【オドロキ事件簿】男が男に痴漢!?「チューブマン」から考える障がい者を装った変質者への対処方法とは?

あなたは、障がいを持っている方が街中で困っていたらどうしますか? 多くの人が困っている人を見たら助けようと考えるのではないでしょうか。

しかし、世の中にはこの善人の心を逆手にとった犯罪を行うケースがあります。今回は、障がい者を装った変質者の事件を紹介します。

ターゲットは少年!?チューブマン現る

事件概要
重病を装った27歳の男が、茨城県土浦市で2015年10月25日逮捕された。男は、「陰部の空気を抜かないと、倒れてしまう」と主張し、被害者(高校生)に陰部をくわえさせる犯行を繰り返し行なった。
男の手口はこうだ。ターゲットとなった高校生が市民ラウンジで勉強していたところに声をかけ、「エレベーターで5階まで行きたい」と訴え一緒に5階まで案内した。案内をした後しばらくして、男が再び声をかけ、トイレまで行きたいので案内してほしいと訴える。トイレに連れて行くと容体が悪化したふりをして、自分の体をたくさん触らせて、最終的には陰部を口に含むことを要求した。
被害にあった男子高校生はすぐに警察に相談。以前から捜査線上にあがっていた「チューブマン」が逮捕された。

事件のポイント

ターゲットは、女性ではなく男だった
障がい者を装っていたので、変質者と気づかなかった
死ぬようなふりをして、みだらな行為を計画していた

今回の事件は、障がい者を装って男子高校生に近づき犯行を及んだという点にあります。厄介なのは、障碍者を装っているというケースです。実はこのような変質者は、チューブマンに限った話ではありません。
障がい者を装って駅構内でわいせつな行為に及ぶ変質者は全国各地にいます。それでは、このような犯罪者に遭遇した場合、どのような対処方法をすれば良いのでしょうか。また、どのような人が本当に困っている人で、どのような人が痴漢を行おうとしている変質者なのでしょうか。

対策ポイント1 ターゲットは女性だけとは限らない

変質者は、必ず女性だけを狙うということではありません。時には男性が被害者になることもあります。そのため、男性も痴漢などの犯罪に気をつける必要があります。
このようなケースでは、男子中学生、男子高校生が性的な対象になる可能性が高いので、男子高校生、男子中学生をお子さんがいるご家庭では、注意喚起をしっかり行うようにしましょう。
また、このような若い男の子が被害に遭遇した場合、犯罪を打ち明けることが難しいと言えます。もしいつもと様子がおかしいのであれば、すぐに話を聞いてあげるようにしてください。

対策ポイント2 障がい者の人がおかしな発言をしたら気をつける

駅構内で、困っている障がい者を装ってターゲットを選んでいるケースもあります。このような場合は、本当に困っているか、そうでないか区別することができません。

このような時は、障がい者の人がおかしな発言をしているかそうでないかで区別するようにしましょう。本当に困っている障がい者の人でも、人に積極的に話かけるのではなく自分でなんとか解決しようとしていることが多いので、「体に障害がある」と自分から話かけてくる障がい者は、障がい者のフリをしている可能性が高いので警戒するようにしましょう。
また、障がい者に、案内してほしい、トイレに連れて行ってほしいというケースは、不審者の可能性が高いので、相手にしないことをオススメします。

しかし、それでもしつこく話しかけてくる場合や、本当に困っているケースがあるので、そのような場合は近くの駅員を呼ぶ、施設内の警備員を呼んで対処するようにしましょう。

対策ポイント3 不審に感じたら警察に報告する

障がい者を装った犯罪者は、味をしめて同じエリアで犯行を繰り返している可能性があります。少しでもおかしいと感じたら、警察に報告するようにしましょう。また、悪質な犯行になると、SNSで話題になっている可能性が高いので、犯罪情報をチェックするようにしてください。

まとめ

不審者は、善良な市民の心理を逆手にとって犯行を行うケースがあります。困っている人を助ける場合、不審な点があったらすぐにその人との接触を避けるようにしてください。トイレに連れていく、体を持ち上げてほしいなど障がい者と接触するような場合は犯罪行為を企てている可能性があるので警戒するようにしてください。

関連記事

  1. そのストーカーは、病室で私の頭を撫でました。

  2. 依存症だと認識されにくい”性依存症”。性行為だけではない、性依存症の定義とは…

  3. 屋外用防犯カメラの特徴と種類

    屋外に付ける防犯カメラの選び方とオススメ3選

  4. 高齢者の防犯強化には徹底した侵入阻止を!効果的なカギの種類とは

  5. 全国で1日200件以上報告される不審者被害。すぐできる不審者対策は?

  6. 防犯カメラ設置による情報収集で犯罪の可能性を低下させることができる?

  7. 【速報】改正ストーカー規制法全面施行へ…ストーカー行為罪も非親告罪化!?警告経ず禁止命令…

  8. 「10代少女の服を切った疑いで空自2尉を逮捕」というニュースから見る施設内防犯の対策

  9. 【世界の未解決事件】まるでマネキン…切り裂きジャックの次に恐ろしい!ブラック・ダリア事件…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP