DIYも簡単!? マンションの部屋のガラス窓の防犯対策はこれ!

女性が一人暮らしを始めようと思う場合、防犯のためにマンションの1階の部屋は避けようと思うかもしれませんが、2階以上の部屋に住む場合でも防犯対策は必要です。

この記事では、2階以上の部屋でも防犯対策が必要な理由と、どのようにガラス窓への防犯対策を施せるのか紹介します。

2階以上の部屋でも防犯対策が必要な理由

1階の部屋は侵入されやすいので、防犯対策が必要というのは理解できますが、2階以上の部屋でも同じく防犯対策は必須です。それには次のような理由が挙げられます。

1.マンションの場合は住民がお互いの顔を知らない場合が多いので、侵入しても気づかれない
2.最上階は屋上から雨どいなどで下の階に降りることができる
3.ベランダに隠れれば、外からの視線を遮れる
4.ベランダ越しに別の部屋に移動できる
5.オートロックマンションなどセキュリティがしっかりしているマンションの住民ほど、入居者の防犯意識が低い場合があり、カギを締めていない場合が多い
6.ワンルームマンションでは夕方以降は、照明の有無で人がいるかどうかを判断できる

こうした理由から、1階以外の部屋でもやはり防犯対策をしておくべきことが分かります。

統計からみる防犯対策が必要な理由

警察庁は、平成29年のデータとして、侵入窃盗の侵入口と、侵入手口を公開しています。
4階以上の共同住宅の侵入窃盗の侵入経路は以下の通りです。

引用:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki26/theme_a/a_d_1.html

平成29年の侵入窃盗の件数は3,247件で、侵入経路は表出入り口が50%以上、さらに窓からの侵入が34.9%ありました。こうしたデータから、1階以外の部屋でも侵入されるケースがあることが分かります。

さらに、侵入手口に関しては以下の通りです。

引用:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki26/theme_a/a_d_1.html

侵入方法としては、無締まり、つまりカギのかけ忘れを利用しての侵入が45.9%を占めています。次に多いのがガラス破りです。

こうしたデータを参考にすると、1階以外の部屋に住んでいても、カギを閉め忘れないようにする、ガラス窓への防犯対策を施す必要があることが分かります。

女子でも出来るガラスに対する防犯対策

女子の一人暮らしの場合、1階の部屋を避けるのは無難ですが、2階以上の部屋に住む場合でも、侵入犯に対する防犯対策をガラス窓に施しておくことができます。
ガラス窓の最大の防犯は、「防犯ガラス」にすることです。入居時からガラス窓に防犯ガラスが採用されていれば最高ですが、そうでない場合は交換しなければなりません。

とはいえ、賃貸マンションの場合、ガラス窓は共用部分に該当し、ガラス窓や窓枠に変更を加える場合、オーナーや管理会社の許可を得る必要があります。さらに費用がある程度高額になります。ですから、防犯ガラスの施工は難しい場合があります。

それでも、他の方法で、ガラス窓に防犯対策を施し、部屋への侵入を防ぐことができます。

それでは、女子でもできる簡単なガラスに対する防犯対策を3つ紹介します。

1)防犯フィルムを貼る

ホームセンターで防犯フィルムが販売されています。DIYで施工する方法もホームページなどで紹介されています。

2)窓枠に補助錠をつける

窓枠やレール部分に取り付けることができる補助錠があります。
窓枠に両面テープで貼るだけで施工できる補助錠や、レール部分にかませるタイプの補助錠があります。

開閉アラームをつける

窓ガラスの開閉、衝撃を検知するアラームを設置できます。
侵入窃盗は、空き巣だけではありません。寝ているときに侵入する「忍び込み」、家の人が食事をしているときや入浴しているときなどに侵入する「居空き」と呼ばれる方法で、金品を盗み出します。
ですから、窓の開閉を知らせるアラームは、部屋にいる時でも必要な防犯対策になります。

まとめ

女子の一人暮らしの場合、1階以外の部屋に住んでいても防犯対策をきちんとしておくべき理由を紹介しました。
侵入窃盗犯は、1階以外の部屋もターゲットにしており、施錠されていない部屋を見つけて侵入する、ガラスを破って侵入するということでした。
ですから、短時間の外出や家にいる場合でも部屋にカギをかけておくことは大切です。さらに、ガラスに防犯フィルムを貼る、補助錠をつけるという方法で防犯対策を施すことができました。

自分の部屋で快適に過ごすためにも、日ごろから高い防犯意識を持ち、自分の不注意で犯罪者を家に招きいれることがないようにしましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【必見!】新手痴漢に対抗せよ!防止策2019

  2. 【見極め力】街頭募金や街頭アンケートは危険?協力時に必要な見極め力とは?

  3. 一歩進んだ防犯対策はサービス加入やパトロールへの参加

  4. 【危険】冬に凍結しやすい場所はどこ?寒くても、道が荒れていてもひったくりは狙ってくる!?

  5. ディズニーやUSJの夏イベントを全力で楽しむためのポイントとは?

  6. 駅前で行われているパトロールで地域の防犯力アップ!

  7. 学校の登下校中は特に要注意!犯罪から子供を守るためには防犯知識が大切

  8. 【お盆】女性のお墓を狙う罰当たりな「墓泥棒」は何を盗んでいくのか?

  9. 【旅行に潜む危険】夜行バスに乗るときに注意したいアレコレ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP