【オススメ旅】日本からもすぐに行ける台湾!体験すべき観光スポット&グルメ+治安情報

グルメや観光都市として、日本人からも絶大な人気を集めている台湾の首都台北。
本記事では、初めての台北旅行に行く方におすすめの観光スポットやグルメ、また防犯面についても紹介します。

台湾の首都台北のおすすめ観光スポット5選

まずは台湾の首都台北のおすすめ観光スポットです。
人口は260万人を誇る大都市ですが、実際にはかなりコンパクトとなっています。

そのため、2泊~3泊もすれば十分に満喫できるのも、台北の魅力です。

台北101 タイペイイーリンイー

台北のランドマークとして知られている台北101(タイペイイーリンイー)。
高さ508mを誇る超高層ビルになっていて、89階の展望台からは一目で先進国だと分かる情景が一望できます。

5階からのぼりのエレベーターは、分速1010mのハイスピードで移動。
わずか37秒間で5階から89階に辿りつくのです。

日本ではあまり体感できないスピードだけに、これだけでも私はハイテンションになってしまいました。
また、ビルのなかにはZARAをはじめとしたファストファッション店から、ハイブランド店まで並んでいます。

手軽なお土産も多く販売しているため、観光のついでにお土産を買いたいという方にもおすすめです。

国立故宮博物院 グオリーグーゴンボーウ―ユエン

メトロポリタンをはじめとした、世界四大博物館の1つに数えられる国立故宮博物院(グオリーグーゴンボーウ―ユエン)。
市街からは少し離れていますが、収蔵品は約65万点。

そのうちの約2万点を鑑賞できます。
日本語で記載されたガイドマップや音声ガイドもあるため、言語に不安がある方も歴史的文化を楽しめます。

美術品にはあまり興味がない方にも、是非訪れてほしい場所です。

龍山寺 ロンシャンスー

台湾を代表とするパワースポットとして有名なのが龍山寺(ロンシャンスー)です。
1738年、つまり清時代に建てられた、台北では最古のお寺となっています。

龍山寺は上で紹介した、国立故宮博物院に並ぶ有名観光地です。
芸術的価値が高いことが評されて、二級古跡にも指定されています。

屋根のうえには瑠璃細工で作られた龍や鳳凰が飾られていて、晴れの日には光があたり今にも飛び立ちそうなほどの輝きを見せてくれます。

士林夜市 シーリンイエシー

台北で一番大きな夜市が士林夜市(シーリンイエシー)です。
MRTという電車で向かいますが、士林夜市の1つ前の剣潭駅(けんたんえき)で降りなければいけません。

夜市とはいえかなり広く、18時~はかなり混み合うため、1日ですべての店を周りきるのはほぼ不可能。
事前に周る店舗を決めておき、なおかつ17時頃に着くように動いたほうが良いでしょう。

とりあえずオススメの良い料理は、「牡蠣オムレツ」です。
お店によって使われるソースは異なりますが、士林夜市の地下でやっている店舗ならほとんど美味しいですよ。

その他にも女性に人気のアクセサリーショップ「KIKI」やおみやげ屋さんの「有意」など、学生から大人まで楽しめます。

九フン

日本人にとって馴染み深い場所といえば「九フン」です。
なんせ、千と千尋の神隠しの舞台となっている場所ですからね。

細い路地の階段にあわせて建つ館に、ぶら下がる提灯がなんとも言えないノスタルジックな世界を演出してくれます。
ただし、注意点として訪れる時間帯がポイント。

なんせ、基本的には昼に行ってもあまり面白くありません。
どうせなら夕暮れにあわせて向かうようにしましょう。

台北からは40キロ離れていますが、現地発のツアーなども盛んにあるので気軽に利用してみてくださいね。

台湾の首都台北のおすすめグルメ3選

台湾を訪れる方のほとんどが、グルメにも注目を集めているはずです。
海に囲まれ、温暖な気候である台湾は、海産物や果物、野菜の宝庫となっています。

台北では質の良い食材をふんだんに使いながらも、リーズナブルな料金で楽しむことができます。
下記では、是非味わってほしい台北の料理を3つご紹介。

鼎泰豊 ディンタイフォン

まず台北で食べておきたいのが小籠包です。
薄い小麦粉の皮のなかには、熱い豚ひき肉の具とスープがこぼれ落ちるほどに入ってきます。

台北では複数のお店が小籠包を取り扱っていますが、そのなかでも一番有名なのが鼎泰豊(ディンタイフォン)です。
アメリカのニューヨーク・タイムズでは「世界の10大レストラン」に選ばれたこともあるほど。

ただし、世界中から人が集まってくるため、時間帯は外して訪れることをオススメします。

芋仔蕃薯 オアーハンジ

日帰り旅行客にも人気のお店が芋仔蕃薯(オアーハンジ)です。
上記でも紹介した九フンにあるノスタルジックなお店で、家庭的な料理が楽しめます。

特に細麺にごま油を混ぜ込んだ、「麻油麺線」は人気料理の1つ。
シンプルながらもさっぱりとしていて、浮ついた気持ちを少しだけ落ち着かせてくれるようなホッとする一品です。

思慕昔 スムージー

最後にオススメしておきたいのが、思慕昔(スムージー)です。
台湾式のかき氷は日本でも大流行していますが、本場のかき氷店「思慕昔」は豊富な量とトッピンで、若者から絶大な支持を集めています。

インスタ栄えを意識している方も多いだけに、現地民だけでなく世界各国の観光客が訪れる人気店舗となっています。
営業時間が9時30分~23時00分と長いのも魅力的。

ただし、夏の季節は特に混み合うため、ある程度時間に余裕を持って訪れるようにしてください。

台湾の治安は良いの?行く前に気をつけて!

台湾の治安ランキングは世界163カ国中28位。
治安は良いほうですが、日本は6位だけにスリなどの盗難被害に遭わないように注意しなければいけません。

2014年度の統計では、台湾に訪れる日本人は毎年100万人を超えます。
そのなかで、平均すると年120人程度はなにかしらのトラブルに巻き込まれているとのこと。

人混みの多い、夜市を歩くさいには特に要注意してください。
ひったくりやスリが日常的におこなわれている場所でもあります。

時間帯は夜中の24時~26時が多いため、夜遊びをしすぎなければ過度な心配はいりません。
それでも人混みを歩くさいにはある程度注意が必要です。

スポット的には「新北市」や「三重」は、台湾の地域でも特に犯罪が多いと言われています。
もし台北から離れた都市に行くのであれば、なおさらスリやひったくり対策はしなければいけません。

下記の記事で、海外旅行時のスリ対策を紹介しています。
必ずチェックするようにしてくださいね!

まとめ

本記事では台湾の首都台北のおすすめ観光地スポットやグルメを紹介しました。
台湾はグルメが特に有名で、なおかつリーズナブルなことからも安い料金でかなり満喫できます。

また、台湾の治安ランキングは28位と高めながらも、防犯面でも最低限の防犯意識と対策は必要です。
なにもしなければ、それだけスリ集団に狙われかねませんからね。

安全に海外旅行を楽しむためにも、スリや置き引き対策は必ずおこないましょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【憧れのヨーロッパ】永遠の都ローマの治安はどう!?おすすめの映えスポットは?

  2. 【アジア旅行好きの人必見】シンガポールは治安が良い!必ず見ておきたい観光スポット8選!!

  3. 【旅好き必見】人気旅行先である「シンガポール」は安全?知っておくべき5つの注意点と対策とは

  4. 【パリは夏がオススメ】パリの行くべき観光スポットと知っておくべきコト

  5. パリの主なお祭りを紹介! パリ祭の治安と防犯注意点

  6. インスタ映え注意!海外旅行では撮影中にスキありっ!

  7. 海外旅行に行く人必見。スリにあわないバッグと対策で楽しい旅行を!

  8. ナポリ観光に必要な日数とベストプランとは?+αで治安も要チェック

  9. 【知得】窃盗は英語でなんと言う?海外で窃盗被害にあった時の例文や携帯品損害の請求手順とは

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP