注目の記事 PICK UP!

最低の犯罪リベンジポルノ。プライベートな写真や映像をネットに流されたらどうすればいい?

2014年に成立した「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」通称リベンジポルノ防止法はどのようなものでしょうか?
性的な写真や映像を撮られてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか?どのような防犯意識が必要でしょうか?

リベンジポルノ防止法とは

被写体が誰かわかるような、プライベートで撮影した性的映像記録を不特定多数の第三者に公表した場合、3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が課せられるという法律です。また、公表目的で他人に画像や映像を提供すれば、1年以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

リベンジポルノ防止法成立以前は「わいせつ物公然陳列罪」「児童ポルノ公然陳列罪」(被写体が18歳未満の場合)「名誉棄損罪」などが適用されてました。リベンジポルノ防止法がなくても刑罰の対象となり得ますし、これによって特に厳罰化されたわけでもなさそうです。また、法律上「映像記録」となっているため、音声録音のネットへの流出には適用されません。

ですが、ストーカー規制法と同じで、今まではただのカップルの揉め事だと認識されていたものが法律化されたことで注目を浴びました。「こういうことをすれば犯罪になる」という認識を世間一般の人々に確認させたということは、法律制定のおかげで女性の防犯環境が一歩進んだと言えるでしょう。

しかし、法律で処罰が決められても犯罪はまだ起こっています。防犯効果としては不十分だと言わざるをえません。
誰もが簡単に情報を得られ、また情報を提供できるインターネットの世界で、自分のプライベートな映像を勝手に拡散される。このような被害をどうしたら防ぐこととができるのでしょうか?

どうやって性的な写真を撮られたの?

①彼氏に頼まれて記念のつもりで映像に残した。
②彼氏が隠しカメラで勝手に映像を撮っていた。
③自分と他の性的な写真をコラージュしたものを作られた。

①の場合は、「どんなに頼まれても自分の性的な写真や映像は撮らせない」ということが防犯対策となります。しかし、②と③は明らかに相手に悪意があり、最初はネットに拡散するつもりがなかったとしても、別れ話や喧嘩がきっかけで相手を怒らせてしまいリベンジポルノに発展してしまうかもしれません。

インターネット上でのトラブルは犯罪に発展する前に回避しましょう。

相手が自分の性的な写真や映像をもっていることがわかったら?

相手と交渉をする

冷静に話をして消去してもらうように説得しましょう。もしそれをネットに流したら犯罪になること。流すつもりがなくても、それが存在しているだけで私は脅迫されている気持ちになること。などを心から訴えれば聞いてもらえるかもしれません。
それでも削除してもらえない場合は専門機関に相談してみましょう。

エゴサーチをする

自分の名前を検索し、性的な写真や映像がネット上に流れていないか定期的に確認しましょう。防犯体制を早くから整えれば、それだけ被害は少なくて済みます。まさか彼氏がそんなことをしないだろうと思っていてはいけません。これは彼氏を信用しているかどうかの問題ではありません。知らぬ間に、彼氏の持っている映像が他の人にコピーされる可能性もあるのです。あなたの身はあなた自身で守らなければなりません。

自分の性的な写真や映像がネットに拡散されてしまったら?

証拠を残しておく

万が一映像をインターネット上に流されてしまった場合、証拠として公開されたページの画像とURL、公開された日を記録保存しておきましょう。
もし「リベンジポルノをするぞ」と脅迫されたなら、その証拠も録音や画像で残しておきましょう。

削除を依頼する

*一般社団法人 セーファーインターネット協会

ここでは無料で画像・映像の削除をしてもらえるほか、さまざまな相談にも乗ってもらえます。リベンジポルノ以外のインターネット犯罪についても対策や防犯情報を教えてもらえます。リベンジポルノの削除申請は本人か保護者からしかできません。

*プロバイダやサイトの運営者
Google やyahooなどの検索対象にしないように、あるいはSNSにアップロードされたデータを削除するように、運営者に直接申請をします。違法だと判断されれば削除してもらえます。

Google
Yahoo
Line
Twitter
Facebook

*削除専門の業者
一度インターネットに流れた情報をすべて消すのは至難の業です。有料ですが専門の業者に依頼するのも一つの方法です。

ストーカーになりそうな人ってどんな人? 普段から付き合い方も注意しておきたいですね。

警察へ通報する。弁護士に相談する

リベンジポルノは犯罪です。警察に助けをもとめましょう。またインターネットに拡散されてしまった写真・映像による精神的苦痛への慰謝料や損害賠償の請求ができる場合もありますので、弁護士にも相談しましょう。

リベンジポルノにあわないためには、性的な写真や映像を撮らないこととが一番の防犯対策になります。しかし、こっそりと撮られたり、偽造されたりすればどうしようもありません。

大切なのは自分を守ること

どの犯罪でもそうですが、どうすれば防犯になるのか絶対有効な対策はありません。
あなた自身がふだんからの防犯意識をもち、危険を回避する本能を磨くことが大切です。
例えば、すぐカッとなって見境のない行動をとるような人とつきあわないとか、別れるとき穏便に冷静に、恨まれるようなことはしないなど、あなた自身が人を見る目を養い、相手を尊重するつきあい方、別れ方をすることが一番の防犯対策ではないでしょうか?

関連記事

  1. バレンタインの義理チョコがストーカーを生む!?

  2. 彼氏に家のカギを渡す前に! 知っておきたい合鍵トラブル

  3. マンションの中も油断大敵? エレベーターでの犯罪から子どもを守る防犯対策

  4. 3月2日は遠山の金さんの日! しらを切る詐欺犯に騙されない対策

  5. マンションは狙われている!犯罪から守るため防犯対策はカギを見直そう

  6. はじまりました新年度!今日からできる簡単な防犯方法!

  7. 【オドロキ事件簿】危害を加えない不審者への対処方法とは?〜パンツ仮面から考える対策方法〜

  8. 今すぐ活用できるアイテムと防犯のアイデア

  9. 【独自】霊感商法で捕まった元詐欺師が語る、犯行時の心境と罪悪感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP