注目の記事 PICK UP!

泥棒退治には「録画中」の文言が1番効果的!?被害に防ぐためにすぐにできることとは

山形県で眼科の女性医師が殺害されるという、痛ましい事件が発生しました。

現場付近の防犯カメラに姿が映っていたことで、犯人とみられる大学生の男が逮捕されたようです。

こういった重大な事件でも手がかりとなりやすい防犯カメラですが、より身近に発生する犯罪被害でも高い証拠能力を発揮します。

たとえば、泥棒等の被害でも防犯カメラがあれば決定的な証拠を残すことに繋がります。さらに、防犯カメラが設置されているだけで高い抑止力を持つため、被害に遭う可能性が格段に下がります。

凶悪な犯罪が後を絶たない昨今、自宅に防犯カメラを設置することを検討している方もいらっしゃると思います。
今回は、防犯カメラで犯行場面を押さえる際のポイントを紹介します。

犯行場面をしっかり押さえることが大事

TV等で犯行場面を映した防犯カメラの映像を目にしたことのある方は多いと思います。
どのような犯行が行われているかを知る上で、防犯カメラの映像や画像は役立ちます。

実際多くの自治体や家庭で防犯カメラを設置する動きが見られており、私達の暮らしの中で防犯カメラは身近な存在になっています。

犯罪の抑止力といった意味合いでも防犯カメラの設置を一度検討しておきたい所です。
何かあってからでは手遅れといった場合もゼロではありません。
いつ自分が犯罪の被害に遭うか分からないため、日頃から防犯意識を高めておく必要があります。

防犯カメラを設置する上でチェックしておきたいこと

防犯カメラを設置する際、いくつかチェックしないといけないことが存在します。
ただ適当に防犯カメラを設置すれば良いという訳ではありません。
設置の仕方によっては思った以上に防犯効果が得られないといった可能性が出てきます。
今から防犯カメラを設置する際のポイントをいくつか紹介します。

(1)犯行場面をしっかり押さえられる場所

どこに防犯カメラを設置するかが防犯対策を行う上で重要です。
基本的に玄関や勝手口、ガレージ等に設置することになりますが、泥棒等の犯行をしっかり押さえられるかどうかは最低限チェックしておかないといけません。

正面から映る場所、犯行場面を長時間撮影できる場所かどうかが目安になってきます。
泥棒が入ってくるのを想定し、設置場所を考えておくことをおすすめします。

(2)犯行場面をしっかり押さえられる画質かどうか

防犯カメラによって画質が異なるため、気になった物があれば画質をチェックしないといけません。
画質が粗すぎると犯行場面が分かりにくく、証拠にならない可能性があります。

せっかく防犯カメラを設置しても映像や画像が証拠として認められないとなっては目も当てられないです。

(3)死角になりやすい場所はどこか

家によっては死角になる場所ができます。
泥棒等は死角を利用して犯行を行うため注意が必要です。
防犯カメラで死角をカバーし、防犯性を高めることをおすすめします。
後は人通りの少ない所も防犯カメラを設置する際のポイントになってきます。

(4)信頼できる業者はどこか

防犯カメラを設置する際、業者に相談して防犯対策を進めていきたい所。
色々なアドバイスを貰えるため、一度業者をチェックしてはいかがでしょうか?
その際、信頼できる業者かどうかハッキリさせておくことをおすすめします。
インターネット上の評判や身近な人から話を聞いて判断しないといけません。

もし分からないことがあれば業者に質問して疑問を解決して利用するかどうか判断するのもありです。

犯行場面を押さえる上での注意点

犯行場面を映像や画像に収めることで犯人逮捕の証拠に役立ちます。
ここではどういったことに注意しないといけないかをいくつか挙げていきます。

(1)プライバシーを侵害する可能性がある

防犯カメラを設置する上でプライバシーに配慮しないといけません。
場合によっては大きなトラブルに発展する恐れもあります。
家の敷地外に向いていないかカメラの位置をチェックしておくことが大事です。

賃貸アパート等に住んでいる場合は大家の許可を貰い、他の住人が映らない様にするのが基本。

また撮影した映像や画像を流出させない様しっかり管理しないといけません。
場合によっては名誉棄損罪に当たる可能性も出てきます。
自分の身を守るのはもちろん相手の肖像権や名誉等を守ることも防犯対策の一環です。

(2)暗くて犯行場面が分かりにくい可能性がある

防犯カメラを設置しても夜になると犯行場面が分かりにくいといった恐れがあります。
事前に暗い場所かどうかチェックしないといけません。

また、カメラによっては暗視モードがある機種もあるので、財布と相談しながら検討しましょう。

念のため、センサーライトを設置しておくと安心です。

泥棒は暗い場所や死角を利用して家に入ってきます。
その可能性を減らすために防犯カメラの他にセンサーライトを設置したり、庭の手入れを行って死角を無くすといった対策が必要です。

(3)泥棒によって防犯カメラを壊される可能性がある

防犯カメラを設置したからもう安心と思ってはいけません。
泥棒によっては防犯カメラを壊してから家に入るといった可能性もあるからです。
耐久性が高い防犯カメラの設置や配線を切断されない様にすることが防犯対策を行う上で押さえておきたいポイントです。

また、ピッキングに強いカギに替えたり、窓を補強して家に入られない様にすることが大切です。

窓用の防犯フィルムなどもホームセンターなどで売っていますので、ぜひ購入を検討してみてください。

防犯カメラを上手く使いこなして被害を防ぎましょう

防犯カメラは犯行場面を押さえられる反面、上手く利用しないと十分な防犯効果が得られない可能性が出てきます。
業者に相談し、防犯対策を進めていくことをおすすめします。

また防犯カメラを設置して終わりという訳ではありません。
センサーライトの設置やピッキングに強いカギに替えたりと、さらに防犯性を高めることが重要です。

防犯対策は自分の身を守ることにも繋がります。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. パパと一緒にお風呂に入るのは避けるべし?公衆浴場で女児を盗撮!

  2. あなたの日常生活を撮影する盗撮被害から身を守る防犯対策5選

  3. ストーカーに追われる夢を見た!夢診断の結果は?

  4. 【梅雨目前】梅雨入り前に確認したい、雨の日に特に注意すべき防犯ポイントとは

  5. 鍵をキーケースに入れていないと思わぬ空き巣被害にあうかも!?

  6. 不審者にご用心

    不審者には気を付けよう!また不審者に対して取るべき3つの選択肢について紹介

  7. 知らない間に標的に!?もしもの時は防犯カメラを頼りましょう

  8. 防犯カメラを設置するなら知っておきたいデータ管理の基本

  9. 満月の日は犯罪が増える!? 検証と緊急時に役立つ防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP