【旅行中にも大活躍】いまや必須の“宅配ボックス”の防犯上の問題点と対策は

その便利さから需要が高まり、設置が進められている宅配ボックス。しかしその便利さの反面、とくに防犯性の脆弱さが指摘され始めています。そこで有効とされている、防犯カメラによる防犯対策の利点をご紹介します。

便利な宅配ボックス!

ネットショッピングやフリーマーケットアプリの普及の影響で、業者と個人間だけでなく、個人同士の郵送の需要も高まっています。宅配業者もうれしい反面、より効率的な配達方法を模索しているようです。
需要が高まればよりよいサービスの提供が急がれ、不在時でも荷物を受け取ることができる「宅配ボックス」が活躍しはじめています。

宅配ボックスとは?

宅配ボックスは、不在時であっても荷物がスムーズに受け取れるように設置される新しい受け取り方法です。これまでだと荷物の受け取りは、誰かが在宅していないとできませんでした。
しかし宅配ボックスの登場によって、受け取り方法が飛躍的に広がりました。そして不在時でも荷物が受け取れるようになったことと同時に、宅配業者を装った強盗などの被害が減少しています。
宅配ボックスは、ネットショッピングやフリーマーケットアプリを頻繁に使う方にとっては救世主のような、いまやなくてはならない日用品のひとつになりつつあります。

宅配ボックスの問題点

おもに共同住宅での宅配ボックスの普及が続くなか、その宅配ボックスの防犯性の脆弱さが指摘されはじめています。
近年おもに窃盗犯に狙われているのは、暗証番号式の宅配ボックスです。暗証番号を宅配業者が決められる暗証番号式の宅配ボックスでは、その特性を利用した窃盗による被害が続いています。その一例をご紹介します。
ある窃盗犯がテープを巻き付けた新聞紙を丸め、郵便受けから宅配業者が入れていく連絡票を取り出します。そこに書かれていた暗証番号をつかい宅配ボックスから荷物を盗み出すという手口の犯行を行っていました。
この暗証番号式の宅配ボックスの防犯性の脆弱さは、郵便受けから暗証番号の書かれた連絡票を持ち去られると宅配ボックスの荷物を誰もが持ち出せる点にあります。便利さが仇となってしまっていると見受けることができます。
もちろん宅配業者としては、宅配ボックスへの配達を希望されている以上は暗証番号を決めてポストに投函するしか方法はありません。しかし次の事例では、その宅配業者が関係した部分で不安視されています。

宅配業者が関った事例

たとえば配達業者が「いつも同じ番号」にすることや、変えたとしてもだいたい「パターンが似ている」といった、暗証番号が予測できやすいものにするということも懸念の対象になっているのです。
もしこれをしてしまうと、窃盗犯だけではなく、誰もが他人の荷物を持っていくことが可能になってしまうことがおわかりいただけると思います。
もちろん暗証番号に法的な決まりはなく、極端な話どんな番号にしたところで宅配業者に責任はありません。
ほかにも宅配業者が関連した事例としては、連絡票が郵便受けからハミ出しており、誰でも持ち出すことができる状態になっていたという指摘がありました。
このように、宅配業者の意識次第で、宅配ボックスの防犯性と需要は左右される傾向にあります。

模索する宅配ボックス

宅配業者の意識を変えることも大切ですが、宅配業者の対応に依存せずに安心して使える宅配システムを作り上げることも大切です。
防犯上の問題が指摘されつつも、宅配ボックスの利便性はやはり捨てがたく、さまざまな試行錯誤がはじまっています。
暗証番号を排除したタイプの普及に着手しつつありますが、暗証番号式の宅配ボックスは共同住宅などの建物が完成以降でも手軽に導入できるという利点があります。そのため暗証番号式の宅配ボックスの需要はしばらく続きそうです。

宅配ボックスには防犯カメラがベスト!

近年では宅配ボックスの需要の高さから一戸建住宅でも普及してきています。しかし簡単に設置されがちな一戸建住宅の宅配ボックスは、宅配ボックスごと盗まれる危険性があります。
共同住宅でも一戸建住宅であっても、暗証番号式の宅配ボックスの需要が今後も続くのであれば、後付けする形での防犯対策で対応するのがベストといえます。そこで役立つのが防犯カメラです。

防犯カメラの活躍

暗証番号式の宅配ボックスを設置する場合、防犯性を高めるのであれば、郵便受け付近もしくは宅配ボックス、もしくはその両方に防犯カメラを設置することが理想的です。
防犯カメラが設置されているだけでも窃盗犯への威嚇効果によって、被害の減少が期待できます。それでも万が一被害を受ければ、その映像をもとに捜査協力ができるようになります。
現状、暗証番号式をはじめとした宅配ボックスの防犯対策には、防犯カメラを使用することがもっとも効果が高く、またそれ以上の手段がないのが現状ともいえます。
なかには宅配ボックスのなかに防犯カメラを仕掛けて防犯対策をする慎重な人もいるのだとか。

設置の際の注意点

共同住宅で防犯カメラを設置する際には、個人情報やプライバシー侵害の保護の観点から、防犯カメラが作動していることを周知しなければなりません。
そのため防犯カメラを設置する前には、大家さんもしくは管理会社にかならず相談をしましょう。共有部分での防犯カメラの設置はデリケートな問題なので、決して無断や自己判断で行わないようにしましょう。

新たな防犯対策にも期待

ご紹介したように、利用者にとってはとても便利な宅配ボックスですが、防犯対策に関しては今後もさまざまなサービスの展開が予想されます。
防犯カメラに頼らずより防犯性の高い、利用者が安心して使える宅配ボックスの登場も期待されます。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 空き巣に狙われやすい防犯性の弱いカギとは?

  2. 【即実践】窃盗の手口と今日からできるMolyの防犯対策!

  3. 防犯パトロールで安心できる街を作るために気をつけること

  4. 性被害によって妊娠した母親の選択。予期せぬ被害に直面したときにするべき対策とは。

  5. カラーボールの効果とは?

    防犯対策にカラーボールは有効なのか?

  6. 身に及ぶ危険!! 防犯ホイッスル(笛)がそこにある危機を救う 女性たちはそもそも防犯ブザーや笛を軽視…

  7. 泥棒の侵入経路は窓が一番多い?侵入されにくい窓にする防犯対策

  8. 創業73年。老舗のアクセサリー会社がオシャレな防犯ブザーを作った理由【大人の女性のために】

  9. オートロックだけで大丈夫?オートロックと女性向け防犯サービス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP