防犯メディアの社長が防犯設備士試験を受験したら、テキストが分厚くてちょっとビビった話

社長が防犯設備士の資格に挑戦!

Molyの河合です。おかげさまで防犯のメディア「Moly.jp」はたくさんの方々に見てもらえるようになってきました。アクセス数は5月は20万UU(ユニークユーザー)、6月には30万UUを超えました。Moly.jpが急成長している中で、私も自らの視野を広げ、様々な局面に対応できるように、以前Moly.jpでも取り上げた防犯設備士という資格にチャレンジしてみました。

先に結論から話すと、防犯設備士の試験に無事合格し、先日資格者証も届きました。難易度としては、1ヶ月事前に勉強しておけば合格できる内容でした。ネット上でもいくつか防犯設備士に関する情報がチラホラでていますが、どれが正確かわからない。防犯設備士の試験を受けた感じや試験内容、事前対策などについて個人的に感じたことやあまりネットなどで出ていない情報も書いていきます。ここ読んでおけば防犯設備士の試験については全部わかる!というくらいに思いついたことや気になったことを書いていきたいと思います。

防犯設備士について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

防犯設備士とは?

別の記事でもう少し詳しく記載していますが、「防犯設備士」とは、公益社団法人日本防犯設備協会(日防設)が認定する「防犯の専門家」の資格です。当初は防犯装置や防犯設備の設計・施工・維持管理に関連する知識が中心だったのですが、最近では犯罪情勢の変化や体感治安の悪化に伴って、特殊詐欺対策やサイバー犯罪、そして街の安全に関する領域に知識やアドバイスが求められるようになってきています。Moly.jpで普段取り扱っている生活上の防犯という領域にも関連する部分は多くありました。

防犯設備士の試験範囲

防犯設備士の試験範囲はこんな感じです。

  • 防犯の基礎(昨今の犯罪情勢や手口、防犯の基礎知識など)
  • 電気の基礎(電気の基礎知識を通じて、防犯装置の電気知識を養う)
  • 設備機器Ⅰ(侵入警報設備の仕組みや設置についての基本知識)
  • 設備機器Ⅱ(防犯カメラ設備、出入管理設備、インターホン設備、不正持出し監視設備、防犯グッズに関する仕組みや知識)
  • 施工及び維持管理(防犯装置を施工、設置するにあたっての知識や、運用、維持管理についての知識)
  • 設備設計(店舗、事務所、工場、集合住宅、家屋などの防犯装置の設計を実務的に行うにあたっての設計方法)

 

(って、めっちゃ範囲広い。。。)

 

私は防犯について、最近の情勢や防犯対策、サイバー犯罪や特殊詐欺とか最新の事例の部分についてはとても自信があったのですが、その他ほとんどの範囲である電気や設備の詳しい内容や施工、設計などは完全に未知の領域でした。これは合格できないかもと、少し嫌な予感が頭をよぎりました。

防犯設備士の受験のための申し込み

防犯設備士の受験の申し込みは、日本防犯設備協会のWebサイトからインターネット経由で行うことができました。ネット経由で申し込みをすると、後日、日本防犯設備協会から「防犯設備士養成講習・資格認定試験」の受験申請書と受験案内が送られてくるので、受験料を振込んだのち申請書を出して申し込みは完了です。

防犯設備士 試験のご案内(日本防犯設備協会)

受験料のことを考えたら、ネット経由でライトに申し込み→その後本受験申請という流れは離脱率が下がるいいアイデアだと思いました。そのうち電子決済を使って、ネットでもっと簡単に一括申込みできるようになると良いと思いました。

防犯設備士のテキストが届く

受験申請をして、しばらくすると自宅に試験のテキストが届きました。

 

(ぶ、分厚い!)

 

防犯設備士のテキストが326ページ。そして防犯設備士の資料編が244ページ。とりあえずテキストを開いてパラパラっと流し読みしてみたのですが、まったくわからない・・・。

また、同梱されている「事前提出レポート」という穴埋め式の問題集も15ページあり、これもしっかり記入した上で試験当日に提出しなければなりません。

少し気分が楽になる話をすると、資料編の範囲は試験には出なかったので、ご安心ください!(ここ重要)

とりあえずテキストをそっ閉じして、勉強をどうやってやっていくか計画を立てました。

防犯設備士試験の勉強

精読するには、仕事時間外に毎日1〜2時間ぐらい確保しつつ読んで約1週間。事前提出レポートは試験直前1週間前ぐらいから各セクションごとに進めて、受験に臨む。ということを計画しました。

ちなみに「事前提出レポート」の勉強範囲は、試験日前日に行われる防犯設備士養成講習で触れられない「防犯の基礎」「電気の基礎」+事前に勉強しないと太刀打ちできない「防犯図記号」についてとなっており、これだけでテキスト15ページ分です。大体の方が正味1ヶ月ぐらいの期間で試験に臨まれると思いますが、正直なところこの事前提出レポートが終わるぐらいの範囲で試験に臨んでしまう方も結構多いと思います。あと他のブログでも見ましたが、この部分だけ集中的に勉強してしまうケースもありそうです。

そうした方のために、レポートで触れられていない「設備機器」「設備設計」「施工」「維持管理」は講習で、改めてわかりやすく講義してくれます。ただし、経験から言うと、防犯設備の知識がない人の場合、防犯設備士養成講習を受ける前にテキストをしっかり熟読しておかないと、何を言っているかまったく分からないと思います。

電気の基礎知識とか、何十年ぶりに見ました。これも普段から携わってる方からすれば何てことはないでしょうが、電力W(ワット)とか抵抗Ω(オーム)、電流A(アンペア)とか直列、並列とか、オームの法則とか久しぶりすぎて違う世界の言語を見ているようでした。

あと先ほどちょっと書きましたが、「防犯図記号」。これはちょっと本当に暗記しなければいけません。同じ記号なのに、利用する設備が違うために違う装置になっていたりと紛らわしいのも多いですが、なんとなく法則性を見つけて覚えていくと良いです。こればかりは何度も書いたりしながら覚えていく必要があります。

他サイトでもたくさん書かれていたかもしれませんが、テキストをそれこそ何度でも何度でも読みこんでおくのが合格の近道だと感じました。

防犯設備士養成講習

この防犯設備士の試験、2日間にかけて事前の「養成講習」というものがあります。1日目の要請講習はみっちり朝の9時から夕方5時まで。2日目は、試験が午後から行われるので、その午前中に行われます。今回の場所はベルサール新宿という場所でした。1階と2階のホールを使っているらしく、私は2階の部屋が講習と試験の会場となりました。試験会場は撮影禁止となっていたので、部屋の中の写真はありませんが、いたって普通の広いセミナールームのような場所でした。大きなスライドがあって、3列3人がけの机がずらーっと並んでいる部屋です。

防犯設備士養成講習の内容は、テストに出そうな箇所を線で引いてくれていたり、具体的な事例として話をしてくれたり、結構わかりやすかったです。声の小さい講師がいたとかそういう情報もありましたが、マイクを使っていてしっかり内容は理解できました。スライドが人によっては後ろの方だと見づらいとかあるかもしれないので、可能ならなるべく前の方に座った方が良いと思います。講習は決まった席は無く、先着順で好きなところに座れるようになっていました。

スライドについては、資料の共有はしてもらえないのでテキストに直接マーカーを引いたり、メモとったりすることも大事です。

さすがに、「ここはテストに出ます!」とは言われませんでしたが、マーカーを引いたところはほとんど出題されたと思います。ただし、「ここ全部チェックしといてください」などと言われてマーカー引くことも不可能な広い範囲のところは、丸暗記もしくは熟読して理解をしっかりしておくぐらいの状態にもっていくのが大事です。

試験が終わってからの感想となりますが、養成講習はしっかり真面目に聞いておけば、聞いた分だけ試験の得点につながっていると思います。講習に出ている範囲の方が自分としてもしっかり得点できたと思います。(講習で話されなかった部分はテストでは出題されなかったです。)

養成講習1日目終了後

ここの時間の使い方は本当に重要だと思います。翌日は試験なので、試験勉強にまとまった時間がとれる最後の日となります。一夜漬け派の方達もこの日ばかりは集中するのではないでしょうか。

まず養成講習1日目でやった範囲のテキストをしっかり読みこんで理解することが大事だと思います。特にマーカーが引かれていたポイントは最低でも前後の文脈含めて理解を深めておくと良いです。

あと自分はできなかったことなのですが、可能なら養成講習で触れられない事前提出レポートの範囲の通読、苦手な部分の読み込みをされた方がよいと思います。防犯設備の設計施工をやられている方は、「防犯の基礎」部分の抑えをしっかりやると良いと思います。犯罪情勢や最新の手口、特殊詐欺など普段あまり触れることのない領域を重点的にやる時間に充てると良いと思います。

逆に私は「防犯の基礎」は得意だと思っていたので、軽く流していたのですが、実は本番でそれが痛い目を見る羽目に。。。

試験当日の話や試験内容については、後編の記事で詳しく書いていきます。

関連記事

  1. 【番外編】防犯だけじゃなく防災も!1月19日にチェックしたい防災のこと!!

  2. 私が振り込め詐欺師になって逮捕されるまで4〜架空請求詐欺の次は霊感商法詐欺に手を染めました〜

  3. 私が振り込め詐欺師になって逮捕されるまで2〜元詐欺師が語る架空請求の手口とは〜

  4. 防犯グッズ大集合「SECURITY SHOW」潜入レポート

  5. 女性の夜道を楽しくする「しっぽコール」開発者 奥出さんインタビュー

  6. 【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜

  7. 【実験】Twitterで国際ロマンス詐欺DMが来たので騙されてみた(中編)

  8. 【独自取材】女子大生の声を聞く~性犯罪被害の申告率の実態〜

  9. 「トイレが詰まった!警察がなんとかせえ!」5件に1件がイタズラや相談の110番の現状

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP