【比較】海外旅行時のおすすめレンタルWi-Fiは? レンタルは防犯にも役立つ!? 

海外旅行時にLINEやTwitter、Instagram、目的地にたどりつくためのマップはインターネットがつながっていなければ利用できません。

今回は海外旅行時にオススメのWi-Fiレンタル会社やメリット・デメリットを紹介していきます。

海外Wi-Fiをレンタルするメリットとは?

海外Wi-Fiをレンタルするメリットは、「インターネットに繋げられる」と「ハッキングされる可能性が低くなる」の2点です。

いつでもインターネットにつなげられる

海外旅行時にインターネットを利用するタイミングは思っているよりも多いでしょう。
SNSに投稿したり、ネットで検索したり、マップで目的地を誘導したり、Uberでタクシーを拾うのもインターネットにつながっていなければできません。

先進国でも日本同様に大型ショッピングセンターや国際空港、カフェ、コンビニ内でなければ無料Wi-Fiは通っていないことがほとんど。それだけに、いつでもインターネットにつなげるというのは、海外Wi-Fiレンタルの大きなメリットの一つです。

ハッキングへの心配が減る

無料Wi-Fiはホテルやカフェなど、場所にかぎらずハッキングされる危険性があります。
ネットの利用手順は「自分の端末」→「Wi-Fi」→「インターネット」という流れですが、無料Wi-Fiは情報の暗号化が非常に弱いため情報を盗られやすいのです。

これにより個人情報はもちろん、クレジットカードの暗証番号なども盗まれるリスクがあります。その点、海外Wi-Fiレンタルは専用の回線を用いるので、ハッキングされる可能性が低くなります。

海外Wi-Fiをレンタルするデメリット

海外Wi-Fiレンタルには大きなメリットが目立ちますが、小さなデメリットも存在します。それは「荷物が増える」と「プランの利用制限がある」の2つです。

ルーターをいつも持ち歩かなければいけない

海外Wi-Fiレンタルのデメリット1つ目は、ルーターを持ち歩かなければいけないことです。
電波の傍受できる範囲は決して広くないため、すくなくとも数メートル範囲にルーターを置いておく必要があります。

プランのほとんどが使い放題というわけではない

海外Wi-Fiレンタルはその多くが使い放題というわけではありません。
それぞれ契約時に〇〇MB/1日というように決まっていて、それを超えてしまうと速度制限にかかってしまいます

あなた自身がどの程度インターネットを利用するのかを良く考えてから、契約する会社やプランを検討する必要があるということです。

海外Wi-Fiの契約したほうがいい人の特徴とは

では、海外Wi-Fiの契約をしたほうが良い人の特徴とどのような方でしょうか。一つでもあてはまった方は、海外Wi-Fi対応ルーターをレンタルしてから行くことをオススメします。

1人ではなく複数人で海外旅行に行く方

複数人で海外旅行に行く方は、海外Wi-Fiレンタルを利用したほうが良いでしょう。
1台のルーターがあれば、大体5台前後のデバイスとつなげられるため、みんなでシェアすれば1日あたり300円程度まで下げることができます。

短期間の海外旅行に行く方

短期間の海外旅行に行く方も、海外Wi-Fiレンタルがオススメです。
渡航期間がみじかいということは、一つ一つの観光スポットにもあまり時間を割くことができないでしょう。

そんな中で、無料Wi-Fiを探してウロウロしている時間は勿体ないといえます。レンタル料金は日数ごとに変わるので、短ければそれだけ出費もおさえられるのでオススメです。

現地語に不安がある方

現地の言葉に不安がある方も、海外Wi-Fiレンタルを利用したほうが良いでしょう。スマホの翻訳機能を利用するなら、インターネットにいつでもつながっている環境のほうが間違いなく良いですからね。

下記で紹介している各Wi-Fiレンタル会社は海外にいても24時間365日サポートがうけられるため、万が一の時でも安心です。

海外旅行に対応したオススメのWi-Fiルーターは?

海外旅行に対応しているオススメのWi-Fiルーター会社を4つご紹介します。
どれも端末の受け取り自体は国内で済ませているので、日本語以外はわからないという方でもすぐに利用可能です。

イモトのWi-Fi

知名度が最も高いのがイモトのWi-Fiかと思います。
2008年といまから10年以上前に海外Wi-Fiレンタルサービスをはじめた会社であり、大容量プランへの加入も無料でおこなえるうえに、24時間国際電話やメールで問い合わせが可能です。

大容量プランはインターネットを長時間つかう方や複数人で一台をシェアしたい方におすすめ。世界200カ国以上でつながりやすいと評判も良く、料金シミュレーションをしてみても単価は1日あたり1,580円前後とかなりお得です。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiも大手かつ老舗の海外Wi-Fiレンタル会社です。
世界30以上の通信会社と提携することで、質が良く低価格なレンタル料金を実現しています。

大容量プランも用意されていて、通常300MBのところ1日あたり600MBまで拡大可能。さらに電話やTwitterなどのSNS、LINEなどの通話アプリからでも24時間サポート体制が整っているため、万が一のトラブル時にも安心です。

ジェットファイ

アジア周辺とグローバル周辺の2種類のプランが用意されているジェットファイは、「4G LTE対応」や「500MB/1日」という魅力があります。他の海外Wi-Fiレンタルと違う点は、日本でルーターを起動してつなげても良いという点です。

届いた段階で接続できるか確認したり、設定方法がもしわからなくても国内にいる段階で問い合わせることができます。

フォートラベル

フォートラベルは「料金がほとんどの国で最安」という特徴があります。
満足度が非常に高く、端末の受け取り手段も国内10箇所にかぎらず、ハワイ・台湾・韓国では現地の空港やホテルでも受け取り可能です

サポート体制も充実していて、24時間いつでも電話はもちろん、LINEやスカイプでも問い合わせ可能です。海外からの高額な電話料金を無駄に払わなくても良いのは、フォートラベルの一つの魅力だと言えます。

まとめ

今回は海外旅行時におすすめの海外Wi-Fiレンタルやそのメリット・デメリットについて紹介しました。

・複数人で海外旅行に行く方
・短期間の海外旅行を楽しむ方
・英語が苦手で翻訳機能を使いたい方
上記の3つのポイントがあてはまる方は、ぜひ海外Wi-Fiレンタルを利用することをおすすめします。スイッチを押すだけなので使い方もカンタンですし、そのほとんどは2,000円以下/1日と格安料金でレンタルすることが可能です。

【スキミング注意】海外旅行には複数枚のクレジットカードを持っていくべき理由とは?

Moly.jp編集部

>>海外旅行に行くなら観光情報だけじゃない!<<
>>moly.jpで治安・防犯もチェック!!<<

関連記事

  1. 西ヨーロッパに行くならスイス!首都ベルンの市街地の見どころと気をつけるポイントは?

  2. 【願い×偶然=奇跡】海中でなくした指輪が奇跡的に○○のおかげで見つかる!?

  3. iPhone11 Proが100円でもらえる?Googleギフト当選詐欺に注意!

  4. 【海外旅行先の王道5選】アジアのおすすめビーチリゾートと気をつけたいコト

  5. 【あおり運転】デマのリツイートも名誉毀損に当たる!大人のネットリテラシーが低すぎる問題。

  6. 【コロラド】下着まみれの部屋で暮らす60代の変態ブラザーズが起こした性犯罪

  7. せっかくなら行ってみたい!海外ヌーディストビーチを楽しむための注意点!

  8. 【パワースポット巡り】台北のおすすめ寺院で運気も防犯力もUPしちゃおう!

  9. 【衝撃】局部に電極を巻きつけた海外の変質者ドライバーから考える露出狂対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP