【美しい5選!!】トルコの最大都市イスタンブールを観光するときに注意点とは

ヨーロッパとアジアの文化が入り交じるトルコの最大の都市であるイスタンブール。
今回はイスタンブールにある宮殿やバザールなどのオススメ観光スポットや、旅をする前に知っておくべき注意点を紹介していきます。

トルコのイスタンブールに訪れる際の注意点

シーズンを通して気温の変化が小さく、多くの観光客が足を運んでいるトルコの最大都市イスタンブール。
2016年にはテロが発生し、危険エリアに指定されていましたが、現在はセキュリティの向上により安全に旅行が楽しめるようになりました。

まず下記ではトルコのイスタンブールを訪れるさいに知っておくべき注意点を紹介していきます。

スリや置き引きには要注意

トルコの最大都市イスタンブールでも、スリや置き引きなどの軽犯罪には注意が必要です。他国同様に、観光スポットや公共機関など人が集まる場所にはプロの犯罪集団が潜んでいるリスクがあります。

観光客がターゲットになることも多いため、スマホやカメラなどの貴重品を手に持って行動しないなど、最低限のスリ対策はしっかりおこないましょう。

海外旅行!ショルダーバッグにどのような防犯意識が必要? こんな些細な心構えがリスクを最小限に留めてくれる

現地人には要注意

親日家として知られているトルコだけに、多くの方が親切かつ優しく話しかけてくれます。日本語を話せる方も多いので安心して観光を楽しめますが、声をかけられて入ったバーでぼったくり被害に遭うというケースも過去に発生しています。

いくら優しい印象を受けても、現地人について行かないようにしましょう。また、日本人女性を対象にした結婚詐欺も発生しているので、ひとりでトルコ旅行に訪れる方は注意が必要です。

トルコのイスタンブールにあるオススメの観光スポット

イスタンブールの注意点について解説しましたが、ここからはオススメ観光スポットを紹介していきます。

ブルーモスク

トルコのイスタンブールで最も有名な観光スポットであるブルーモスク。
モスクとは礼拝堂のことを指し、ブルーモスクは世界で一番うつくしいと評されているモスクです

外観は重々しい印象ですが、その内部の天井や壁には繊細かつ鮮やかな装飾がほどこされていて、多くの方が心を奪われています。
1日に5回おこなわれる礼拝の最中に観光客は立ち入ることができませんが、礼拝がおこなわれるチューリップ柄の絨毯も美しいことで有名です。

靴はぬいで入らなければいけないので、事前に靴袋を持参すると良いでしょう。また、観光に適した時間は人混みや礼拝とかぶらない朝8~10時ごろがベストなので、ブルーモスクは最初に訪れる観光スポットとしてオススメです。

バシリカ・シスタン(地下宮殿)

バシリカ・シスタン(地下宮殿)とは、水を大量に貯蔵する水槽としての役割を果たす地下宮殿です
中庭があり過去には裁判をおこなわれる場所として使われていましたが、東ローマ帝国時代からは貯水地として使われはじめました。

大理石の柱によってつくられた地下宮殿は、オレンジ色に照らされていることでより幻想的な世界となっていて、その美しさから世界遺産にも登録されています。また、バシリカ・シスタンの見どころは、目をあわせたら石にされることでおなじみのメデューサ像です

肌寒く静けさが広がる地下宮殿にあるメデューサを是非ごらんください。

エジプシャンバザール

たくさんのお店が並ぶバザールとして、観光客だけでなくイスタンブールの方たちにも深く愛されているエジプシャンバザール。

イェニ・ジャーミィから近く、香水や石鹸、香辛料などの食材を購入することができるほか、お土産として人気の高いローズ・ウォーターも販売されています

その他にトルコ特有の小物類もたくさん販売されているので、トルコのお土産を購入する場所としてもオススメです。

トプカプ宮殿

イスタンブールの古代遺跡の一つであるトプカプ宮殿は、15世紀から19世紀までオスマン帝国の君主が住んでいた宮殿です。トプカプ宮殿の奥にある高台から一望できる、金角湾やマルマラ海、ボスポラス海峡などのロケーションが魅力の一つ

ヴェルサイユ宮殿などと比較すればその外観は地味ですが、トプカプ宮殿の敷地はチューリップなどでカラフルに彩られた庭園で、自然とのつながりを大切にしています。

美しいロケーションの他にも、80カラット以上のダイヤモンドや、大きなエメラルドが埋め込まれた「トプカプの短剣」などの宝物庫が有名です。山のようにある宝石からいかにオスマン帝国が栄えた宮殿だったのか、良く分かるでしょう。

ガラタ塔

イスタンブールのカラキョイ地区にあるガラタ塔は、石造りで9階建て、高さは66.9mとあまり高くないですが、丘の上にあるだけにイスタンブールの街並みを360℃楽しむことができます。もともとガラタ塔はビザンチン帝国時代の528年に、灯台として建設したのがはじまりです。

一度は第4次十字軍遠征によって破壊されましたが、1348年に再建されたという歴史があります。
日中に訪れるのはもちろんですが、日没にライトアップされたガラタ塔と、暖かいオレンジの明かりに輝くイスタンブールの街並みを是非ごらんください。

これだけでもトルコに来てよかったと思える景色が堪能できるはずです。

まとめ

今回はイスタンブールの基本情報とオススメ観光スポットを紹介しました。

注意点としては「ホテルの予約不可」「スリや置き引き」「ぼったくりバーや結婚詐欺」などですが、あらかじめ犯罪手口を理解しておけばそこまで心配する必要もありません。

トルコのイスタンブールの観光スポットは、他の国ではみられない美しい街並みとセットで楽しむことができます。女性ひとり旅としても訪れる方が多い国トルコに、一度足をはこんでみてはいかがでしょうか。

海外旅行もこの“6選”さえあれば安心!?防犯にも役立つ便利なアプリとは

Moly.jp編集部

>>海外旅行に行くなら観光情報だけじゃない!<<
>>moly.jpで治安・防犯もこちらでチェック!!<<

関連記事

  1. 地域を支える防犯パトロール

  2. 事故物件から学ぶ防犯対策!

  3. 【注意】満員電車でスマホを覗かれる?ストーカー被害のきっかけにもなる危険な状況とは

  4. 防犯パトロールで犯罪現場に出くわしたら?

  5. ドアを防犯仕様に。

    ドアを防犯仕様にして犯罪被害を未然に防ぐ!

  6. 【注意喚起】ハロウィンでリアルなメイクはご用心〜ハロウィンで気をつけることとは〜

  7. 【その発想があったか!】ハリケーンで連絡が取れない祖母と○○を使って安否確認?

  8. 窃盗の時効を理解した上で被害届を提出しよう

  9. 【台湾】怪しすぎるだろ!車の下に隠れて盗撮する人を女子高生が発見

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP