注目の記事 PICK UP!

一人暮らしは要注意!カギの紛失から起こる犯罪と、広がる被害!!

小さくてなくしやすい家のカギは、一度紛失するだけで良からぬ犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。ここでは、カギの紛失がどういう犯罪に巻き込まれるのか、そして紛失した時にどう対処すべきかをご紹介します。

カギの紛失でトラブルに発展することも

カギをなくすことで起こる犯罪とは、金銭や高価な物品、個人情報を盗む空き巣などの「住居不法侵入」「窃盗」です。
もしかしたら勝手に盗聴器を仕掛けらることだってあるかもしれません。家のカギを落としても、「スペアがあるから良いよね」「カギだけじゃ泥棒も住所なんて特定できないよ」「うちはちゃんと防犯対策をしているから大丈夫」なんてのんびり構えている人は要注意!
犯罪を企む人はそんな些細なきっかけさえもチャンスとばかりに狙っているのです。
道端であなたがカギを落とす場面を目撃した人が、カギを拾ってあなたの後をつけてしまえば、家まで簡単に辿り着くことができます。例えしっかり戸締まりをして防犯面を整えていたとしても、カギを盗まれているのなら簡単に部屋に侵入されてしまいます。

「マンションのエレベーターで落としたカギを拾った同マンションの住人が、勝手に部屋を物色していた」会社の同僚に盗まれて勝手に合鍵を作られていた」という話は日常で起こりうること。
カギの紛失から殺害事件にまで発展し、お茶の間を騒然とさせた事例もあるので、「たかだかカギをなくしたくらいで……」という思い込みは非常に危険です。

また、紛失したカギを悪用されては、大家さんや不動産会社だけでなく、他の住民にも迷惑が掛かり、信用問題にも発展しまう可能性も。カギが手元に戻って来なかった場合は防犯面を考えて交換すべきですが、その際に掛かる費用はあなたが全額払うことになります。
国土交通省住宅局が定める「賃貸住宅標準契約書(改訂版)」や「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改訂版)」にも記載されていますが、紛失による交換費用は賃借人の自己負担となります。なくしたカギが特殊なカギであれば高額費用を請求される場合もあり、そこで大家さんとの金銭トラブルに発展……、なんてことも有り得る話でしょう。

カギを落とした時の対処法は?

友人や家族にスペアキーを預けていて、なおかつ相手が近隣地域に住んでいる場合は頼れますが、そうでない場合は自分で対処するしかありません。カギがなくて自宅に入れないと慌ててしまいがちですが、落ち着いて対処するようにしましょう。

落ち着いて探す

どこまでカギがあったことを覚えていて、どこから記憶にないのかを考えてみてください。
カバンの中に無造作に入れていたり、財布や上着のポケットに入っていませんか?
自分の持ち物や身に付けているものを一つひとつ確認しているうちにひょっこり出てくることもあります。
それでもない場合は、一度今日の行動を振り返ってみましょう。
会社や学校付近、周辺地域で立ち寄った場所に電話で落とし物について聞いてみたり、再度訪れて探してみましょう。

地域の交番に届け出る

どこを探しても見つからない時は、地域の交番に遺失物届を出しましょう。遺失届に記載する内容は下記のようなものがあります。
・氏名
・住所
・連絡先
・遺失日時
・遺失場所
・遺失物品とその特長

色やシリンダー式・カード式、メーカー名などをなるべく詳しく記入しておくと、忘れ物が地域の交番に届けられた際に見つかる可能性が高くなります。

大家さんや管理会社に電話

大家さんや仲介の不動産会社が合鍵を持っていることもあるので、問い合わせてみましょう。
ただし、合鍵がある場合は良いのですが、大家さんが周辺地域に住んでいなかったり、会社によっては合鍵を持たない管理会社もあります。その場合は、どうすべきか相談してみてください。

賃貸契約時に加入した火災保険の内容によっては、盗難や紛失によるカギのトラブルを解決してくれる特約が付いているものもあります。解錠や破綻の無料サービスが受けられたり、提携業者を紹介してくれることもあるので、一度契約を確認しておくか、管理会社に問い合わせた際に火災保険について確認すると良いでしょう。

稀にカギをなくしたことを大家さんや不動産会社に黙っていたり隠してしまう人もいますが、それは絶対に止めてください。後々そのカギを使った犯罪が起きてしまった時の責任問題にも発展するので、必ず大家さんや不動産会社に連絡するようにしてください。

地域の鍵屋さんに依頼

一刻も早く家に入りたい時は、鍵屋さんに開錠を依頼するのも一つの手です。特に近隣地域の鍵屋さんや日本全国に支店を置く大手の鍵屋さんなら、交通状況によってはすぐに駆けつけてくれることもあります。担当地域によっては出張料が無料になる会社もあるので、インターネットなどでよく調べて電話しましょう。
作業時間や鍵の種類、地域、出張料によっても費用は異なりますが、数千円から開けてくれるところもあるようです。

カギが開かないからと、無理に扉を壊そうとしたり、窓からの侵入を試みるのは絶対に止めてください。何も知らない地域の人が見た時、空き巣と間違われて通報される恐れがあります。また、扉を壊してしまうと修繕費用がさらに加算され、痛い目にあうことになりますよ。

前述の通り自己負担にはなりますが、カギを紛失した場合は防犯対策として新しいカギに交換しておくと安心です。ここで気を付けてほしいのは、賃貸住宅では勝手にカギを変えると契約違反になり、退去を迫られる可能性もあるということ。カギを交換したい場合は大家さんにきちんと伝え、了承を得た後で行ってくださいね。

カギを紛失しないためにできる3つの備え

どうしてもなくしてしまいそうな人は、管理方法を変えるだけでなく、スマートフォンや専用タグなどのアイテムを使って紛失を防ぐことをオススメします。泥棒がカギを入手する方法にはこちらの様な手口があります。知っておけば対策も取れますね。

スマートロックを活用する

カギに取り付けた専用の機器とスマートフォンを連動させ、カギを持っていなくても開錠できるシステムで、防犯対策として企業や新築マンションにも導入され始めています。
ドアによっては使用できないタイプもあるので確認しておきましょう。また、賃貸物件の場合は、取り付ける前に大家さんにしっかり了承を得ておく必要があります。

紛失防止タグを付ける

スマートフォンと連動した紛失防止タグには、GPS機能が付いたものや、スマートフォンと一定の距離が開くと通知が入ったり、ブザーで知らせてくれるものもあります。なくさないことがベストですが、どこにあるか分からなくなった時でも見つけやすいという点では安心できます。

管理の仕方を変える

カギに何も付けていなかったり、車や会社のカギと一緒にしていると、どこにいったか分からなくなってしまう原因になってしまいます。会社の机や引き出しにカギを無造作に置いているという人は、防犯上よくないので止めるようにしましょう。
カバンに無造作に入れず、キーホルダーを付けて分かりやすくする、カギは必ずカバンの内ポケットにしまうなど、意識して管理の仕方を変えるだけカギを紛失しにくくなりますよ。

スペアキーをポストの中や植木鉢など分かりやすい場所に隠している人もいますが、防犯上オススメできません。あなたがすぐに取り出せるということは泥棒もすぐに取り出せるということです。防犯対策にはならないかもしれませんが、どうしても玄関周辺に隠したいのであれば、分かりにくい場所に、取り出しにくくした上で隠すようにしましょう。
防犯カメラを設置してカギとは別の防犯対策を取って置くのも有効です。防犯カメラ選びはこちらもどうぞ

まとめ

カギを紛失するということは、犯罪に巻き込まれるリスクが高くなるということ。なくさないだけでも一つの防犯対策になるので、カギはしっかり管理するように心掛けましょう。カギを拾ったのが地域の顔見知りや友人だから安心という思い込みもNG。その顔見知りに合鍵を作られて泥棒に入られたというケースも発生しています。自分を守るためにも、しっかり防犯対策をしていきましょう。

関連記事

  1. 【子ども防犯】子供を守るためにどういう防犯対策が必要なの?気になる疑問にお答えします

  2. 防犯カメラの情報は公開しなくて良いの?取扱の注意点や対応

  3. 【驚愕】突然警察から電話が?実はそれ振り込め詐欺犯の可能性アリ

  4. アパートの空き巣被害!狙われやすい立地や対策をご紹介します

  5. 盗撮や盗聴で気をつけるポイントは?被害が起きやすいのは公衆トイレ?

  6. 【侵入窃盗を防げ】窃盗の手口と対策を知って窃盗被害を防ごう!

  7. 【要確認】春休み突入! 親子でするべき防犯対策の約束事!!

  8. 【危険】ゴミ出しの数分の隙に誰かがあなたの部屋に侵入している!?

  9. スリに狙われやすいかばんとは? 窃盗被害から身を守る防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP