海外旅行は“保険”には入るべき?保険加入も防犯対策のうち!!

海外旅行に行く際に、海外旅行保険に加入しておくべきか悩んでいる方も多いですが、いざという時に後悔しないためにも原則加入しておくべきです。

今回は海外旅行保険の大切さや選び方、安く保険に加入する方法について紹介していきます。

海外旅行保険には入るべき?

冒頭でも紹介したとおり、海外旅行保険には原則はいっておくべきです。
ただでさえカツカツの旅行なのに、保険に金なんてかけられないよ…と思う方ほど、いざという時に困らないためにも加入しておいたほうが良いでしょう。

とはいえ、たかだか数日の旅行なのに、なぜ海外旅行保険に入っておくべきなのか?その理由を紹介していきます。

海外旅行保険の必要性1:海外の医療費はかなり高額

海外の医療費は日本とは違い高額になりやすく、アメリカではただ骨折をしただけで数百万円かかることも。ちなみにハワイでは盲腸の手術に260万円程度の費用が必要になります。

アメリカ人はわざわざ他国に行き、そこで治療をうけるという方もいるほどです。
訪れる国によって医療費は異なりますが、3割負担の治療費で済む国はほとんどないため、お金がない方ほど海外旅行保険への加入は必要になります

海外旅行保険の必要性2:いざというときにサポートが受けられる

海外旅行時に病気やケガにあった場合、予約方法や医師へ症状をつたえるコミュニケーション、どこの病院へむかえばよいのかなど、分からないことばかりです。そこで頼れるのが海外旅行保険のサポートセンターで、日本語で24時間電話サポートが受けられます

医師をはじめとした第三者への会話もサポートセンターに丸投げできるので、言語に不安のある方も安心です。

海外旅行保険の必要性3:海外の治安は日本よりも悪い

日本の治安はかなり良く、スリや交通事故の心配をしている方はほとんどいないでしょう。
しかし、南米やヨーロッパでは3,000円を盗むために強盗を働く人間もすくなくありませんし、国によってはお金を支払えば運転資格があたえられる所もあります。

交通事故や軽犯罪・重犯罪にまきこまれるリスクは日本よりも相当高くなるため、安全だと思い込んで海外旅行保険に加入しないのはとても危険です。
海外旅行時のスリ手口と対策はこちらの記事でチェックしてください。

海外旅行保険の補償内容は?

海外旅行保険の補償内容について、下記ではそれぞれ紹介していきます。
海外旅行保険の主な補償内容はつぎの6つで、特に上位2つは使用率が全体の約8割と高い補償内容になっています

    • 治療費用:旅行先でケガや病気にあったときの治療費
    • 携行品損害:スリや破損による損害費用
    • 救援費用:海外旅行に行った本人の家族が駆けつけるための費用
    • 賠償責任:他人やモノをケガ・破損させてしまった場合の費用
    • 傷害死亡/傷害後遺障害:ケガによって死亡、もしくは後遺障害がのこるさいに支給される費用
    • 疾病死亡:病気によって死亡したときに出る費用

上記の6つは多くの海外旅行保険にカバーされている内容ですが、そのほかにも「航空機寄託手荷物」という飛行機の荷物が遅れた場合に必要な生活品の購入費を補償してくれる保険会社もあります。

海外で窃盗に遭ってしまったときの対応は、コチラの記事をご覧ください。

海外旅行保険の選び方のコツは?

海外旅行保険の選び方には、後悔をしないためのコツがあります。
下記では、「補償内容が希望どおりか」「24時間対応」の2つに分けて紹介していきます。

補償内容が希望どおりか

海外旅行保険の選び方のコツ1つ目は、補償内容とあなたの旅行ニーズがマッチしているかどうかです。たとえば、手荷物しか持たずに3泊4日の旅にでるのに、「航空機寄託手荷物」の補償は必要ありませんよね。

それと同じでどの程度のサービスがうけられれば、安心して海外旅行をたのしめるか一度考えておきましょう。
面倒に感じるかもしれませんが、一度決めてしまえばそれ以降の旅行時にかなりラクになりますよ。

24時間対応や通訳サービスがあるか

海外旅行保険に大切なサービスが、24時間日本語で通訳サービスをしてくれるかどうかです
特に外国語に自信がない方は、このサービスがなければGoogleの翻訳機能等でやりとりしなければいけませんからね。

また、「キャッシュレス・メディカル・サービス」というサポートの有無も確認しておきましょう。これは高額な海外の治療費をたてかえなくても良い補償内容なので、万が一の疾病時にも安心ですよ。

海外旅行保険を安くする方法は?

海外旅行保険を安くする方法は必要な補償内容を見極めることですが、必ず入らなければいけないサポートは「治療費用」と「携行品損害」の2つでしょう。
上記の補償内容を満たしつつ格安でおさえられるサービスが、クレジットカードに付帯している海外旅行保険です。

クレジットカードについている海外旅行保険を利用する

クレジットカードによっては、海外旅行保険が付いているものがあります。
「治療費用」と「携行品損害」はほとんどのクレジット会社で補償されていますし、上手く利用すれば保険会社から出ている海外旅行保険にも負けないくらい手厚い補償が受けられます。

また、海外旅行保険への加入費用は0円なうえに、面倒な手続きが必要ない点も魅力です
上記で紹介した「キャッシュレス・メディカル・サービス」を補償しているカード会社も多いので、是非一度チェックしてみてくださいね。

「エポスカード」「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス」の2つは特におすすめで、サポートが手厚い上に2つを合算して補償を受けることも可能です。クレジットカードに付帯している海外旅行保険は保険会社のメーカーよりも、治療費の補償費用が安いというデメリットがあります。

しかし、「エポスカード」「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス」の料金を合算すれば、疾病治療費は570万円までカバーしてくれるので安心です。さらに追加したいという方は、疾病治療だけをカバーしている海外旅行保険もあるので、上手く利用して補填すると良いでしょう。

海外旅行保険はかならず入るべき

今回は海外旅行保険の必要性と選び方、安くするコツを紹介しました。
海外は日本よりも基本的に治安が悪く、ケガや事故に巻き込まれやすいうえに医療費が高くつくため、保険への加入は必須です。

選び方は「24時間対応」と「ニーズにあっているかどうか」を入念にチェックし、長期間の旅行でなければクレジット会社に付帯している保険がオススメになります。
0円でいざというときにサポートしてもらえる上に、カード会社によっては合算もできるため、補償内容も手厚くなるためです。

カツカツの状況で海外旅行に行く方ほど、海外旅行保険への加入はしっかりと検討してくださいね。

Moly.jp編集部

>>海外旅行に行くなら観光情報だけじゃない!<<
>>moly.jpで治安・防犯もチェック!!<<

関連記事

  1. 日常生活の中で子供を犯罪から遠ざけるためにできること

  2. 【仰天】こんな場所やあんな場所でもスリに遭う!?スリの手口大公開!!

  3. 【オドロキ事件簿】危害を加えない不審者への対処方法とは?〜パンツ仮面から考える対策方法〜

  4. 【今日の事件簿】19人犠牲のやまゆり園事件から3年。襲撃に耐えうる防犯はあるのか

  5. どこからがアウト? ストーカーの定義を知って自分の身を守ろう

  6. 【早撃ちマック】すれ違いざまに体液をかけて逮捕された男。類似被害は今も全国で発生している!

  7. 歓送迎会シーズン! 飲み会で起こりがちなトラブルと対処法

  8. 災害時に起こる犯罪被害から身を守る防犯対策

  9. その位置で大丈夫?映像解析をするための防犯カメラの正しい設置場所とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP