【海外旅行に適したファッションとは?】事前の服装チェックも防犯対策のひとつ!

海外旅行に行くなら映画のワンシーンのようにステキな服に身を包みたくなりますが、そんな観光客丸出しの服装で歩いていたら、予期せぬトラブルに見舞われるリスクが高まるかもしれません。

そこで今回は海外旅行時に気をつけるべき服装の注意点や洋服選びのコツを紹介していきます。

海外旅行時に好きな服装はNG?

オシャレな服装をして海外旅行にでかけたくなる気持ちは仕方がありません。インスタに投稿するなら、なおさら自分の姿をステキにしたいですもんね。

しかし、あまりにも張り切りすぎてしまうと、現地人からすれば「悪目立ち」した観光客になってしまいます。ただでさえ日本人=お金持ちというイメージが他国では強いだけに、ブランド品や派手な服装に身を包むのはNG行為。

日本国内と同じ感覚でいるとスリや置き引きなどの軽犯罪はもちろん、強盗やレイプなどの大きな犯罪に巻き込まれるリスクも上がってしまいます。悪目立ちを避けるためにも、海外では「普通」かつ「動きやすい」格好を意識して服装を選んでください

インスタ映え注意!海外旅行では撮影中にスキありっ!

女性は肌を隠さなければいけない国も

イスラム圏の女性は肌の露出を禁止されています。頭髪、つまり頭皮すら隠している国で肌を出して歩いていると、それだけで現地の男性からはたくさんの視線を集めてしまいます。

イスラム圏では「太もも=性的部位」のため、ショートジーンズを身につけて行動している観光客は目のやり場に困ると現地人から聞いたことがあるほどです。行く国によっては、大きく服装を変えなければいけないということを覚えておきましょう。

Tシャツの柄や文字にも注意が必要

意外と注意しなければいけないのが、Tシャツの柄や文字です。日本では当たり前のように着られているガイコツや国旗がデザインされた服装は、他国では原則着ないようにしましょう。

また、英語で書かれたいわゆる「英語Tシャツ」もとてつもなく恥ずかしい意味かもしれません。

もはや悪意しかないようなTシャツも無限に存在しているので、海外旅行時には無地の服装を選ぶのが無難です。

海外旅行時の服装選びのコツ

海外旅行の準備のほとんどは、服装を選ぶことが中心ですよね。上記でも紹介したとおり、海外では派手な服装やミニスカなどは国に関わらず着ないのが無難です。

その上で、海外旅行時の服装の選び方を紹介していきます。

現地人の格好を調べる

現地人の格好を知れば、それだけで悪目立ちすることはなくなります。完璧に真似る必要はありませんが、できるだけ現地人の服装を近づけることで移住した人間に見せることができるのです

もちろん現地で洋服を購入したほうが安全ですし、文化が違うほどインスタ映えもするでしょう。旅グラマーの多くが現地の格好をしているのには、複数のメリットがあるということです。

気温差をチェック

海外では日本以上に温暖差が激しい国が多くあります。

昼は暑すぎて、夜は寒すぎて体調を崩してしまったということにならないように、必要であればカーディガンやウインドブレーカーを1枚持ち歩くようにしましょう。荷物としてもかさばりませんし、体温調整にも便利なアイテムなので、海外旅行時には用意しておいてください。

荷物を軽くするならジーンズNG

ジーンズは動きやすく便利なイメージが強いですが、海外旅行時には「荷物としてかさばる」「長時間のフライトには向かない」などのデメリットもあります。荷物として持ち歩くにも、着て移動するにもあまり適してはいないのです

ノースフェイスから出ている「リッジパンツ」は日常でも旅行にも重宝するアイテム。動きやすく、かさばらないパンツを探している方は1枚用意してはいかがでしょうか。

海外旅行!ショルダーバッグにどのような防犯意識が必要?

他国ですると浮いてしまう服装

日本ではあたり前の格好でも、海外ですると浮いてしまう服装があります。NG行為というわけではありませんが、“日本人が歩いている”と自己主張しているようなものなので、防犯対策もその分しっかり行ってください。

日傘は日本人特有の風習

日傘はズバリ日本人特有の風習です。海外では傘は雨から身を守るもので、日差しを防ぐものではありません。

また、紫外線を防ぐために長袖を着るのも、国によってはかなり悪目立ちしてしまいます。もちろんせっかく守ってきた美肌を海外旅行で崩すのはもったいないので日傘をやめろというわけではありませんが、注目される行為だという自覚は持つようにしてください。

ブランドアイテムや貴金属は身につけない

ブランド信仰という批判的な言葉を見聞したことのある方も多いと思います。海外では“ブランドを身に着けて観光する日本人は格好わるい”という批判もありますが、それ自体は特に気にする必要はないでしょう。

自分の服のセンスについて、他人にとやかく言われることではありません。しかし、やはりスリや置き引きなどの犯罪者には目をつけられやすくなることを忘れないでください。

オシャレを楽しむためにはそれなりのリスクを伴ってしまうのが海外です。あなたが安全第一で旅行を楽しみたいのなら、海外旅行に適した格好を意識して行動することをオススメします。

海外旅行に行く人必見。スリにあわないバッグと対策で楽しい旅行を!

まとめ

今回は海外旅行時の服装について紹介しました。悪目立ちをしないために、動きやすさを重視した地味な格好を意識するようにしてください。

インスタ映えしたい方も現地の市場で洋服を揃えて、独特な雰囲気のある写真を撮っても良いでしょう。せっかくの楽しい海外旅行をトラブルなく終えるためにも、自身の服装には十分注意したうえで防犯対策もおこなうようにしてください。

【知得】窃盗は英語でなんと言う?海外で窃盗被害にあった時の例文や携帯品損害の請求手順とは

>>海外旅行に行くなら観光情報だけじゃない!<<
>>moly.jpで治安・防犯もこちらでチェック!!<<

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 泥棒の手に鍵が…渡らないために今すぐやるべきこととは?

  2. 置き引きへの対策、本当に対策をする意味はあるの?

  3. 防犯カメラと照明器具をセットで設置すれば防犯力が倍増!

  4. 窃盗の手口を知って所持品を泥棒から守ろう

  5. 【見たことある】ゾウのポスターがあなたを助ける?コンビニの地域サービスが拡大中!

  6. 泥棒から我が家を守るために窓やサッシへの防犯対策をしよう

  7. “ホンマでっか!?TV”で語られなかった裏話と+αの対策とは

  8. 放火による火災は立派な犯罪!必要な防犯防災対策とは?

  9. 花火大会で注意すべき防犯対策とは

    【SNSも要注意】花火大会で思わぬ被害に遭わないための防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP