【犯罪だけじゃない】海外旅行では狂犬病にも要注意!適切な対処を知っていますか?

海外旅行時には感染症に十分注意しなければいけませんが、なかでも発症すれば100%死に至る狂犬病は要注意です。
本記事では正しい狂犬病の知識や、万が一噛まれた場合の対処法について紹介していきます。

狂犬病は海外では珍しくない感染症

海外旅行に長期間行くのなら、必ず狂犬病に関する知識と事前準備をしなければいけません。
日本では狂犬病に感染する危険性がないことから多くの方が無知ですが、海外では決して珍しい感染症ではないのです。

事実、下記の画像から見てもわかるとおり、日本・英国・スカンジナビア半島などを除く、ほぼ全域で狂犬病は発生しています

狂犬病発生状況

ここまで広範囲に分布している感染症もそう多くはありませんが、なによりも怖いのは発症後の致死率の高さです。
狂犬病は有効な治療方法がなく人間の脳や脊髄に甚大なダメージを与えることで、発症した段階でほぼ100%死に至ります

毎年狂犬病によって、多くの方が死んでいるのです。

年間の死亡者数推計 55,000人(うち、アジア地域31,000人、アフリカ地域24,000人)

引用: 厚生労働省

【ワースト5】海外旅行で足を踏み入れてはいけない都市とは・・・?

狂犬病は犬から感染するの?

狂犬病とはその名の通り主に犬から感染するため、野良犬が多く生息するアジア圏内は非常に危険です。タイ・フィリピン・マレーシア・ベトナムなど、日本人観光客に人気の国でも野良犬が怖かったという感想を良く耳にします。

アジア圏内に旅行する方は特に、野良犬に関する情報を集めておくと良いでしょう。
また、狂犬病は犬だけではなくキツネやコウモリ、アライグマ、サルもウィルスを保有していることが分かっているため、海外旅行では野生動物にそもそも触れ合わないように注意してください。

インスタ映え注意!海外旅行では撮影中にスキありっ!

狂犬病への対策はなにかあるの?

狂犬病への対策として、ワクチンによる予防接種があげられます。
噛まれる前に受ける予防接種「曝露(ばくろ)前免疫」は、初回の注射後から4週間後に2回目の予防接種をおこない、最後に6~12ヶ月後にもう一度追加接種をおこなう方法です。

噛まれた後に行う「曝露後免疫」は、初回(0日)を起点として、2回目(3日後)・3回目(7日後)・4回目(14日後)・5回目(30日後)・6回目(90日後)の計6回おこないます。曝露後免疫は健康保険や海外旅行時に加入した保険対象になりますが、曝露前免疫はすべて自己負担です

料金は12,000円~18,000円と高額なうえに受けられる病院も限られているため、長期間滞在する海外旅行者以外の方にとっては敷居の高い予防対策だと言えるかもしれません。

狂犬病にかからないためには野生動物と触れ合わないこと

狂犬病は空気感染はありませんが、噛まれなくても傷口を舐められるだけで感染するリスクがあると覚えておきましょう。
そのため、海外旅行時には野生動物に近寄ったり、触らないことを必ず守ってください

上記でも紹介したとおり、狂犬病はイヌだけではなく、キツネ・コウモリ・アライグマ・サルも狂犬病のウィルスを保有しています。人懐っこく、愛くるしい見た目をした動物もいますし、日本ではなかなか出会えないだけに癒やされることも多いでしょう。

旅の思い出にしたい気持ちも分かりますが、その光景を楽しむのは離れた安全な距離からにしてくださいね

【知得】窃盗は英語でなんと言う?海外で窃盗被害にあった時の例文や携帯品損害の請求手順とは

海外旅行時にイヌなどの野生動物に噛まれた場合の対処法

海外旅行時に予期せぬ出来事で野生動物に噛まれたり、引っ掻かれた際の対処法を覚えておきましょう。

狂犬病の通常の潜伏期間は20~60日程度ですが、傷口の箇所や範囲、ウィルスの量によっては数年後に発症するケースも確認されています。そのため、感染していないかどうかの自己判断は止めて、まずは迅速に以下の対応をとってください。

15分以上流水で洗い流す

狂犬病は致死率が100%と非常に凶暴性の強いウィルスですが、実はかなり弱いウィルスなので石鹸や消毒液を使用して15分以上洗い流すだけでもかなり効果的です。

24時間以内にワクチン接種をおこなう

予防接種をおこなっていない方は、24時間以内に上記で説明したとおり計6回のワクチン接種が必要です。一方で、予防接種をすでに済ませている方は当日と3日後の2回追加接種をおこなうだけで治療は終了となります。

予防接種の有無で治療方法が大きく変わるため、長期滞在する方は曝露前免疫を済ませておくだけでリスクが格段に下がるのです。

噛んだ野生動物を覚えておく

狂犬病にかかったイヌなどの小動物は感染から10日以内に死に至ります。そのため、狂犬病を持った個体かどうかは、10日後まで生きているかどうかで判断することができるのです。

狂犬病の菌が感染しているかどうかのチェック方法の一つとして覚えておきましょう。

海外旅行は“保険”には入るべき?保険加入も防犯対策のうち!!

まとめ

今回は海外旅行時に注意するべき感染症のなかから、狂犬病について解説しました。日本国内では感染リスクが限りなく低い狂犬病だけに、その正しい知識を持った方はほとんどいないのが現状です。

しかし、海外では冒頭でも紹介したとおり、ほとんどの国で狂犬病に感染するリスクがあります。旅行や仕事などにかかわらず1ヶ月以上海外に滞在するのであれば、曝露前免疫をしておくことを強くおすすめします

いざという時に狂犬病からアナタを守ってくれるのは、現段階では予防接種と万が一噛まれた時にできる対処法だけです。安全に海外旅行を楽しむためには、リスクヘッジが何よりも大切だということを覚えておきましょう。

>>海外旅行に行くなら観光情報だけじゃない!<<
>>moly.jpで治安・防犯もこちらでチェック!!<<

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 海外旅行に行くなら防犯対策は必須!スリにあいにくいバッグとは?

  2. 【感動】自殺をしようとした男子生徒を〇〇〇で救ったお話

  3. 【お手柄】ピザの注文を”〇〇〇”と判断した911オペレーター、事件解決に貢献!

  4. 【海外のバカッター】勤務先の銀行から18回も現金を盗んだ男、○○で犯行がバレる

  5. 海外旅行に行く人必見。スリにあわないバッグと対策で楽しい旅行を!

  6. 【プレイバック変態】海外の地下鉄に出現した「踊る上級変態紳士」を覚えているか?

  7. 【リュックは大丈夫?】必ずしなければならないスリ対策!!

  8. 【社会問題】月120ドルで7人を養う極貧生活での涙の万引きが生んだ支援の輪

  9. ハイジの国スイスは女性の一人旅もできる?治安と防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP