注目の記事 PICK UP!

女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

泥棒は洗濯物に男性の服が無いから女性一人暮らしだと判断したりします。
場合によっては窓ガラスを割って入り金品等を奪っていきます。

被害に遭わないためには防犯性の高い家にしないといけません。
今回は窓から侵入してくる泥棒に対してどのような対策を行っていけば良いかを紹介します。
これから防犯対策を行うといった方は一度参考にして頂きたいです。

窓から侵入されるケースが実は多い!

実は窓から侵入する泥棒が多く注意しないといけません。
いくら戸締りを行ったとしても窓ガラスを破るのは思っている以上に簡単です。
場合によっては音を出さずに窓から侵入してきます。

警視庁生活安全総務課のデータを見ると窓から侵入するケースが多いそうです。
それに次いで多いのが玄関から侵入してくるケース。

事前に下見を行う泥棒が多いです。
ベランダを渡って侵入できるかどうか、窓ガラスは割りやすいタイプかどうか等、様々なものを見てきます。

窓の閉め忘れをはじめ侵入する方法が色々あるから非常に厄介。
玄関はもちろん窓の防犯対策を進めることが泥棒等の被害を避けるために重要です。

窓の防犯対策に一体どういったものがあるか

泥棒に入られないために一体何をすれば良いか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?
ここでは窓の防犯対策をいくつか挙げていきます。

(1)戸締りをしっかり行うことから始まる

防犯ガラスに変えるといった防犯対策を行う前に戸締りの習慣を付けないといけません。
いくら防犯性の高い家にしても戸締りを忘れてしまうと泥棒に侵入される可能性が上がってしまいます。

外出する際は玄関と勝手口、そして窓の戸締りをしっかり行うことが基本です。

(2)防犯ガラスに変える

窓の防犯対策として防犯ガラスを利用することをおすすめします。
防犯ガラスは2枚のガラスの間に膜を挟んだものです。
通常の窓ガラスに比べ破るのに時間がかかります。

泥棒は家に侵入するのに時間がかかるのを嫌います。
いかに泥棒を諦めさせるかが防犯対策を行う際のポイントです。

(3)防犯フィルムを貼り付ける

防犯フィルムを窓ガラスに貼り付けるのも防犯対策の一環。
種類も色々あるのでこちらも一度チェックすることをおすすめします。
防犯ガラスに比べ安く抑えることができます。
窓に貼る際は上手く貼らないといけません。

(4)防犯ブザーを設置する

泥棒は音を嫌う傾向があります。
窓に防犯ブザーを設置し、より防犯性を高めることが大切です。

(5)防犯カメラを設置する

犯行の状況を押さえられる様に防犯カメラを設置することをおすすめします。
撮影した映像や画像は泥棒を捕まえる際の証拠になります。
設置する際、約10万円程度の予算を用意しないといけません。

十分予算を用意できないといった場合はダミーカメラを用意するのもありです。
いかに本物と思わせられるかどうかがダミーカメラを設置する上で重要になってきます。

(6)洗濯物に男性用の服を入れる

泥棒はベランダに干されている洗濯物から何人で暮らしているか、1日家を空けているか等をチェックします。

1人暮らしの女性の方は男性用の下着等を干すことで男性と同棲している様に見せてはいかがでしょうか?
また下着泥棒対策として部屋に洗濯物を干すのもありです。

防犯ガラスの強度を判断するポイントについて

窓の防犯対策の一つ、防犯ガラスを利用する際にいくつかチェックしておきたいものがあります。
ここではそれを紹介するので防犯対策を行う上で参考にして頂きたいです。

(1)打ち破りに強いかどうか

防犯ガラスを見る際、打ち破りに強いかどうかをチェックしないといけません。
それを判断する基準として板硝子協会の打ち破り試験ランクと呼ばれるものが存在します。
P1A~P5Aの計5つのランクがあり、一番防犯性が高いのがP5Aです。

(2)こじ破りに強いかどうか

こじ破られにくいかどうかも防犯ガラスを選ぶ際のポイントになってきます。
板硝子協会が行っているこじ破り試験のランクから防犯ガラスの強度を判断することになります。
P1K~P3Kの計3つのランクがあり、一番防犯性が高いのがP3Kです。

(3)CPマーク

カギや防犯ガラス等の防犯アイテムによってはCPマークが付いている物があります。
見たことがあるといった方もいるのではないでしょうか?

CPマークは5分以上耐えられる防犯アイテムに付けられるマークです。
これから防犯対策を行う上でチェックしておくことをおすすめします。

防犯ガラス等の防犯対策を行って被害を防いでいきましょう

窓から侵入してくる泥棒が多いため、防犯ガラスに変えたりして窓の防犯性を高めないといけません。
防犯ガラスを選ぶ際は打ち破りやこじ破りに強いかどうかをチェックし、予算に合ったものを選ぶのが基本です。

また1人暮らしと思われない様にすることも防犯対策を行う上で重要になってきます。
そのために洗濯物に男性用の下着を入れることをおすすめします。
長時間ベランダに洗濯物を干していて留守であることを見破られない様にしておきたい所です。

窓やドアの戸締りをしっかり行うことから防犯対策は始まります。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 防犯シールは防犯対策の必需品?効果やおすすめの防犯シールを紹介

  2. 【重要】キケンを感じたら、とにかく「声を上げること」がカギ!

  3. 犯罪被害にあったら防犯カメラは証拠になるのか?

  4. 他人の設置した防犯カメラが我が家を撮影している! 防犯とともに大切なプライバシー問題

  5. 空き巣は「窓」からやってくる!空き巣が嫌いな窓ってどんな窓?

  6. 東京都内の防犯情報が丸わかり! 防犯情報マップとは

  7. ストーカーから逃げるために引っ越しをする際の注意

    ストーカー被害から逃れるための引越し!注意すべき7つのポイント

  8. ストーカー被害に遭ったらどうすればいい? 上手な警察への伝え方!

  9. つきまとい被害には「Uターン」が効果的!被害に遭っていると感じたらやってみよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP