注目の記事 PICK UP!

リレーアタックって何? スマートキーの弱点を知って愛車を守る!

みなさん、車はどこに停めていますか?
近所の月極駐車場という人もいれば、自宅敷地内の車庫に停めている人もいるかと思います。

では、みなさんは「リレーアタック」という言葉は知っていますか?去年ぐらいから、ニュースで少しづつ取り上げられているワードなのですが、まだちゃんと知らないといった人も多いかと思います。リレーアタックとは、車窃盗の新たな手口のことを指しているのですが、実は昨日、愛知県で初めてリレーアタックで窃盗犯が検挙されたのです。

毎日、各都道府県からの防犯メールの中には、多くの車上荒らしや車窃盗のメールが届きますが、リレーアタックの手口が初の検挙ということで、本日はみなさんにリレーアタックとはどんな手口なのか、防ぎ方はあるのかをお伝えします。

リレーアタックとは?

では、まずリレーアタックとは何かをみていきましょう。

リレーアタックとは、現在さまざまな車に導入されている、スマートキーの仕組みを利用した、窃盗の方法です。スマートキーは身体に身につけているだけで、鍵をわざわざ出さずに、車の扉を開けることができるのでとても便利な品です。しかし、この身体に身につけているだけで開く、という便利な面にキケンが潜んでいるのです。

スマートキーは直接鍵穴に鍵を挿さなくても扉が開けられるように、常時微弱な電波を発しています。そして、スマートキーと車両本体の双方には、電波を受け取る送受信機が内蔵されており、スマートキーの微弱な電波が車に近づくと、車が電波を識別とキャッチをして、扉が開く仕組みになっています。

そして、このスマートキーから発せられる電波を悪用した窃盗が、リレーアタックなのです。

リレーアタックでは、このスマートキーから発せられる微弱の電波を拾うことができる特殊な機械を用いて、家に置いてあるはずの車の鍵から、微弱な電波を拾い、家の外まで電波を中継し、外に停めてある車に電波を発信させ、車を解錠するといった仕組みなのです。

この窃盗方法は、以前はヨーロッパを中心に被害が広がっていましたが、去年末から日本でも見られ始めた手口です。

リレーアタックを防ぐには?

手口がわかったところで、どうやってこの窃盗から、自分の車を守れるのでしょうか?

普通だと、遠くに停めてある車は目が届かないため、キケンだと思いますが、このリレーアタックの手口の場合は、家に近ければ近い程、キケンです。目に届くところにあるのに、ある朝、自分の愛車が消えていたらビックリですよね。

そこで、重要なのが「常時スマートキーから発せられる微弱の電波を遮断する」ことなのです。当たり前のことですが、電波を遮断してしまえば、電波が拾われることがないので、安心です。

今では、電波を遮断できるキーケースなども多くでているので、ぜひこれらをチェックして、活用しましょう。

また、電波を遮断するだけでなく、近寄り難い駐車場にするということも大切な策の1つです。
・センサーライトの設置
・防犯カメラの設置
・砂利を撒く

この上記の3点を設置することで、電波を拾う以前に、家に近づかれないといった対策になります。

まとめ

いかがでしたか?驚くべき手口ですよね。
今の車はほとんど、鍵を挿さずに開けられますが、便利な反面このように電波を悪用されてしまう可能性があります。
家の中に鍵があるのに、車が盗られるとは誰も想像できないでしょう。ましてや、遠い駐車場に置いてあるなら人が近くにいないということで、被害に遭うかもしれないとい想像はできますが、家の隣りに置いて被害に遭うとは思いません。

ですが、この上記の「リレーアタック」方式だと、家の隣りにあるという事がミソなるのです。家の車庫に車があるからといって安心はできなくなってしまっているので、しっかりと対策を見直しましょう。

コチラの記事では、リレーアタックに有効な電波遮断のケースをご紹介しているので、ぜひ合わせてチェックしてください。

関連記事

  1. 空き巣の検挙率はどれくらい?捕まったらお金は返ってくるの?

  2. 犯罪行為での使用は禁止!簡単にできる盗撮用カメラの作り方

  3. オートロックだけで大丈夫?オートロックと女性向け防犯サービス

  4. 【性犯罪被害から身を守る】被害者にならないための防犯術

  5. 【店舗防犯】コンビニの防犯カメラの映像はどれくらい鮮明なの?お店の防犯対策の実態とは

  6. つきまとい被害には「Uターン」が効果的!被害に遭っていると感じたらやってみよう!

  7. 防犯目線で行うべきプライバシー対策のポイント8選

  8. 【キニナル情報】被害者もつい気になる?初犯の窃盗罪で実刑判決が下るケースとは?

  9. 【大注目】週末や連休前にATMを利用する時に絶対に気をつけるべきコト!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP