【鍵を開ける瞬間に注意】子どもに留守を任せるときの鍵の持たせ方とは

小学生でもある程度の学年になると、そろそろ子供に留守番を任せようと考える方も増えてくると思います。ここでは子供にカギを持たせるうえで必要な、防犯に関する情報を厳選してご紹介します。

子供にカギを持たせるときのポイントとは

子供にとってのはじめてのお留守番は、親にとっても心配なことが多いものです。火の扱いや来客についての注意はもちろん、さまざまな大切なことをアドバイスすると思います。

そのなかでも忘れてはならないのが、家に入るためのカギのことです。たとえば共働きのご家庭なら、たいていの場合一足先に帰るであろう子供に、家に入るためのカギを渡そうと思う方も多いと思います。

しかしこのカギを持たせるという行為の大変さは、いざ持ってみないとなかなかわかりません。そこにはたくさんの注意点があります。以下では、鍵を持たせる上で、危険なポイントをご紹介します。

1)敷地内に隠すこと

家のカギを敷地内に隠しておくという方法をよく耳にしますが、どこで不審者が見ているかわかりません。あまりに危険です。

2)首から下げること

これも代表的な方法のひとつです。カギを首から下げるとヒモがひっかかり首が締まる、転倒時にカギが刺さるなどの事故の原因となります。さらに首からカギを下げていることで、一人で留守の時間があることを周囲に知らせているようなものです。

3)服のズボンのポケットに入れる

そのままでは落とす確率がとても高い方法です。しかし、チャック付きのポケットであればある程度は安全です。この方法であればカギも目立たないので、持ち歩いていることもあまり周囲に知られずに済みます。

4)ランドセルにそのまま入れる

カギが転がり落ちるかもしれません。やはりヒモなどでつないでおくなどの工夫をすればこれも安全な方法のひとつです。

カギを失くすことの重大さ

初めてカギを渡される子供はカギの大切さを理解していないことがどうしても多いようです。そのため落としてしまったり、鍵を持つ事が嬉しくて、見せびらかしてしまったりといったことがよくあります。

カギを万が一落としてしまうと、空き巣犯に入られる可能性があるので、錠前ごと交換が必要です。合いカギをつくるだけでよいのでは?と思われるかもしれませんが、落とした瞬間を目撃されており、尾行されていたとしたら、今後は自由に侵入が可能な状態となってしまいます。

一度に多く盗るのではなく、住人に気づかれないよう長年にわたりすこしずつ盗る、ということを簡単にできてしまうのです。決してカギをなくさないよう十分に伝えておきましょう。どこで不審者が子供を見ているか分かりません。

友達に自分の家のカギを見せている姿が目撃されることもありえます。「誰にもカギは見せてはいけない」ことを繰り返し説いておきましょう

それでもカギを落としてしまった時は?

さまざまな対策をしたにもかかわらず、それでも落としてしまうことがあります。保護者が帰ってくるまで家に入れないということになってしまうだけでなく、そのまま時間を持て余したり、あてもなくフラフラと徘徊していてはそれこそ防犯上の問題があります。

こんな時に、普段からのご近所とのコミュニケーションが役に立ちます。あらかじめ子供が留守番であることをご近所に伝えておけば、緊急時に少しの間面倒を見てもらうこともきっと快く引き受けてもらえるでしょう。

ご近所とのコミュニケーション

このケースに限らず、普段からのご近所コミュニケーションをとっておくことは防犯対策に欠かせません。

空き巣犯は、ご近所とのコミュニケーションを密にとる住人の家をターゲットにすることは、できるだけ避けるといいます。また今回のように、子供にとって安全な環境づくりもできます。難しい時は簡単なあいさつだけでも構いません。普段から近所の人とのコミュニケーションを大切にすることは大切な防犯対策のひとつです。

最後まで油断はできない!危険だらけの留守番

一人で留守番をさせる場合は、留守中はもちろんですが帰路にも注意が必要です。ここでご紹介する一連の動作を、流れで覚えられるよう何度も練習しましょう。

・不審者がついてきていないか確認する
・カギをすばやく出せるように準備しておく
・鍵を開ける前は必ず周囲を見渡し、開けたらすばやく玄関に入る
・すばやくカギを閉める
・念のためチェーンロックもする
・大きな声で「ただいま」をいう

子供や女性がカギを開けて家の中に入るまさにその瞬間、不審者が入ってくるという事件が報告されています。もたつくことなく、すばやく家に入り、すばやくカギを閉めなければなりません。

たとえひとりでも大きな声で「ただいま」と大きな声でいうことも徹底しましょう。親が不在だと思われないようにすることは、留守時間を過ごすうえで大切になってきます。

便利なGPS搭載の防犯グッズもおすすめ

カギをちいさな子供に任せるときは、どうしても心配なことばかりです。ここでは併せて便利な防犯グッズ「GPS搭載グッズ」のなかでもとくにおすすめ「キッズ携帯」についてご紹介します。

キッズ携帯では、通常の携帯電話と違い最初に登録した相手とだけ電話やメールができます。さらにGPS機能をはじめとした子供の防犯に必要といえる、最低限の機能もついています。キッズスマホと比べても値段が安く、余計ない機能が付いていない点が好評であり、子供でも使いやすいのでおすすめです。

繰り返し伝えることが大切!

以上の方法を実践すれば、必ずしも安全というわけではありませんが、防犯において大切なのは防犯意識を高めることはできます。親が子供に意識を持たせるために、普段のコミュニュケーションの中に、防犯の話題をおりまぜ、繰り返し伝えるようにしておきましょう。

子どものスマホを持たせる際の注意点はコチラでチェック

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【重要】いま必要なのは「不審者情報マップ」。どこで何が起きているか、あなたはちゃんと察知できていま…

  2. 【要チェック】犯罪から身を守るためには「防犯性」の高い物件を選ぶのが◎

  3. 「オートロック付き女性専用マンション」だからといって油断しちゃダメ!

  4. 出張や旅行で利用するホテルで安心して宿泊するための防犯対策

  5. 自治会が行う防犯対策の効果は?

  6. 1月13日は「お父さんの日」!お父さんに起こった悲劇から防犯を学ぼう

  7. 玄関の防犯に効果的!おすすめの防犯灯をご紹介

  8. 公然わいせつの定義とは?軽犯罪法との境界はどこ?

  9. 盗聴されてるかもと思った時に調べてみるべきこと

    初心者でも簡単に見つかる!?自分の家に潜む盗聴器の発見方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP