【スキミング注意】海外旅行には複数枚のクレジットカードを持っていくべき理由とは?

海外旅行に行くなら必ず持ち歩かなければならないクレジットカード。
複数枚用途にわけて持ち歩くべきでずが、どれを持っていけば良いのかイマイチ分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は海外旅行時におすすめのクレジットカードや選び方、注意点を紹介していきます。

海外旅行に持っていくクレジットカードの選び方

海外旅行時に持ち歩くクレジットカードの選ぶポイントは、「買い物」「旅行の質をあげる」「海外旅行トラブル」の用途別にわけるということです。

海外の店舗で使えるクレジットカードはVISAカード

クレジットカードには複数の国際ブランドがありますが、そのなかでもVISAカードは群を抜く使い勝手の良さがあります。
なぜなら、カード払いに対応している店のほぼ100%がVISAに対応しているからです。

JCBも対応している店舗は海外に多くありますが、買い物の面ではVISAカードに勝るクレジットカードはありません。

三井住友VISAカード

海外で使えるクレジットカードといえば、やはり三井住友VISAカードが第一候補にあがります。
世界中の国に行っても、これ1枚で対応できるので面倒くさがりの方にもピッタリのクレジットカードです。

また、三井住友VISAカードは海外旅行傷害保険にも対応しています
万が一旅先でケガや事故に遭い、外国で治療を受けたときには治療費をクレジットカード会社に申請することができるのです。

さらに海外では治安の良し悪しにかかわらず、スリや置き引きが多発しています。
三井VISAカードは紛失等のトラブルにも対応しているため、「買い物」だけではなく「海外旅行トラブル」にも対応している使い勝手の良いクレジットカードだと言えます。

海外旅行の質をあげるクレジットカード会社は?

クレジットカード会社によっては、本来は会員しか利用できない海外の空港ラウンジが無料で使えるサービスを提供している会社もあります。
空港によってその質は変わりますが、高級ラウンジほど海外旅行の質が上がることは言うまでもありません。

下記では、「旅行の質をあげる」というポイントでオススメのクレジットカード会社を紹介します。

楽天プレミアムカード

楽天なのに海外旅行?と疑問に思うかもしれませんが、VISAをチョイスすればかなり使い勝手の良いクレジットカードです。
「買い物」の面ではもちろん、海外の空港ラウンジもプレミアムカードの保有者であればプライオリティパスの会員証が無料発行されるという特典があります。

プライオリティパスの会員証は通常であれば年間399ドル、つまり日本円にすると4万円以上かかる会員証です。
一方で楽天プレミアムカードは年会費1万円(税別)なので、なぜかここで3万円弱の差額がうまれます。

さらに楽天プレミアムカードは「海外旅行トラブル」にも対応していて、万が一のケガや事故に巻き込まれても手厚い補償が利用可能です。楽天プレミアムカードは「買い物」「旅行の質をあげる」「海外旅行トラブル」の3つに対応しているクレジットカードだと言えます。

海外に行く前に知っておくべきクレジットカードの注意点

海外に行く前に知っておくべきクレジットカードの注意点を紹介します。

海外旅行時には複数枚クレジットカードを持っていく

海外旅行に行くなら、複数枚のクレジットカードが必要不可欠です。
仮にクレジットカードが1枚入ったサイフを盗まれたとしても、予備のカードがあれば生活に困ることはありません。

もちろん、盗まれたカードの利用停止の手続きは迅速に済ませてくださいね。
複数枚を選ぶポイントは、持ち歩くカードの種類を分ける(VISAとMasterCardなど)ことが大切です。

なぜなら別のカードでもどちらもVISAならキャッシングの限度枠が共有しているため、万が一スリに遭って限度額まで金額を抜かれた場合は利用できなくなります。
いざという時のためにも、カードのブランドは別々の種類を持ち歩くようにしてください。

クレジット情報を狙った犯罪に要注意

国によって異なりますが、ATMが路上にある環境の国も少なくありません。
ただし外国ではひったくりや強盗の他に、スキミング被害にも注意が必要です。

これはカード番号や有効期限を盗み取られ、違法利用されるという手口になります。
店舗型(スタッフが在中している)ATMを利用したり、手で隠しながらカードを差し込むなどの対策がありますが、それでも完全にスキミングを防げるわけではありません。

スキミング被害に遭ったときのためにも、予備として複数枚のクレジットカードを持っていくことは大切なのです。

海外旅行保険は自動付帯か利用付帯か

海外での医療費は日本では考えられないほど高額になるケースが非常に多く、アメリカでは骨折でも200万円以上の治療費に達することがあります。
そのため、海外旅行時の保険は必要不可欠ですが、本記事ではクレジットカードに付帯している保険があると紹介しました。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の注意点として、それが「自動付帯」か「利用付帯」かどうかという点があります。
自動付帯とは持っているだけで保険が適用される保険内容で、利用付帯はチケットなどの旅行費用に利用していれば適用されるという仕組みです。

もし自動付帯と利用付帯の両方を持っているなら、チケットの購入は利用付帯でおこなってください。
そうすれば両方の保険会社を利用できるケースも少なくないため、より手厚い保証が受けられるカタチになります。

まとめ

今回は海外旅行時にオススメのクレジットカードの種類と注意事項を紹介しました。
海外旅行時には、スリやスキミング対策として、複数枚かつ別ブランドのクレジットカードを持ち歩くようにしてください。

また、選ぶポイントは「買い物」「海外旅行の質を上げる」「海外旅行のトラブル」の3点。
上記の条件を満たしているクレジットカードとして、「楽天プレミアムカード」と「三井住友VISAカード」があげられます。

海外旅行時には慣れない環境だけにどんなトラブルに巻き込まれるか分かりません。
万が一のことを考えて、クレジットカードの準備もしっかりと万全にしておきましょう。

Moly.jp編集部

>>海外旅行に行くなら観光情報だけじゃない!<<
>>moly.jpで治安・防犯もこちらでチェック!!<<

関連記事

  1. 【要必見!】露出狂と出会ってしまった時に取るべき3つの選択肢

  2. 【注意】70歳の男、80代の女性宅に侵入した目的は…

  3. 簡単にできる?自宅のカギの強化方法

  4. 【迷惑】泥酔した男が自宅に侵入。意外に多い?酔って他人の家に入っちゃう話。

  5. 【mamorino】塾や習い事で帰りが遅くなる子どもを守るための防犯対策をチェック!

  6. 砂利の音で不審者を撃退!防犯におすすめ防犯砂利は?

  7. 【セクハラ】青春よりも「性春」を味わいたい?セクハラ常習顧問

  8. 「オートロック付き女性専用マンション」だからといって油断しちゃダメ!

  9. 女性が実践したい! 引っ越し前後の防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP