事故防止にも効果的?自宅の必須アイテム“補助カギ”ができることとは

空き巣などによる家への侵入を防ぐ効果的な方法は、ドアや窓のカギを増やすことです。1つのドアや窓に2つのカギを取り付けることは、二重鍵もしくはワンドアツーロックと呼ばれています。

この記事では、ドアと窓に取り付けられる補助カギのタイプを3つずつ紹介します。そして、それらがなぜ防犯や事故対策につながるかを解説します。

ドアのカギを増やす

空き巣やストーカーの侵入経路となるのが玄関ドアです。最初からドアについているカギに加えて、さらにカギを増やすことで、威嚇効果も増し防犯になります。

ドアに取り付けることができる補助カギのタイプを3つ紹介します。自分の家のタイプや予算にあったものを選んでください。

ビス止めタイプ

ドアに補助カギをビス止めするタイプです。ドアにビスで止めているので高い防犯効果を期待できます。
ドアに穴をあけるなどの工事なので、賃貸物件の場合は管理会社などに施工前に相談する必要があります。

ビス止め不要タイプ

工事や工具不要で簡単に取り付けられる補助カギです。ですから女性でも簡単に取り付けられます。玄関ドアに取り付けた場合、高い威嚇効果を期待できます。

内側取り付けタイプ

補助カギが付いていることを外から見られたくないという方におすすめなのが、内側取り付けタイプです。例えば、ドアの内側のノブに取り付けられるタイプを選択すれば、サムターン回しによる侵入を防止する効果が得られます。

窓のカギを増やす

空き巣やストーカーなどの侵入経路になりやすいのが窓です。窓にも補助カギを取り付けることで簡単に防犯効果を高めることができます。女性でも簡単に取り付けられる窓用の補助カギのタイプを3つ紹介します。

水返し(窓枠レール)取り付けるタイプ

水返しとは、建具枠や窓枠に水が入るのを防ぐための立ち上がりのことです。サッシ扉や窓枠では、レールの部分に相当します。
この窓枠レールに取り付けるタイプの補助カギは、工具不要で、女性でも取り付け可能です。もともとカギの付いている窓枠に取り付けることでワンドアツーロックになります。

窓枠取り付けタイプの補助カギ

窓枠部分に取り付けるタイプには、ネジで取り付けるタイプと強力両面テープで取り付けるタイプがあります。

レールを窓枠に取りつけて、その上をカギの部分がスライドして施錠・開錠ができます。カギを締める位置を調整すれば、換気したいときやペットの通行を妨げたくない時など、窓に少しスキマを開けた状態で窓を施錠することも可能です。そのため不在時だけでなく在宅時でも不審者の窓からの侵入を防ぐことができ、防犯効果を期待できます。

クレセント取り付けタイプの補助カギ

窓に最初から設置されている上下に上げ下げするタイプのカギがクレセントです。しかしクレセントには、スキマから道具を使ってこじ開けられる、クレセント周りのガラスを割って簡単に開錠できるという弱点があります。

その弱点を補強して防犯効果を高めるのがこのタイプの補助カギの役割です。

クレセント取り付けタイプの補助カギには、1)クレセントにカギを付ける、2)クレセントにアラームを付ける、3)クレセントがどこについているか分からないようにするタイプがあります。

補助カギには事故防止効果もあり!

補助カギをドアや窓に設置すれば、防犯効果だけでなく、事故防止効果も得られます。
例えば、ベランダに通じるサッに補助カギを付けておけば、親がいない時や、目を離しているスキに小さな子供がベランダに出て転倒する、もしくは転落するなどの事故を防ぐことができます。

玄関に補助カギを付けることにも事故防止の効果があります。
サムターン防止の補助カギを内側のドアノブに設置すれば、認知症の家族の徘徊、親が不在時に小さな子供が勝手に外に出ることによる事故を予防できます。

まとめ

ドアやサッシに補助カギを付ければ、防犯効果を高めることができます。
市販されている防犯建物部品には女性でも簡単に設置できるものがあります。コスパの優れた商品を選べば、家のあらゆるドアや窓に設置することも可能です。

さらに補助カギには事故防止効果も期待できます。小さな子供がいる家庭では、事故防止の観点からも、補助カギの設置を積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

ドアや窓にワンドアツーロックを施して、犯罪と事故を未然に防ぐ可能性を高めていきましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【エレベーターの日】一人と複数どっちが危険? 防犯対策に正しいエレベーターの乗り方教えます!

  2. 地域安全の問題に貢献する!防犯パトロール隊の活動と手引き

  3. 車の防犯対策に乗り遅れるな! 犯罪のターゲットにならないために

  4. 【3月4日過去のこの日】「ミシンの日」に起こった事件から防犯を考える

  5. 手元のスマホで遠隔操作・監視ができる防犯カメラの種類とメリット

  6. 自治会が行う防犯対策の効果は?

  7. 他人の設置した防犯カメラが我が家を撮影している! 防犯とともに大切なプライバシー問題

  8. 一歩進んだ防犯対策はサービス加入やパトロールへの参加

  9. 海外旅行に行くなら防犯対策は必須!スリにあいにくいバッグとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP