盗聴器はFMラジオで見破れる?すぐできる盗聴&のぞき対策はこれだ!

前編では、盗撮の被害実態対策について、また、盗聴の被害と盗聴器が設置されている場所について解説しました。

前編の記事をまだ読んでいない方は、前編もお読みください

後編では、盗聴器の発見方法と、女性が被害に遭いやすい覗きの対策にについて解説します。

盗聴器の発見方法

では、盗聴器の発見方法を確認していきましょう。

盗聴器が仕掛けられていそうな場所を確認

前編でもお伝えした、盗聴器が仕掛けられていそうな場所をまずは確認してみましょう。

盗聴器が仕掛けられやすい場所をおさらいすると、

  • 室内灯の上
  • コンセント
  • エアコン
  • 電話機
  • テレビ周り
  • タンスの裏
  • パソコンの内部

です。まずはこれらの場所を確認して、怪しい機械がついていないかチェックしましょう。

こまめに掃除をする

こまめに掃除をすることで、普段気付かないような変化に気付くこともあります。特に、盗聴器が設置される可能性のある場所は、普段あまり手をつけないところが多いです。物の位置の変化など少しの変化でも気付けるように、こまめに掃除をしましょう。

FMラジオを使って調べる

盗聴器の中にはFMラジオと同じ周波数を発している機器があります。そこで、FMラジオを使います。室内に音楽やテレビを流して、ラジオの周波数を下から上へ徐々にあげていきます。その時に、部屋に流している音と同様の音が聞こえた場合、盗聴器が近くに仕掛けられているということになります。

ラジオを持っていないという方も多いと思いますが、防犯だけでなく有事の際には防災用品としても大活躍しますので、小さくて安いものでいいので購入しておくことをオススメします。

専門の業者に頼む

盗聴されている可能性が高く、身の危険を感じているとしたら、専門の業者の方に家の全体を調べてもらうことをオススメします。自分の目や、専用の機器を買っても、安心できないことがあるかもしれません。何よりも、安心して過ごせないのは嫌です。不安だと思ったら、助けを求めましょう。
普段は自分の家が盗聴されているだなんて考えてもみないかもしれませんが、この機会にぜひ一度、自分の家を見渡してみてください。

覗きについて

覗きも盗撮・盗聴と同じく、犯罪行為です。窃視と呼ばれ、軽犯罪法に違反します。
誰かに家を覗かれるというのは非常に気持ちが悪いですし、こういった被害を避けるためにも普段の生活で気をつけるべきことがあります。みていきましょう。

どんな被害があるのか

家の中でのぞかれやすい場所はどういった場所なのでしょうか?
これまで報告されている例では、以下のような場所がのぞきに狙われやすいです。

  • 脱衣所
  • お風呂場
  • トイレ
  • 寝室
  • リビング
  • 廊下

マンション暮らしだと脱衣所やトイレに窓がないケースも多いと思いますが、一人暮らしでよく覗きの被害に遭うのは廊下です。これは、ドアスコープから覗かれる被害が多いからです。盗撮の被害にも多いですが、ドアスコープは意外と簡単に外すことができます。また、外さなくても覗ける探偵用のグッズがあるので、それを持っていれば大抵のドアスコープは覗けてしまいます。
また、ドアポストも同様に覗かれやすいです。こうした場所は典型的な覗きスポットなので、十分に対策したほうがいいでしょう。
こうした被害を防ぐためにも、様々な対策をする必要があります。

被害に遭わないための対策

カーテンを二重にする

カーテンはできるだけ二重にしましょう。厚いカーテン一枚だと、外の光や風が欲しくなったとき、開け放たれることになります。そうするとガラス窓だけになってしまいますが、もう一枚薄いレースなどのカーテンを足すことで、外から屋内が見えにくくなります。
また、カーテンの色も工夫をしましょう。ピンクなどの女性を連想させるようなカーテンの色だと、女性が住んでいるということが、のぞかなくても外から分かってしまうからです。

いくら小さな窓でもしっかり施錠

トイレや浴室、脱衣場などに小さい窓がある家があります。「この窓からじゃなにもできないよ」と思っているかもしれませんが、そこからスマホや小型カメラなどは通せるのです。ですので、換気のために開ける時以外は、いくら小さな窓であってもしっかりと施錠するようにしましょう。

窓付近にはセンサーライトを設置する

脱衣所や浴室窓や、例えば窓に取り付けられない場合であっても、その付近にセンサーライトを取り付けるようにしましょう。窓にセンサーライトを取り付ければ、窓が少しでも開けばライトが点きます。窓付近に付ければ、不審者が通った時にライトが点きます。センサーライトが付いていることによって、のぞかれることを防げるだけでなく、家に近づかせないための抑止にもなります。

窓付近の下には砂利を撒く

センサーライトの対策が「窓の上」の対策だったのに対して、こちらは「窓の下」の対策です。覗き以外にも空き巣などの犯人も、足音を非常に気にします。そのため、下に撒かれている砂利は何よりも邪魔な存在です。砂利が撒かれていると気づいただけで、その窓には近づかなくなるので、抑止になります。

下着類は屋内に干す

こちらは下着泥棒の対策にもなるうえに、先ほど述べたカーテンの色との関連もあります。下着を外に干しておくことで、家の居住者がどういった人物かを想像することができます。そのため、下着類は外から見えないように、屋内に干すようにしましょう。
また、夏になれば海やプールに行く人も多いかと思います。下着だけを屋内干しにするのではなく、水着類も必ず屋内に干すようにしましょう。夏の季節は、下着泥棒だけでなく、水着泥棒もいるのです。

ドアスコープとドアポストにはカバーをつける

こちらは先ほどの「のぞかれやすい場所」で述べた、ドアスコープとドアポストによるのぞき対策です。ドアスコープは種類によっては簡単に取り外しができるものがあるようなので、まずはご自宅のドアスコープがしっかりした取り付けになっているかを確認しましょう。
そして、ドアスコープにカバーがない人は、必ずカバーを取り付けるようにしましょう。カバーは100円ショップなどでも取り扱っているので、簡単に手に入ります。
ドアポストのカバーがなく、手紙を入れられたらそのまま玄関に手紙が落ちるタイプのドアポストは要注意です。必ずドアポストのカバーを取り付けるか、ポストの受け皿の用なものを取り付けましょう。
のぞきと聞くと、窓を開けられたり、隙間からのぞかれることを想像すると思うので、防犯対策といっても、それらの「窓を閉めるだけ」と思いがちです。しかし、実際には居住している人の性別や家のタイプまで調べて、覗くケースもあります。
そのため、窓だけではなく、家の造りに合った防犯対策をしていきましょう。
家の中に危ないと思った「隙間」があったら、必ずしっかりと閉めるようにしましょう。

まとめ

前編、後編に渡り、盗撮・盗聴・覗きの対策についてご紹介しました。
被害に遭わないためにできることをやるのが大事ですが、まずは「女性の一人暮らしだと悟られない」ことが非常に重要です。ぜひ、気をつけて生活してください。

まだ前編を読んでいない方は前編も読んでみてくださいね。

関連記事

  1. 【目的は何!?】高速バスで下半身を露出して逮捕された男

  2. 【即実践】窃盗の手口と今日からできるMolyの防犯対策!

  3. 意識しないと忘れやすいバルコニーの防犯対策

  4. 【恐怖】5chがきっかけでストーカーされるかも!?

  5. 【8月10日の事件】名前が覚えやすかったから狙われた?甲府信金OL誘拐殺人事件の真相

  6. 【アジア旅行好きの人必見】シンガポールは治安が良い!必ず見ておきたい観光スポット8選!!

  7. 【かんたん防犯】浮かれがちなクリスマスこそ気をつけるべき対策!

  8. 大切な家族を守るために知っておきたい「振り込め詐欺」の手口と対策

  9. 【仰天】こんな場所やあんな場所でもスリに遭う!?スリの手口大公開!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP