彼氏に家のカギを渡す前に! 知っておきたい合鍵トラブル

付き合って時間も経ったし、男性側にそろそろ家のカギを渡そうかと考えているあなた。でもちょっと待って。うかつに合鍵を渡してしまうと防犯性が疎かになったりトラブルに発展してしまうことも。ここでは、合鍵を渡すリスクをご紹介します。

そもそも合鍵って作っても大丈夫?

緊急時やカギを紛失した時のことを考えて、付き合っている男性にも合鍵を渡したいと考える人もいるでしょう。だからといって、勝手にカギを増やしたり渡してしまうと契約違反になる可能性もあります。

賃貸物件の場合、アナタは大家さんや管理会社から部屋を“借りている”だけの状態です。他人に家を貸してもらっているだけなので、もともとの持ち主の許可なく勝手にカギを増やしたり渡してしまうのはNG! 大家さんは住まう人が安心して暮らせるよう防犯にも気を配っています。その観点から、賃貸契約時に「カギの複製は禁止」「契約者以外の人物がカギを保有することは禁止」など、カギの取り扱いについてのルールが示されている場合もあるので、契約書をしっかり確認しておきましょう。

「それでも合鍵を作りたい!」という場合は、大家さんや管理会社に利用目的をきちんと説明し、許可を得てから作るようにしましょう。もちろん、必要性を感じられない場合は断られることもあります。にも関わらず、「バレなきゃ良いや」とこっそり作ってしまうと、トラブルが起きた際に責任問題にまで発展する可能性もあるので要注意。

合鍵作成の許可が出た場合、一般的なディスクシリンダーキーやピンシリンダーキーといったカギであればホームセンターや鍵屋さんで複製してもらうことが可能です。しかし、防犯性の高いディンプルキーやカードキーなど、カギの種類によっては複製を断られたり、作ってもらえたとしても高額になってしまったり、制作に日数が掛かってしまう場合もあります。

複製をする前に、鍵屋さんのホームページで作成できるカギを確認するか、来店前にできるかどうかを電話で問い合わせておきましょう。

男性に合鍵を渡した後に起こりうるトラブル

カギの紛失

男性側に合鍵を渡した後、その人がカギをなくしてしまった場合は渡したアナタの責任になります。男性は「ゴメン、ゴメン!」で済むかもしれませんが、アナタは「もしかしたら泥棒に入られるかも……」と、防犯面での不安を抱えることになる可能性も。さらに、大家さんへの謝罪やカギの交換費用も負担しなければなりません。

カギを返してもらえない

今はラブラブの時期でも、別れはいつかやってくるもの。男性と別れた後に困るのが合鍵の存在です。別れたくない男性側が渡されていた合鍵の返却を拒むケースも多いとか。中には、合鍵をさらに複製して、別れた後にストーカーとなる人もいるので、合鍵を渡すのであれば防犯対策もしっかりして練っておきましょう。

賃貸住宅の返却時には元のカギとスペアだけでなく、複製した合鍵も必ず返さなければなりません。“合鍵を渡さなければ発生しなかったトラブル”にまで要らぬ労力を掛けることになります。そうなる前に回収をしておきましょう。
恋人のストーカー化にも気をつけておかなければなりません。

泥棒被害

模様替えをしていないのにモノの位置がズレていたり、あるはずの金品がなくなっている。しっかり防犯対策をしているにも関わらず、そんな場面に出くわした時には、合鍵を作られている可能性を疑いましょう。

過去には、「会社の同僚がカギのナンバーから勝手に合鍵を作っていた」「合鍵を持っている交際相手の男性が部屋を勝手に物色したり、盗聴器をしかけていた」という事例もあります。例え防犯面を整えていたとしても、犯人が表から合鍵を使用して侵入しているのでは防犯の意味がありません。

合鍵を渡す・作る際の注意点

カギを複製する時は、オリジナル(元鍵)から作るようにしましょう。合鍵は元鍵を元に作っているので、スペア(複製)から複製を作るとなると形に誤差が生じ、鍵穴と合わず使えなくなることも。鍵屋さんによっては合鍵からの合鍵作成は防犯上の理由からできないと断られることもあるようです。

また、合鍵は必要な数を制作してもらいましょう。必要以上の本数を複製するのは、自ら盗難などのトラブルを呼び寄せることと同じです。

合鍵を渡す際に気を付けて欲しいのは、「渡した相手にちゃんと返してもらう」こと。男性とトラブルになるだけでなく、防犯面にほころびが生じ、そして賃貸契約を巡って大家さんとも揉めることになりかねません。強制退去という最悪のケースを免れるためにも、元鍵や新たに制作したカギの本数をしっかりと把握し、きちんと返してもらえるようにしましょう。

まとめ

付き合っているからという理由だけで、男性に合鍵を渡してはいけません。
その男性は、信用のおける人ですか? 家は自分のパーソナルスペースであり、生活や自身を守る盾となる存在です。カギを渡すのであれば、人となりをきちんと見極めて信頼できる人のみに渡すようにしましょう。

合鍵を巡るトラブルは、誰にでも起こりうることです。暮らしやすい安全な環境を整えるためにも、合鍵を作るべきか、そして他人に渡すべきかをよく考えてみましょう。

関連記事

  1. インスタ映えより大事!バルコニーや庭を気持ちよく使うための防犯対策

  2. 女性のための完全防犯マニュアル

    【完全版】Moly女性のための完全防犯マニュアル

  3. 海水浴場で夏の装いをしていない人の目的とは?気をつけるべき夏の海のキケン

  4. 【自転車通勤の方必見】自転車の防犯登録は必須!警察による登録確認に協力しないのはNG?

  5. 【オススメ】一人旅でも安心!治安から見る東南アジアのオススメ国と必要な対策とは

  6. 暮らしの防犯!犯罪被害の通報窓口一覧

  7. ストーカーは英語で何と表現する? 関連する語句も紹介します

  8. 駐車場への防犯意識を高めると犯罪を抑止できるってホント!?

  9. 【恐怖】特定方法は「瞳」。ここまできたかストーカーの執着心

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP