注目の記事 PICK UP!

白い粉サギ!?あなたの家に届いていませんか白い粉。それは新しいアポ電の手口です

つい最近、テレビニュースでも取り上げられていましたが、みなさん「白い粉詐欺」をご存知ですか?
各県の行政からは連日、この「白い粉詐欺」の注意喚起のメールが届いています。この詐欺は、アポ電の一種の特殊詐欺で、新たの手口を利用したものです。

では、「白い粉詐欺」が一体どんな新しい手口の詐欺なのか、みてみましょう。

白い粉詐欺とは?

白い粉詐欺とは、まず家に見ず知らずの荷物が届くところから始まります。
受け取った当人は、まず見覚えがない品が届いたことに不審がりながらも開けるでしょう。そして、その荷物の中身を確認してみると、白い粉が入っているといます。

そして、ココからアポ電の詐欺が始まります。

荷物が届いたあとに、警察を騙った電話がかかってきます。
「薬物事件で逮捕した者から押収した手帳に、あなたの名前が載っていた。荷物は届いていないか」「あなたが麻薬を買っているという情報がある」といった趣旨の電話です。この時、実際に届いた粉は片栗粉などで、違法薬物ではありません。

この時点で、荷物と電話を受けた方は、自分が受け取った白い粉の正体が「違法薬物」であるといった恐怖や心配に変ります。その気持ちにつけ込んで、さらに詐欺犯はこう言います。

「口座も悪用されているので、新しいキャッシュカードと交換しなければならない」「勝手に口座が使用されている。再発行する必要がある」と言われるのです。

自分がまさか、違法薬物の捜査線上にいるとは思いたくないですし、早く解決したいと思うのが普通です。そして、電話内で、暗証番号を聞き出し、後日カードを騙しとり、現金を引き出す。といった手口がアポ電「白い粉詐欺」の手法です。

※アポ電とは:アポ電は「アポイント」と「電話」を略した言葉です。アポイントとは面会などの約束を取ることを意味しています。アポ電も最初に電話をかけてアポイントをとることで警戒心を緩めたり、資産状況を聞き出したり、詐欺が可能かどうかなどをチェックするのです。そして、アポイント電話で、どのような手口で犯行に及ぶかなどを決めます。

見知らぬ荷物が届いたら?

それでは万が一、自分の家に見知らぬ荷物が届いたらどうすればいいのでしょうか?
基本的に、自分や家族に心当たりのないものが届いた場合は、開けるのはやめましょう。もしも、開けてしまって不審に感じた場合は、最寄りの交番や警察署に持って行くか、電話して相談をしましょう

電話がかかって来た場合は、上記でご紹介した詐欺犯の常套句を思い出し、冷静に無視をしましょう。

まとめ

特殊詐欺は、日々あの手この手を使って新しい手口がでてきます。
特殊詐欺=オレオレ詐欺ではなくなり、今やどれが詐欺なのか見破ることも難しいですし、新たな手口を知る前にまた新たな手口が出てきます。

不安を煽るような電話がかかってきたら、まずは深呼吸をし、一旦電話を切りましょう。電話を一旦切ってから、判断したっていいんですから。そして、おかしいと思ったら、自分ひとりで対処しようとは思わず、警察や周りの人に一回相談するということをしましょう。

Moly.jpでは新しい詐欺の手口などを随時ご紹介するので、チェックをして、家族や周囲の人にお伝えください。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【詐欺被害】振り込め詐欺にあわないためには?増えている詐欺の種類とその手口をとは

  2. 【ニュース】愛知県県警が防犯ブザーを開発!?

  3. 8/30 後方からくる自転車やバイクは反応を!!

  4. 「AirDrop痴漢」だけじゃない!? AirDropを使用したナンパ被害も!!

  5. 串カツ田中で起きた盗撮問題、「監視カメラ作動中」がカギ?

  6. 最低の犯罪リベンジポルノ。プライベートな写真や映像をネットに流されたらどうすればいい?

  7. 8/1 埼玉県はひったくりにご用心!!

  8. 【今日の事件簿】佐世保小6女児同級生殺害事件から15年。子供の異変に気づくために何ができる

  9. 【秋到来】夏で終わりじゃない、性犯罪は秋でも要注意!!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP