その位置で大丈夫?映像解析をするための防犯カメラの正しい設置場所とは

悪化する治安の影響から徐々に普及し、いまや街のいたるところで見かけるようになった防犯カメラ。映し出された映像は、捜査の進展に大きく影響します。ここでは映像解析の際に役立つ設置のポイントをご紹介します。

防犯対策に欠かせない存在

防犯カメラや監視カメラといった防犯グッズは、いまや街の防犯対策を任せるうえで、欠かせない存在となっています。
これまでは防犯カメラや監視カメラといえば、重大な犯罪の起きる可能性が高い施設や企業などが防犯対策のために用いてきました。
しかし近年では一般家庭用での防犯対策はもちろん、一人暮らしの女性の防犯対策の需要が高まっており、誰もが防犯カメラや監視カメラを手ごろに手に入れることができるようになってきています。

防犯カメラと監視カメラの違いとは?

防犯カメラが被害を未然に防ぐことを目的としているのに対し、監視カメラは映像として証拠を残すことや、あくまで事件の解決のために設置されていることが多いといえるでしょう。

防犯カメラ

防犯カメラは文字通り、防犯対策を目的として設置・運用されているカメラを指します。
あくまで防犯対策つまり犯罪を未然に防ぐことを目的としているので、あえて撮影していることアピールするかのように、目立つ位置に設置されています。

つまり防犯カメラとは犯罪が多く、防犯対策が必要な場所に設置されていることが多いともいえます。数ある犯罪に対応するべく、その機能や種類はさまざまあり、人が通ると反応する人感センサー付きのタイプや、夜などの暗がりのなかでも撮影が可能なタイプ、さらにはダミータイプのカメラまであります。このいわゆるダミーカメラも防犯対策を目的としているので、防犯カメラの一種といえます。

監視カメラ

監視カメラも便宜上、ひとくくりに防犯カメラと呼ばれることも多いですが、厳密にいえば目的に違いがあるといえます。
監視カメラは文字通り監視を目的としているので、あくまで目立たない場所に、目立たないように設置されています。監視をすることが目的なので、リアルタイムで映像を確認することができるものが多いのも、この監視カメラの特徴のひとつです。

そもそも画像の解析とは?

警察は防犯カメラの映像を解析して、捜査の進展に役立てています。
たとえば路上で犯罪が発生したとき、警察は周辺に設置されている防犯カメラの映像を解析します。また逃走中にすれ違った車に協力を要請し、ドライブレコーダーの映像を収集したりもします。

そこに映り込んだナンバープレートから、ひき逃げ犯を特定することや、ゴミの不法投棄犯を特定することになども役立てます。
そしても個人が自宅へ設置した防犯カメラに写っていれば、同様に映像を解析し、捜査に役立てることが可能です。カメラの設置場所や性能により、どの程度解析できるかは変わります。

画像の解析では、パソコンなどやサーバーなどのツールにインストールされた解析システムが、自動的に映像の解析と判断をしてくれます。そのため人の手による介入を必要としないことが大きな特徴です。

個人識別とは

特定の人物と防犯カメラに撮影されている人物が同一人物であるかを判断したい場合に主に用いられるのが「個人識別」です。
顔器官の特徴をとらえて一致するか、似ているかの判断をするときに解析が行われます。その解析方法には、私たちもよく耳にする「顔認証」もしくは「顔画像識別」などがあります。
防犯カメラ映像を用いたこの個人識別には限界があり、指紋などの識別精度には及びませんが、遠隔で解析ができるという大きなメリットもあります。この個人識別では、人の手では及ばない貴重な情報を提供してくれるので、事件時には的確な捜査の手助けをしてくれます。

そしてこの解析方法は、身近な防犯対策にも用いられています。さらに近年ではビジネスの場でも採用されています。例えばテーマパークやライブ会場での「入場者管理」や空港での「出入国管理」などでも、防犯対策として用いられている身近なシステムです。

個人が自宅に防犯カメラを設置するときのポイント

犯人は計算された防犯カメラの設置場所を敬遠します。防犯カメラを設置するときは「場所」「角度」「台数」が重要です。理想はさまざまな角度から、3台のカメラでターゲットを撮影することです。人の顔は見る方向によって見え方がかなり変わるからです。
複数の角度からの映像があれば、顔の骨格をより詳細に解析することが可能になり、一度にたくさんのデータを取得することができます。

逆光で映像が見えない、後ろ姿しか見えない場合は解析ができなくなってしまうので、防犯カメラも意味を持ちません。
また小さく映ってしまったときも同様です。拡大すると画素が粗くなるので、カメラの技術が進歩したとはいえ、顔の識別はほぼ不可能です。さらにちょっとした光の当たり方ひとつで顔が見えなくなってしまったり、別人と判断されてしまう可能性があるのです。

目的を明確にすることこそがポイント!

映像を解析することを想定した場合、防犯カメラを設置するにはポイントがあります。しかしどのような映像を撮りたいのかということに焦点を合わせれば、おのずと答えは見えてきます。

防犯のためなのか、監視のためなのか。性能よりもまずは設置の目的を整理し、必要なカメラの種類と台数を検討して、犯人に敬遠されるような万全の防犯システムを作り上げましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 公然わいせつの定義とは?軽犯罪法との境界はどこ?

  2. 侵入窃盗は店舗でも発生する!大切な従業員と売上を守る方法とは?

  3. 【女子大生の日】一人暮らしの女性必見、プチプラ防犯対策グッズ!!

  4. 徒歩は危険だけど、車なら安全?車に乗車中でもしっかり施錠することが大事!

  5. 【即実践】これで「オレオレ詐欺」は怖くない!Molyの振り込め詐欺対策!

  6. 大晦日を安心して過ごすための防犯対策!防犯対策でミソになる所は!?

  7. 【決定的瞬間】下着泥棒の決定的な瞬間を撮影

  8. 夜間の侵入に要注意! 窓ガラスの防犯対策は万全に!!

  9. 【確認】知っておきたい防犯ファッション!ファッションにも防犯対策!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP