ベランダには大きいサイズの履物をおくべし!今すぐできる手軽な侵入対策【自宅・帰宅編】

快適で安心な生活を送るためには、日ごろからの防犯対策をおろそかにしてはいけません。この記事では、女性が安心して生活するために、今からすぐにでも出来る防犯対策を、自宅編と帰宅編に分けてご紹介します。

自宅でも防犯対策が必要な理由

オートロック付きや管理人付きのマンションに住んでいるというだけで、自動的に安全・安心が保障されるわけではありません。
マンションの玄関がオートロックだから大丈夫という理由で、自分の部屋の玄関扉は無施錠、バルコニーの扉は無施錠という人もおり、実際にそうした人が、空き巣などの被害に遭っています。

安心できる生活のための防犯対策【自宅編】

オートロックやモニター付きインターフォンなどのマンションなどに最初から備わっている防犯対策に加えて、自分ですぐ出来る防犯対策がいくつかあります。

訪問者はインターフォンで必ず確認する

マンションの玄関にオートロックがあれば、訪問者の目的をしっかり確認してから開錠しましょう。用事のないセールスや勧誘などに対してはしっかり断る勇気も大切です。

宅配BOXを利用する

宅配業者を装って不審者が侵入してくる場合があります。しかし、本物の宅配業者か偽物かを見分けるのが難しい場合があります。そうした不安を払拭するためにも利用できるなら宅配BOXを使うのがおすすめです。

郵便物をポストに貯めない

郵便物が溜まっていると、郵便物が盗まれ、そこから女性の一人暮らしであることや、個人情報が知られる可能性があります。
郵便ポストにロックが備わっていればそれも活用しましょう。もしなければカギをつけることができます。帰宅時にはこまめにポストをチェックし、郵便物を回収しましょう。

ネームプレートにフルネームを書かない

郵便ポストや玄関付近のネームプレートにフルネームを書いて表示するなら、それだけで入居者が男性か女性なのか、複数なのか一人なのかが分かってしまいます。

洗濯物は家で干す

洗濯物に男性物の下着を混ぜて、ベランダで干しているから安心と考えている人もいます。
しかし、最近の侵入盗や不審者の中には、周到な下見を繰り返して犯行に及ぶ者もいます。毎回同じ男性物の洗濯物を干していれば、偽装とすぐにばれてしまいます。

安心して生活するためにも、乾燥機などを上手に利用し、部屋で洗濯物を干すことができます。

ベランダに履物を複数置く

女性の一人暮らしと分かれば、侵入盗は大胆になる可能性があります。複数の人数がいるとカモフラージュするために、ベランダにサンダル、それも男性用のものなどを複数置いておくことをおすすめします。

玄関や窓のカギをワンドアツーロックにする

女性でも玄関扉や窓枠に簡単に取り付けられる補助錠が市販されています。工具不要の締め付けのみでつけられるタイプや、両面テープで取り付けるタイプの補助錠があります。
ホームセンター、ネットショッピング、100円ショップなどでも販売されているので、手軽に出来る防犯対策としておすすめです。

家に居る時でも施錠する

玄関がオートロックだから安心という人もいますが、侵入盗や不審者は、マンションの住人が帰宅するときに、一緒にマンションに侵入するという場合があります。マンションの玄関がオートロックでも家に居る時は必ず施錠するようにしましょう。

公共料金の支払いをいつも同じ場所で行わない

公共料金の支払いをいつも同じコンビニなどで行っていれば、そこから近所に住んでいることがばれる、請求書を覗かれて名前などの個人情報が盗まれるという事が起こる可能性があります。

いつも近所の同じコンビニなどで公共料金を支払うのではなく、支払い場所を変えることができます。自動引き落としに変更するのも方法のひとつです。

安心できる生活のための防犯対策【帰宅編】

外から家に帰って来る時に注意できること、防犯対策としてできることがあります。

防犯ブザーを携帯する

つきまといや痴漢の被害から自分を守るためにも防犯ブザーを外出時には携帯できます。持っているだけで安心感が得られます。

スマホをいじりながら、イヤホンで音楽を聴きながら歩かない

スマホや音楽に夢中になっていて、不審者が近くにいても気づかないという場合があります。家に帰ってからスマホをいじったり音楽を楽しんだりしましょう。

オートロック玄関付近に不審者がいればそのまま入らない

不審者がマンションの玄関付近にいるなら、その場をやり過ごし、時間が経過してから帰宅をするようにしましょう。

男性と二人きりでエレベーターに乗らない

痴漢などの被害に遭わないためにも、男性と二人きりでエレベーターに乗らないようにしましょう。
タイミング悪くそうした状況になった場合は、郵便物を取り忘れたフリや電話がかかってきたフリなどをして、その場をやり過ごすことも1つの手です。

まとめ

女性が安心して生活するために、今からでもすぐにできる防犯対策を自宅編と帰宅編に分けてご紹介しました。生活スタイルの中に防犯意識というカテゴリーを組み入れるだけで、すぐに実践できる提案ばかりです。

さらに、扉や窓に補助錠を付ける場合は、ある程度の費用がかかりますが、それ以外の紹介した防犯対策は無償で簡単に行えるものです。

安全や安心は自動的に発生するものではありません。防犯意識を高め、防犯対策を講じることで手に入れることができます。快適で安心できる暮らしを維持するためにも、防犯意識をしっかり持っておきましょう。

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

女性が1人暮らしをしている部屋を狙う犯罪者もいます。できるだけわからないようにする工夫もしてください。

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【韓国】格安宿泊施設にご用心。隣室に侵入し逮捕された日本人の行動とは

  2. DIYも簡単!? マンションの部屋のガラス窓の防犯対策はこれ!

  3. うっかりカギのかけ忘れ!リスクと防止グッズのご紹介!!

  4. マンション高階層の人ほど気をつけて!泥棒の驚きの手口とは??

  5. 【鍵を開ける瞬間に注意】子どもに留守を任せるときの鍵の持たせ方とは

  6. 【防犯】強力な防犯対策は”防犯カメラ”×”カギ”の組…

  7. 【お手柄】鍵のかかってない車に乗り込んだ男、車内に居合わせた子どもたちが撃退

  8. 時効成立した暴行事件を、警察が○○○をみて逮捕につなげる

  9. 【注意】痴漢と盗難は大型プールで毎年大量発生!「友達の目」で被害を防ごう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP