段をのぼれば、サン・ピエトロ大聖堂や美しい街並みが堪能できます。
ショッピングモールにはお土産品はもちろん、ブランド店も数多く並んでいるため、観光とお買い物を同時に楽しめるのも魅力です。

トレビの泉

トレビの泉は1700年代の半ばにコンテストの優勝作品として設計されたものです。
想像以上にスケールが大きく、日がしずんだ後には暖色のライトで照らされています。

壮観な外観はさることながら、後ろを向いてコインを投げ入れると次のような意味があるそうです。
1枚なら再びローマに来られる、2枚目なら愛する人とずっといられる、3枚目なら嫌いな恋人や配偶者と別れられ
る・・・のだとか。

訪れた時には、必ずコインの枚数に気をつけておこなってください。

コロッセオ

コロッセオは円形闘技場として知られ、コロシアムの語源ともなっている世界遺産です。
2,000年前に建造された闘技場ですが、いまもしっかりそのカタチは残されたまま。

ただし、人気の観光スポットのため、事前予約は必須です。
かなり待つはめになりますからね。

ツアーなどで申し込めば、当日券の列に時間を消耗しなくて済みますよ。

真実の口

言わずと知れた観光スポットである「真実の口」。
ローマの休日ファンのほとんどが訪れているでしょう。

うそや偽りの心を持つ人間が、真実の口のなかに手を入れると噛み切られてしまったり、抜けなくなってしまうと言われています。
その所以は分かっていないんですけどね。

それでも、真実の口は角が2本生えていて、実際にみるとかなりの迫力です。
写真は係員の方が撮ってくれるので、1人で行く方も盗難などの心配がいりません。

しかし、時間帯にもよりますが、やはり30分程度は待たなければいけないので注意してください。

まとめ

本記事ではイタリアの基本知識は治安情勢、観光スポットについて紹介しました。
結論としては、イタリアに訪れるなら必ずスリ対策は必須です。

日常的にスリや窃盗などの軽犯罪が発生しているので、防犯意識0の状態で訪れるとかなり高い確立で被害に遭うでしょう。
せっかくの楽しい旅行を悲しい思い出にしないためにも、防犯対策を学んでくださいね。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 地味な人ほど狙われる? 痴漢されやすいタイプとは?

  2. 「誰にでも優しい」は時に犯罪被害を招く!ストーカー対策のキモをご紹介!

  3. 市民ベースでできる地域の防犯対策とその効果

  4. ある日ストーカー扱いされてしまったら

    ある日突然ストーカー扱いされてしまったら…、一連の流れと対策について検証

  5. 【今日の事件簿】誘拐→通り魔→立てこもり。ひとりの男が次々に起こした事件の結末は?

  6. 【オススメ】一人旅でも安心!治安から見る東南アジアのオススメ国と必要な対策とは

  7. 東京都は防犯パトロール活動が盛ん

  8. その玄関のカギで大丈夫?女性必見。侵入犯罪とその防犯対策!

  9. 【今日の事件簿】524名中520名が死亡。日本航空123便墜落事故はなぜ起きたのか?

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP