【実録】Twitterで国際ロマンス詐欺DMが来たので対応してみた

国際ロマンス詐欺について、前編・中編と生々しいやり取りを見ていただいたわけですが、後編ではその結末と被害に遭わないための具体的な対策を書きました。

まだ前編中編を読んでいない方は、ぜひ先にそちらから読んでみてください。(オリジナル記事で読むと綺麗に表示されます)

個人情報を聞き出してきた!

●●●
ヤナイミカ

荷箱を受け取った後の流れについて理解しました。何か準備するものはありますか?

●●●
Elvis David

よっしゃ

●●●
Elvis David

あなたの住所

●●●
Elvis David

電話番号

●●●
Elvis David

メールアドレス

●●●
Elvis David

あと、あなたのIDカードのコピーを送ってください

●●●
Elvis David

私のメールアドレスはこちらです

最初の”Yeah”がイラっと来ますね。これ以上はさすがに何もできないので、相手の本人確認を行うことにしました。

逃げられた?

●●●
ヤナイミカ

準備するものについて理解しました。

●●●
ヤナイミカ

ではまず、あなたが本当にアメリカ空軍に所属しているかどうかを確認するために、米軍IDカードを見せてください。また、本日の日付とあなたのTwitterのアカウント名を記載したメモを、あなたのIDカードと一緒に写真を撮ってください。

●●●
Elvis David

明日戻ってきます。

この会話を最後に、彼はアカウントを凍結されてしまいました。おそらく、他の人にも似たような内容の話を持ちかけていて、通報されたのでしょう。

ロマンス詐欺を見分けるポイント

今回のやり取りで気をつけるべきポイントや分かったことが何点かあるので、以下に書いていきます。

英語があまり上手ではない

基本的に英語が母国語ではない人がなりすましているため、文法がおかしかったり、文章が非常に長くなっていたりします。英語が理解できる場合は、なんとなく文章の違和感に気づくと思います。

ただし、中には非常に流暢な英語を操る詐欺師もいるようです。英語が上手いからという理由で信頼するのはやめましょう。

質問に答えてもそれに対する反応がないことがある

例えば今回のケースでは、「子供はいますか?」と聞かれたので「15歳になる子供がいる」と答えたのに、それに対する反応はありませんでした。彼らはあらかじめ送る内容のテンプレートが決まっているようです。なんとなく話が噛み合わないと思ったら注意しましょう。

序盤で同情を誘ってくる

同情を誘うことで、より親密な話をしやすくする狙いがあります。今回は1日でやりとりが終了してしまいましたが、国際ロマンス詐欺は基本的に長い時間をかけて騙してきます。今回の件も、相手がシリアから日本に来れるまで何日かかるのかは分かりませんでした。そのため、話が進めばいくらでも時間をかけて口説き落としてきたことでしょう。

ロマンス詐欺への対策

基本、知らない外国人からメッセージがきたら無視すること

当然といえば当然ですが、知らない人からのメッセージは基本的に疑ってかかりましょう。特に主婦の方や高齢の方は時間に余裕があるせいか、知らない人からのメッセージに返信してしまう人も多いようです。ただのチャットならまだしも、お金の絡む話が出てきたらすぐにブロックするくらいがちょうどいいと思います。

個人情報は絶対に明かさないこと

メッセージを送ってきている人が誰なのかは分かりません。住所・氏名・電話番号などの個人情報はもちろんですが、家族構成なども絶対に教えないようにしましょう。教えないと不都合があるケースが万が一あれば、独り身であることは絶対に悟られないようにしてください。相手がその個人情報で何を企んでいるのかは分かりません。例えば、最近ではアポ電強盗の被害も増えています。高齢者の単身世帯であることがバレてしまえば、アポ電強盗のターゲットにもなってしまいます。詐欺師はグループで行動していることが多く、情報も共有しています。特に注意しましょう。

怪しいなと感じたら送ってみるといいメッセージ

具体的な質問をする

今回の場合では、「日本のどんなビジネスに投資したいと思っているのですか?」という質問に対して、相手はその場しのぎの返事をしてきました。例えばここからさらに、「日本のどの地域の不動産に投資したいですか?」などを詳細に聞いていくと、相手は答えに詰まるでしょう。もし本当に日本の不動産に投資したいと思っているのなら、どのあたりの地価が高くて、どんな家が好まれているのかなどを知っているので、すぐに答えられるはずです。また、話が前に進まないと質問を無視してくる可能性があるので、しつこく聞いてみましょう。

英語で言うならば、

“What kind of xxx do you like?”

“What kind of xxx do you want to invest in?”

などがいいでしょう。また率直に疑問に思ったことについて、

”Please tell me specifically”(具体的に教えてください)

と送ると、相手は答えを濁したり、話題を変えてくるはずです。

詐欺の疑いがあれば参考にしたいサイト

ストップ!国際ロマンス詐欺
こちらはNPO法人M-STEPが運営している国際ロマンス詐欺対策のサイトです。

怪しいと思ったらこのサイトをみて、これまで報告されている事例を確認してみましょう。

事例を報告するだけでも誰かの被害を防ぐことに繋がりますので、詐欺の疑いがあれば連絡してみましょう。

まとめ

今回は実験としてDMでのやりとりを続けましたが、みなさんができる基本的な対策は、「知らない人から突然連絡がきたら無視すること」です。興味本位で話を進めていくと、いつの間にか自分の個人情報を小出しにしてしまっていることもあります。十分に気をつけてください。また、最後にご紹介した国際ロマンス詐欺対策のサイトに連絡をして、相手の手口を共有することで誰かを助けることに繋がります。ぜひ、協力して被害を防いでいきましょう。

まだ前編中編を読んでいない方は、こちらも合わせてお読みください。

 

女性のための完全防犯マニュアル

 

関連記事

  1. 【手口公開】中高生のTikTokユーザーの皆さん、詐欺師にカモにされていますよ。

  2. 【初連載企画】初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記その①エリア選び

  3. 防犯グッズ大集合「SECURITY SHOW」潜入レポート

  4. 笑いが犯罪から私たちを救う!?『第2回お笑い防犯グランプリ』レポート

  5. 防犯メディアの社長が防犯設備士試験を受験したら、テキストが分厚くてちょっとビビった話

  6. 【最新】埼玉県の治安は悪い?警察発表のデータで読み解いてみた

  7. 詐欺メンバーは誰が集め、どう犯行に及ぶのか。元詐欺師が語るメンバーの集め方とは

  8. 【ニュース】愛知県県警が防犯ブザーを開発!?

  9. 「AirDrop痴漢」だけじゃない!? AirDropを使用したナンパ被害も!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP