【横綱級のキモさ】夜道に出現するつばくれおじさん。その目的は?

悪質な犯罪は全国各地で行われその度に多くの被害者が辛い思いをしています。悪質な犯行になると、大人という立場を利用して、無知な小学生、中学生、高校生を狙った犯罪も行われています。

今回は、計画的に逮捕されないように犯行に及んでいた「つばくれおじさん」の事例を紹介しましょう。

オドロキ事件簿 つばくれおじさん

事件概要
2016年茨城県で、夜道を自転車で走っている女子高生に対して故意にぶつかり、慰謝料を請求。慰謝料請求を拒否すると、「学校に報告する」など女子高生が不利になるような要求を突きつけます。慰謝料を払いたくない女子高生に対し、「舌を出したら許してあげる」「ツバをくれたら許してあげる」と要求し、19件にも及ぶ犯行を実行
当初は男を逮捕することが困難であったが、女子高生が男が乗っていた軽自動車を元に捜査が進展。逮捕へとつながった。男は、もともと当たり屋目的で犯行を行なっていたが、初めてのターゲットが女子高生。ムラムラしたことから、性的な犯罪へと発展した。男が、つばをもらう理由が、キスができなくてもツバをもらえれば間接キスになると主張して、ツバをもらっていたという。何ともヒドい性癖の持ち主である。
参考文献:産経ニュース

事件のポイント

・女子高生に故意にぶつかって因縁をつけてきた
・慰謝料など面倒なことを要求し、拒否したところで自分の性癖を満たす選択肢を提示する
・被害に遭遇した女子高生の多くは、犯人の特徴をよく覚えていなかった
・痴漢など、直接的な行為がなかったので逮捕しづらかった
今回のような大人の立場を利用して因縁をつけてくる犯人にはどのような対処方法をすれば良いのでしょうか。不快な思いをしないためにも、対処方法を考えてみましょう。

対策ポイント1 困ったらすぐに警察に連絡する

自転車に乗っている時に、誰かにぶつかってしまう可能性は0であるとは言い切れません。このような状況に遭遇した場合は、トラブルになることを避けて自分たちで解決するのではなく、ただちに警察に通報するようにしましょう。
今回のつばくれおじさんは、わざと交通事故を演出することで相手に慰謝料を請求し、加害者側に「めんどうだ」と思わせる状況を作っています。街で面倒な大人に絡まれてしまった時に、学校の評価に影響するからと自己解決する人もいますが、自己解決するのではなく、すぐに警察に報告し第三者として立ち会ってもらうようにしましょう。

対策ポイント2 被害にあったらすぐに報告

つばくれおじさんは、初めの頃はつばをくれという要求でしたが、次第に犯行がエスカレートし最終的には、体を触らせろという要求に変わっています。変態に遭遇したら、触られてないからいいやと片付けるのではなく、次の犯行がエスカレートする可能性があります。

仮に次のターゲットが自分でなくても、他の女性がターゲットになり嫌な思いをしてしまう可能性があるので、すぐに警察に報告しましょう。この時、男の服装や背格好だけでなく、乗っている車などがあれば、その情報もしっかり把握しておくようにしてください。

対策ポイント3 つばくれおじさんは、全国に出没している

茨城のつばくれおじさんは、交通事故の被害者を装って犯行に及んでいたケースですが、これ以外のアプローチでのつばくれおじさんはたくさんいます。他のケースでは、SNSでやりとりをして、つばを買い取っていたという事例もあります。

若い女性のツバを求めている「つばくれおじさん」は全国各地に潜んでいる可能性があるので、自分の街でこのような変態が出現したら、すぐに警察に相談しましょう。また、つばをくれという行為は立派な迷惑行為で自治体によっては明記しているケースがあります。痴漢や不審者と同じような対処をするようにしてください。

対策ポイント4 ターゲットは女子高生以下

つばくれおじさんのターゲットは、女子高生以下です。大人の女性には、つばくれおじさんの手口が通用しないことがあるので、ターゲットを絞って犯行を行なっている不審者もいます。

お子さんのいるご家庭では、このような犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高いので、必ず不審者への対処方法を紹介するようにしてください。

まとめ

ツバくらいならあげても良いやと考えている女子高生や女子中学生もいますが、決して変態を相手にしてはいけません。不審者は一度犯行が成功すると、調子に乗って犯行内容が次第にエスカレートしていきます。

犯行がエスカレートしないためにも、拒否をして警察に通報するということがいかに大切かを家庭で情報を共有するようにしてください。

関連記事

  1. 【進化】防犯カメラの映像をWi-Fiを経由してスマホで見られる時代がやってきた!

  2. 【ご用心】無視が一番!露出狂の防犯対策!

  3. 日が延びても夜の一人歩きは危険!夜に起きやすい犯罪とは

  4. 一戸建ては泥棒に狙われやすい?被害に遭いやすい家の特徴や防犯対策

  5. 【深刻】介護施設で窃盗被害が横行!? 人目がある施設内でも戸締まり必須

  6. 子どもの安全を守る防犯サービスや防犯グッズ!新学期に向けて備えましょう

  7. 【大切】高齢者も防犯意識を持つことが重要!どんな対策を取れば良い?

  8. あなたの日常生活を撮影する盗撮被害から身を守る防犯対策5選

  9. 【要注意】あなたの個人情報は安全ですか? 防犯のための漏洩対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP