【侵入対策】泥棒を遠ざけるのは「ヒカリ」?どんな明かりが侵入者を撃退するの?

泥棒の手口も色々あります。あなたの大切な財産を盗まれないためにも自宅の防犯対策を強化することが重要です。泥棒は明かりと音を嫌います。
明かりや音は人に見つかるリスクが高いからです。最近は防犯対策に特化した照明器具も増えています。

そこで今回は泥棒から身を守るための防犯対策やおすすめの照明器具をご紹介します。

防犯対策①:泥棒の手口を知る

泥棒の手口も色々あります。泥棒の手口を知ることで、どのように防犯対策を行うと良いのかということが見えてきます。
ここでは泥棒の手口について見ていきます。

空き巣

泥棒の中で最も多い手口が「空き巣」です。侵入窃盗犯の手口で約70%を占めています。
空き巣は、住人が家を留守にしている間に侵入をして金品を盗む犯罪です。

忍び込み

「空き巣」に次いで多い手口が「忍び込み」です。侵入窃盗犯の手口で約25%を占めています。
忍び込みは、住人が夜、寝静まった就寝中に屋内へ忍び込み金品を盗む犯罪です。

居空き

侵入窃盗犯の手口で約6%を占めているのが「居空き」です。
居空きはかなり大胆で住人がお風呂に入っている時や食事中、昼寝をしている最中や洗濯物干しをしている間など、住人が家にいる時間帯のスキを狙って家の中へ忍び込み金品を盗む犯罪です。

ガラス破り

ガラス破りだけでも3つの方法があります。

こじ破り

ドライバーなどを窓ガラスの錠前に差し込み、穴をあけて指を差し入れクレセント錠を解錠して家の中へ侵入をする手口です。

打ち破り

固い物でガラスを叩き割ってクレセント錠を解錠して家の中へ侵入をします。
大きな物音がしても、一切気にせず窓ガラスを叩き割り侵入するのが「打ち破り」の手口なのです。

焼き破り

バーナーなどでガラスを焼いて水をかけ、ヒビが入った部分を割ってクレセント錠を解錠して家の中へ侵入をする手口が焼き破りです。

鍵穴壊し

ホルソーやドリルなどの工具で鍵穴を壊して解錠し家の中へ侵入をする手口が「鍵穴壊し」です。

サムターン回し

ドリルなどを使って穴を開けたり、郵便受けや扉の隙間から金属の棒などを使ってサムターンを回して解錠し、家の中へ侵入をする手口がサムターン回しです。

無施錠

これは信じられないと思いますが、無施錠というのは鍵をかけていない状態です。その住人が鍵をかけていないところから侵入をしてくる手口が「無施錠」なのです。

防犯対策②:泥棒に侵入をさせないことが重要

防犯対策で一番考えなければならないのが、泥棒に侵入をさせないための対策です。泥棒が侵入をする経路にはトイレや浴室の窓も含まれます。
「泥棒はどこからでも侵入してくる」という意識を持って防犯対策の強化をしましょう。

窓の防犯性を高める対策

窓の防犯性を高めるにはガラスを破壊できないよういすることが大切です。その対策を3つご紹介します。

窓対策1:防犯フィルムを貼る

ガラスに防犯フィルムを貼ると固い物で窓を叩き割ろうとしても貫通させることができません。窓を破壊して家の中へ侵入をするには10分以上を要します。
防犯フィルムは「CPマーク」認定があるものを選んでください。

窓対策2:補助錠を取りつける

メインのカギとは別に補助錠を必ず取りつけてください。防犯性が高い補助錠はクレセント錠本体にシリンダーがついているタイプです。

窓対策3:窓用感知式防犯アラームを取り付ける

窓用感知式防犯アラームをすべての窓に取り付けていれば、窓から侵入をしようとする振動を感知した時に大音量でアラームが鳴り響きます。
泥棒は発見されるリスクを犯してまで侵入をしようとはしません。

戸締りは確実にする

無施錠は泥棒にとって最も楽に仕事ができるのです。玄関だけではなくベランダやトイレ・浴室の窓から侵入をするケースが多いです。
泥棒に侵入を許さない為にも玄関以外の戸締りも確実に徹底するようにしてください。

玄関と勝手口にはワンドアツーロック

ワンドアツーロックは一つのドアに二つのカギを取り付けることを言います。玄関と勝手口にもメインのカギとは別に、もう一つ防犯性が高い補助錠を必ず取りつけてください。

センサーライト

照明器具の一つでもあるセンサーライトは、人の動きを感知した時にLEDが点灯します。夜間、暗くなった場所でライトが点灯すると泥棒は慌てます。発見されるリスクが高くなるからです。
ですから死角になる場所と明かりがない場所には必ずセンサーライトを設置しましょう。

敷地内が表から見えるようにする

建物を塀や植木などで囲っていると表から敷地内が見えません。そこに死角を作ることとなり泥棒にとっては仕事がやりやすい環境になるのです。
表から敷地内が見えるようにすることで防犯性が高まります。塀や植木などで建物を囲まずにできるかぎり死角をなくす工夫をしてください。

防犯対策③:おすすめの照明器具

防犯対策におすすめする照明器具を2つご紹介します。

パナソニックあけたらタイマー

推薦

 

出典:amazon.co.jp
Panasonic
ワイド21アケタラタイマ(2線式)
WTP5331WKP
4,582円(税込)

 

どこでもセンサーライトダブル(乾電池式)(防雨型)

推薦
ムサシ(MUSASHI)
どこでもセンサーライトダブル(乾電池式)(防雨型)
ASL-092
2,093円(税込)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は泥棒から身を守るための防犯対策やおすすめの照明器具をご紹介してきました。泥棒から身を守るために照明器具を上手に取り入れて防犯対策を強化してください。
ここでご紹介した内容は泥棒の侵入を防ぐために有効なものばかりです。是非、参考にしていただけたらと思います。

関連記事

  1. 市区町村が定める防犯カメラ設置のガイドラインと市区町村が運営する防犯カメラ

  2. 【知ってた?】防犯ブザーは「投げる」もの!被害を最小限に食い止めるコツはこれ!

  3. 防犯カメラを設置するのにどれくらいお金が必要?

  4. 【パンツの日】Good bye下着泥棒!見直したい下着の干し方!!!

  5. 【世界の未解決事件】男女9人が謎の死を遂げる……ディアトロフ峠事件とは?

  6. 今日は何の日?国民食の「カレーライスの日」に防犯を考える

  7. 犯人を特定できるか!?防犯カメラの有効活用法

  8. 警視庁発表の数値から見る防犯対策

  9. 鍵を持ち歩くのはもう古い!?今はスマホで解除できるオートロック時代!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP