ベランダの対策が重要!空き巣犯が嫌う家を作りとは

空き巣犯が姿を現しやすい箇所は、ベランダがひとつに挙げられることをご存知でしょうか。ここではベランダを中心とした防犯対策の心得や、防犯ガラスを中心とした防犯グッズのご紹介もしていきます。

空き巣犯はベランダからの侵入が多い

空き巣といえば、玄関扉のカギをピッキングして侵入することを想像される方が多いかもしれません。

しかし玄関扉のカギに関しては、防犯性の高いカギの登場によりむしろ大幅な減少をみせており、近年では窓からの侵入が圧倒的に多くなっているのです。なかでもベランダはとても侵入がしやすい場所です。そのため空き巣対策をするにはまず、ベランダの防犯対策も大きなポイントです。

侵入されにくいベランダのポイントとは?

空き巣対策をするには、まずベランダを考慮した物件選びから腰を据えて考えることも大切です。すでにお住まいの住宅の防犯対策であっても、どのようなベランダが狙われやすいのかの参考にもなるので、確認していきましょう。

壁が高いベランダ
格子状ではなく、壁が高い、さらに2階以上にお住まいのベランダは注意が必要です。

2階以上の高い位置では外から空き巣犯の姿が確認しづらいので、かがんでしまえば姿を完全に隠すことができます。2階以上のベランダへの侵入は難しいと考えられがちですが、大通りに面しており、明るい時間であった場合に限定される話です。人通りもなく、夜の暗がりに姿をまぎらせれば、空き巣犯にとって2階への侵入は障害になりません。とくに周囲に電柱がある物件は注意が必要です。

外から見えにくい箇所のベランダ
一戸建住宅のベランダも同じですが、周囲から確認が難しい箇所にあるベランダは空き巣犯が姿を隠しやすくなります。当然、好んで侵入経路として選ばれやすくなります。

これから物件を選ぶ方はここにも着眼点を向けてほしいのですが、すでにお住まいのベランダの防犯対策を考えている方の方が多いと思います。これからご紹介するベランダでの防犯対策を、この外から見えにくい箇所のベランダに集中させることをおすすめします。

防犯グッズを活用しよう!

空き巣犯に簡単に侵入を許さないためには、カギや防犯カメラはもちろん、窓ガラスそのものの強化も欠かせません。ここではベランダでの防犯対策に役立つ防犯グッズをご紹介します。

防犯フィルム
本格的に取り付ける必要がある防犯ガラスとは違って、防犯フィルムは数千円ほどから手軽に購入することができて、さらに自分で取り付けられることも大きな魅力です。

今お使いの窓ガラスにこの防犯フィルムを貼れば、窓ガラスそのものが強化されます。これにより「ガラス破り」によって侵入されるリスクが減少します。ガラス破りとは読んで字のごとく、ガラスを破って手を差し込みクレセント錠を回すという、空き巣犯がもっとも得意とする手口のひとつです。

防犯フィルムを窓ガラスに貼ることで、ガラス破りにかかる時間を大幅に稼げるようになります。時間がかかることを嫌う空き巣犯はプレッシャーを感じるようになり、姿を見られる可能性を意識します。
また防犯フィルムが貼られている窓ガラスは、大きな音を立てて何発も衝撃を加えなければ破れなくなるのです。極力姿を見せたくない空き巣犯は、防犯フィルムが貼られていると気づくだけでターゲットにするのを、その多くがやめるといわれるほど防犯効果があります。

補助鍵
ベランダのカギ対策には手軽にできる補助鍵もおすすめです。100円ショップなどで手軽に入手もできて、簡単に二重ロックができあがります。

補助錠による防犯対策は一見すると弱いようにも感じますが、解錠するまでの時間を大幅に稼ぐことで、長時間犯人の姿が目立つように仕向けます。姿が目立つことをなによりも嫌う空き巣犯は、5分以上の侵入時間が推測されれば約70パーセントが侵入をあきらめるといわれています。

防犯カメラ
予算に余裕があるのであれば、威嚇効果が抜群の防犯カメラを取り付けることもおすすめです。ワイヤレスタイプの防犯カメラであれば取り付けが簡単なので、手間もありません。

防犯意識の向上による防犯対策!

また防犯グッズだけではなく、防犯意識のあらためや、ちょっとした工夫によってベランダからの侵入を大幅に防げるようになります。

無施錠にしない

ベランダに限らずですが、部屋の窓や玄関のカギは普段からしっかりかけるようにしましょう。「そんなことは当たり前」と思われるかもしれませんが、在宅中であってもすべての個所の施錠が徹底されている家は少ないはずです。

在宅していても侵入を試みる大胆な侵入窃盗が後を絶ちません。寝苦しい夜や、家族団らんの時間を油断しているからこそ、あえて在宅中を狙います。オートロックがあるからゴミ出しのときくらいは、と施錠を怠らないことが大切です。ゴミ出しの際の無施錠は誰もがやりがちであり、もっとも空き巣に狙われるパターンのひとつです。

オートロックは凄腕の空き巣犯やプロの窃盗集団の前では無力と考えておいた方が無難です。

在宅中であると思わせる

ベランダからの侵入だからこそ、住人の姿の有無の見分けがつきやすいものです。留守であっても電気を点灯しておく、テレビをつけておくなどの工夫は建物にもよりますが効果的なことも多いです。

またカモフラージュを使うのであれば、カーテンを閉めてでなかの様子を確認できないようにすることも大切です。カーテンが開いており、ベランダに侵入されては、どんなにカモフラージュをしようとも、住人の姿がないことはすぐにバレてしまいます。

女性が住んでいることを悟られないようにする

洗濯物をベランダに干すと女性が住んでいることはすぐに判明してしまいます。女性の一人暮らしの脅威は空き巣だけではないので、より慎重な防犯対策が必要です。

カーテンも女性が住んでいることを知らせるようなデザインを選ぶのではなく、男性との同居を思わせるようなシンプルなデザインを選びましょう。

ベランダの防犯対策を強化しよう!

ひとり暮らしをされている方はとくに日中、留守にすることが多いことだと思います。そして日中だけならまだしも帰宅が遅くなりがちな方は、夜間も留守になるのであれば、ご紹介の通りベランダでの防犯対策はやはり必須といえます。
夜間遅くに帰宅してもホッとできる我が家を目指して、ベランダをはじめとした防犯対策をあらためて見直してみましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 女子中高生の間でパパ活が流行っている?パパ活に潜む性被害

  2. 【7月26日の事件】19人犠牲のやまゆり園事件から3年。襲撃に耐えうる防犯はあるのか

  3. 学校の登下校中は特に要注意!犯罪から子供を守るためには防犯知識が大切

  4. 【新手の詐欺誕生】元号が×改元される=詐欺!!

  5. 暖かくなると危険!?露出狂に出くわしたらこう対処しよう!元露出狂がすすめる防犯対策

  6. ストーカー被害に遭ったらどうすればいい? 上手な警察への伝え方!

  7. 【インスタ映え】タイの首都バンコクのオススメ観光スポット7選+トランプ詐欺対策とは?

  8. 画面録画がデジタルタトゥーの温床に。消えない傷を作らないためにできることは?

  9. 梅毒患者が過去最高に。しっかりとした自己主張と自己予防を!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP