【判明】4階以上の家への侵入は合鍵を使ってる!? 空き巣の侵入経路と方法とは

自分が留守の時やぐっすり寝ている時などに、こっそり自宅に侵入し、金品を盗んでいく泥棒の侵入口となりやすい場所や侵入方法が分かれば防犯対策に活かせます。

警察庁はデータにより判明した侵入犯罪の侵入場所、方法などを公開しています。この記事では、データにより判明したそれらの情報を紹介します。自宅の防犯対策に役立たせてください。

泥棒の侵入場所になりやすいのはどこ?

犯罪データにより判明した侵入窃盗の侵入場所として最も多かったのが窓です。およそ6割を占めています。
次が出入り口からの侵入です。

参考:警視庁 平成30年中の住宅対象侵入窃盗の発生状況より

データにより判明した事実を分析すると、窓と出入り口に対する防犯対策が必要なことが分かります。

侵入方法はなに?

警視庁は侵入犯罪の侵入方法に関するデータも公開しています。
それを住宅のタイプ別に表にすると以下のようになります。

一戸建て住宅3階建て以下の共同住宅4階建て以上の共同住宅
1位無施錠無施錠無施錠
2位ガラス破りガラス破り合鍵
3位その他不明ガラス破り

参考:警察庁 住まいる防犯110番より

では、この判明した事実を防犯対策にどのように活かせるのか次に紹介します。
それは“家にいてもいなくてもカギをかけ忘れない!”ということです。

判明した泥棒の侵入方法は、無施錠だったので侵入できたというのが1位でした。
データにより判明した事実から分かるように、近所のコンビニに買い物に行く程度の短い時間でも施錠することは大切です。家にいる場合でも、ベランダで洗濯しているとき、風呂に入っているときなどに、無施錠ならば空き巣は簡単に侵入し、金品を奪って、速やかに逃亡していきます。家にいても施錠をするようにこころがけましょう。

ガラスの防犯対策も肝心

判明した泥棒の侵入方法として次に多かったのがガラス破りでした。

ガラス破り対策として、窓ガラスに格子をつける、防犯ガラスに張り替える、ガラスに防犯フィルムを貼るなどの方法があります。
女性が一人暮らしを始める場合は、こうしたガラスに対する防犯対策がすでに講じられている物件を探すことをおすすめします。

合鍵を使っての侵入

データで判明した別の侵入方法は合鍵を利用しての侵入でした。合鍵を使っての住宅侵入に関する事件も実際に起きています。

過去には、マンションのコンシェルジュが合鍵を使い、入居している人気芸能人の自宅に侵入した事件がありました。さらには、女子大生の私生活をのぞき見したいという理由で、マンションの管理会社の社員のふりをし、女性の家を訪問し、カギのメーカーとカギ番号を入手。その情報をもとにネットで合鍵を注文し、女性の部屋に侵入したという事件がありました。
また、元カレや知り合いが合鍵で部屋に侵入するというケースがあります。

合鍵を利用しての侵入を防ぐためにも、カギを不必要に他人に預けたりせず、管理をきちんとしましょう。キーカバーをつけるだけでも、カギのメーカーや番号を他人に知られないようにできます。

また、新しく賃貸マンションに部屋を借りる場合にはきちんとカギが交換されているか確認することも大切です。万が一カギの交換を大家さんや管理会社が怠っていた場合、前の入居者などが合鍵で侵入してくる可能性があるからです。

泥棒はどれくらいの時間で犯行をあきらめる?

警察庁は財団法人都市犯罪研究センター(現在はすでに解散)の集めたデータをもとに、泥棒がどれくらいの時間で侵入をあきらめるのかという情報も公開しています。
そのデータによると侵入窃盗のうち約70%が、「5分以内」で侵入に成功しなければ犯行をあきらめるという事実が判明しました。

財団法人都市犯罪研究センターの資料によると、元泥棒への調査では、半数以上の51.4%が「2分を超えて5分以内」で犯行をあきらめると回答しています。17%の元泥棒が「2分以内」と回答しています。

「5分を超えて10分以上」と回答したのが、22.9%。「10分以上」というかなり粘るタイプの回答をしたのが、8.6%でした。
このデータから、7割近くの侵入窃盗が5分以上かかれば、侵入をあきらめるということが分かります。
参考:警察庁 住まいる防犯110番より

普通の窓ガラスでは5分はもたない!

ガラス破りの主な方法は次の3つです。

1.こじ破り
マイナスドライバーを窓枠とガラスの間に差し入れいます。普通のガラスならば、数回突くだけで、大きな音もせずに、ものの数十秒で簡単にガラスにヒビがはいります。

2.打ち破り
ハンマーやバールでガラスを叩きます。普通のガラスならば、割れる時に大きな音がしますが、簡単に割れます。

3.焼き破り
バーナーなどでガラスを炙ると、普通のガラスなら「パキッ」と音がする程度で、ほんの数十秒でガラスが割れます。

普通のガラスでは、5分と持たないので、防犯対策として先ほど紹介したような、格子をつける、防犯ガラスに付け替える、防犯フィルムを貼る、カギを2つ付けるなどの防犯対策が必要です。

まとめ

警察庁の公開しているデータにより侵入犯罪の侵入場所となりやすいところ、侵入方法が判明しました。

泥棒の侵入場所としては、窓が圧倒的に多かったです。窓ガラスの防犯対策をしっかりしておきましょう。
侵入方法としては、カギの閉め忘れを利用した侵入が多いので、少しの時間家を留守にする場合でも、また家にいる場合でも、施錠を意識しましょう。

侵入に5分以上かかる場合、大半の泥棒が侵入をあきらめるという事実も判明しました。ガラス破りに対抗できるような防犯対策も講じることができます。

自分の部屋の防犯対策として、またこれから新しく部屋を探す時の判断材料として、今回の記事がお役に立てればと思います。

【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 盗聴器はFMラジオで見破れる?すぐできる盗聴&のぞき対策はこれだ!

  2. ディズニーやUSJの夏イベントを全力で楽しむためのポイントとは?

  3. 犯罪行為での使用は禁止!簡単にできる盗撮用カメラの作り方

  4. 【理解不能】車の下に隠れて女性の○○を狙っていた男

  5. 女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

  6. 【消えない傷】中高生の被害が増加しているリベンジポルノの危険性と対策について解説

  7. 【梅雨目前】梅雨入り前に確認したい、雨の日に特に注意すべき防犯ポイントとは

  8. 防犯グッズもファッショナブルならオシャレに楽しめる!

  9. 【写真で解説】ガードレールで撮影場所がバレる?自撮り投稿で隠すべきポイントは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP