フォトハラ!?友達の写真を勝手にSNSに公開すると訴えられる可能性!?

デジタルカメラだけでなく、スマートフォンに搭載されているカメラも性能が良くなったことでキレイに撮影できるようになりました。カメラアプリや加工アプリを使ってオシャレな写真を演出している人も多いことでしょう。友達と遊んでいる時の写真をSNSにアップすることもあるかもしれません。
でもその写真、被写体の許可を得て撮影・公開していますか? もし無断でしている場合は「フォトハラ」で訴えられるかもしれませんよ。

フォトハラとは

写真の「photo(フォト)」と、人物に対して行う嫌がらせ「harassment(ハラスメント)」を組み合わせた造語で、写真を使って行われる迷惑行為のことをフォトハラと言います。
具体的には、「被写体である人物に許可を得ずにカメラを向け、無断で撮影したりインターネット上に公開し、相手を不愉快な気持ちにさせたり精神的な苦痛を与える」行為を指します。リアルタイムで気軽に写真を挙げることのできるSNSが急速に普及したことにより新たに誕生したハラスメントとして、社会問題に発展しつつあります。

フォトハラについて社会の認識は?

2017年、日本法規情報株式会社がフォトハラに関して実施した「フォトハラスメントに関するアンケート調査」によると、「フォトハラ」という言葉の認知度は4割程度で、言葉自体の認知度はまだまだ低い結果となりました。
しかし、「自分が写っている写真を無許可でSNS上に公開される行為」に関しては、76%が「不快に感じる」と回答しています。例え仲の良い友人であっても、7割以上の人がフォトハラだと感じているようです。
また、「SNS上に勝手に写真を投稿されることはプライバシーの侵害だ」と思っている人は47%と半数近くいることが分かりました。

フォトハラはトラブルに発展しやすい!

フォトハラによって様々なトラブルの発生が予想されます。防犯の意識を持っていても自分の知らないところでトラブルに巻き込まれている可能性が高いケースもあります。

個人情報の流出

技術が進化した現代では、写真から個人情報を特定することは決して難しくはありません。
タグ付けられた情報や、リアルタイムで投稿された場合はその写真の背景といった僅かな情報からでも人物の名前や住所、職業、仕事先、交友関係に至るまで、一枚の写真から辿り着くことが可能です。
そんな悪意ある人物の手に個人情報が渡ってしまえば、何に悪用されるか分かりません。ある日突然、犯罪の被害に遭うという可能性も低くはないのです。

ストーカー被害

不特定多数の人物が見ることのできるSNSに他人の写真を公開すると、その他人を気に入った人物からストーカー被害を受けることもあります。
実際に、「○○さんですよね? △△さんのSNSの投稿に載っていた……」と街で知らない人物に声を掛けられたという人もいます。
被写体にタグ付けがされているとまず名前が知られ、そこからその人のSNSが特定されて過去の投稿履歴から様々な情報が筒抜けとなります。そしてリアルで待ち伏せなどストーカー行為に発展するようです。
ストーカーはこんなところからも迫ってくるのです

写真の悪用

女性の場合は水着や露出度の高いファッションに身を包むこともあるでしょう。悪意のある人物はそうした写真をアダルトサイトに掲載したり、リベンジポルノとして使用している可能性も。
また、例え露出していなくても、リアルタイムで情報を発信できるSNSで「この写真の人物は近所で無銭飲食をした」などの文言と写真を載せられてしまえば、何もしていないのに晒し上げられることになるかもしれません。
写真を勝手にSNSのアイコンに設定した悪意ある人物が、勝手にあることないことを投稿したり、他人の悪口を書き込むというトラブルも発生しています。

SNSへ投稿した人物の防犯意識が低い場合、顔にモザイクなどの加工を入れていない状態で公開される可能性が高くなります。人物が認識できないよう加工を入れるといった相手への配慮を忘れないようにしてください。

カメラの機能には、写真に日付や位置情報を組み込むものもあります。そうしたカメラ機能をオンにしたまま撮影されたものであれば、情報を簡単に抜き取ることができるでしょう。
ストーカーに特定されてしまえば、常に防犯ベルを持ち歩かなくてはならなくなり、自宅には防犯カメラを設置するなどの対策を取らなければ侵入されてしまう不安を常に抱えるようになるかもしれません。例えSNSに投稿した人に悪気がなかったとしても、載せられた人にとっては心身だけでなく防犯面からしても大きな損害を被ることになります。

これらのトラブルは、撮影や公開の許可を得た状態でも起こりうることであり、防犯の観点からしてもSNS上に写真を公開することは推奨できるものではありません。自分だけでなく、被写体となった友人にも危険が及ぶ可能性があるので、防犯対策としても安易に顔や個人が特定できる物を公開しないように気を付けましょう。また、逆に自分が防犯対策を施していても、友人が勝手に写真を撮ってSNSに公開している可能性もあります。その場合は、発見次第早急に削除してもらうようにしましょう。

フォトハラは犯罪になる?

フォトハラは法律違反になるケースもあります。

・肖像権の侵害

簡単に言うと「許可なく撮影・公開する行為はNG」というもの。肖像権は憲法上では明確にされていませんが、人格権の一つとして認識されており、自分の知らないところで使用されないようにする権利のことです。
「自撮りをしていたら後ろにたまたま知らない人の一部が写り込んだ」というような時には肖像権の侵害にはあたらないこともあります。ただし、その場合でも個人が特定できる顔などが写っていると、肖像権の侵害とされることもあります。

プライバシー権の侵害

肖像権とよく似ているのがプライバシー権で、肖像権同様に憲法上では明確にはされていません。
ですが、日本国憲法第十三条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」に規定されている「幸福追求に関する国民の権利」にプライバシー権も含まれるとされています。
自分の個人情報や容貌についてもプライバシー権の保護対象となり、勝手に公開した場合はプライバシー権の侵害にあたります。

肖像権の侵害を理由に撮影された物の利用差し止め請求(削除請求)を求めることができます。また、精神的な苦痛を受けたと感じた場合は賠償として慰謝料請求を行うことができます。「これはフォトハラじゃないか」と疑問に感じた際には、弁護士に相談してみてくださいね。
フォトハラ以外にもSNSでトラブルに巻き込まれることはありますので、こちらのような注意点は把握しておきましょう。

まとめ

高性能のカメラを所持していると、素敵な写真を撮って色んな人物に見てもらいたいという気持ちになるかもしれませんが、だからといって、勝手に他人を撮って無断でSNS上に公開して良いわけではありません。
他人にカメラを向ける際はキチンと許可を得ること、犯罪に遭わない・遭わせないためにも、カメラアプリや加工アプリで個人が特定できないよう防犯対策を取ることを忘れずに行いましょう。防犯意識をしっかり持って撮影やSNSを楽しく利用してくださいね。

関連記事

  1. 部屋の中にある盗聴器を発見するためのコツとは?

  2. 【AirDrop痴漢対策】女性だけでなく男性の被害も確認?対策は?

  3. 【エレベーターの日】一人と複数どっちが危険? 防犯対策に正しいエレベーターの乗り方教えます!

  4. 窃盗は病気?あの有名なマラソン選手も発症した「窃盗症」とは…

  5. 【大掃除】新年を迎える前にCheckしたい家の防犯!!

  6. 防犯映像を残すためにトイレに防犯カメラを設置? プライバシーには問題なし? 

  7. 【知得】窃盗は英語でなんと言う?海外で窃盗被害にあった時の例文や携帯品損害の請求手順とは

  8. 便利な駐車場と加速する犯罪

  9. ストーカーの恐ろしさが伝わる!ストーカーを題材にしたドラマ・映画をランキングでご紹介!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP