【急いで塞げ!】その「穴」のぞかれてますよ。夏場に気をつけたい「のぞき」のアレコレ

まだまだジメジメと蒸し暑い梅雨の時期が続いていますが、気温はもうすっかり夏です。
夏場は、気温的に必然と薄着になるかと思いますが、みなさんが一番薄着になる場所はどこですか?

きっと多くの人が「家」と答えるのではないでしょうか。家という自分のプライベートな空間での薄着は、誰にも邪魔されないですし、迷惑をかけていないので、自由です。

しかし、時として「家」+「薄着」=危険という場合もあるのです。では、家での薄着がなぜ危険になるのかみていきましょう。

家+薄着=危険はナゼ?

夏は、みなさん家でどんな格好で過ごしていますか?
暑くて、扇風機を付けたりエアコンを付けて、薄着で過ごしている人が多いかと思います。

家では好きな格好をして過ごしたいですが、薄着の季節だからこそ、家でも気をつけなければいけないことがあります。それが「のぞき」です。

特に、一人暮らしの家の人は、家の構造上、用心深くなる必要があります。みなさん、自分の家の間取りをちょっと思い出してみてください。トイレとお風呂場が玄関の一直線上の動線にありませんか?脱衣所がないお風呂場の場合、玄関が繋がっている廊下で、脱衣をしていませんか?

そして暑い季節は、お風呂上がりでそのまま何も着なかったり、薄着で部屋を移動していたりしませんか?このような行動を、のぞき魔は狙っているのです。では、どこからのぞかれるか見ていきましょう。

ドアスコープはしっかり塞ぐべし

先ほど、玄関からお風呂やトイレが一直線上の動線にありませんか?と質問しました。なぜかと言うと、のぞきは玄関から部屋の様子を伺っているからです。玄関を開けているわけでもないのに、玄関から部屋がのぞかれるってゾッとしますよね。そして、それはドアスコープからのぞいているのです。

ドアスコーップって外からのぞけるの?という疑問があるかと思いますが、実はのぞく方法があります。その方法をお伝えすることはできませんが、ドアスコープはのぞけるということはしかっりと覚えておきましょう。

そのため、のぞかれないためにも、いまドアスコープがむき出しの方は、すぐに塞ぎましょう。ドアスコープカバーは市販でも色々な種類が売られいますし、今すぐ買いに行く時間がない!という方は、マスキングテープなどを使って穴を上から塞げば、応急処置としてはOKです。こちらでもドアスコープを例をご紹介しています。

 

ドアポストも要注意?

ドアスコープを塞げたら、次に注目していただきたいのが、「ドアポスト」です。
”ドアスコープなら覗き穴だから、のぞかれるかもしれないけど、ドアポストまでのぞかれるの?”って思いましたか?そうです、のぞかれるのです。別に、ドアポストの中に入っている郵便物がみたくて、のぞくわけではありません。

ドアポスト経由で、玄関から部屋の中をのぞくのです。のぞき魔は、細かい道具を使って、ドアポストに忍ばせてのぞきをしてくるです。

そのため、ドアポストにカバーが付いていない人は、こちらもすぐにカバーを付けましょう。ドアポストは、塞いでしまうと本来の目的である、郵便物が入れられなくなってしまうので、カバーを付けるようにしましょう。カバーを選ぶときのポイントとしては、あまり隙間や穴が大きなものは選ばないようにしましょう。

カーテンは2重に!

先ほどの上記2つは玄関からのぞかれる場合のお伝えしましたが、今回は部屋の外からのぞかれる場合です。
夏場は、陽も長くなり、遅くまでカーテンを閉めないといった人も多いかと思います。しかし、これが要注意なのです。“私はのぞかれなんてしない”とは、思わないでください。のぞき魔にとっては、のぞければ誰でも対象です

薄着の季節だからこそ、戸締まりはしっかりしましょう。涼しいからや、陽があるからで、薄いカーテンで済ませることがありますが、薄いカーテンは部屋の照明の加減で、シルエットがよく見えてしまう可能性が高いです。

カーテンをしている大丈夫ではなく、カーテンは必ず2重にする生地の厚いカーテンを利用しましょう

まとめ

いかがでしたか?
自分の一番プライベートで快適に過ごせると思っていた部屋が、実はのぞきに遭っていた。なんて怖いことが起きないためにも、必ず、ドアスコープとドアポストはカバーをしておきましょう。

コチラでは、盗撮や盗聴についての対策もお伝えしているので、ぜひ合わせてチェックしてください。

 

関連記事

  1. 自分の街を自分たちで守る!防犯パトロール隊の活動手順とは?

  2. 不審な人物の最新情報に注意して、みんなで正しく防犯対策!

  3. Moly.jpがECサイト「Moly Collection」をOPEN

  4. 地域住民で協力して防犯情報を収集すれば効果的な防犯対策ができる!

  5. 【女性必見!】盗撮行為は許せない!防犯カメラ映像などをもとに盗撮犯を後日逮捕できるか?

  6. 【知得】窃盗は英語でなんと言う?海外で窃盗被害にあった時の例文や携帯品損害の請求手順とは

  7. 【Paskel】創業73年。老舗のアクセサリー会社がオシャレな防犯ブザーを作った理由【2】

  8. あなたは大丈夫?ストーカー診断からわかる、なりやすい人の特徴や心理状況とは

  9. 電気記念日に考える。電気がなければ起きないネット犯罪とその対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP