オートロックを過信してない?マンションの管理会社はどんな防犯対策をしてくれているのか

安心して暮らすために不可欠な防犯対策。マンションを運営する管理会社では、防犯設備の設置や注意喚起を行っていることがほとんどです。今回は管理会社が、具体的にはどのような防犯対策をしてくれているかを見てみましょう。

管理会社の実施する防犯対策とは?

多くのマンション管理会社では、たとえ管理人不在時などでも安心して住民が暮らせるよう様々な工夫を凝らしています。

遠隔監視システムでマンションを見守ってくれる、警備会社と連携をとるなど、万全の警備システムを敷いていることも多いでしょう。

防犯対策の要!防犯設備の充実

管理会社が用意する防犯対策の設備は、マンションによってさまざまありますが「オートロック」がその代表として挙げられます。

オートロック
新築マンションであれば標準的に装備されているオートロックでしたが、その需要の高さから中古マンションの改修時に追加されることが多い防犯設備のひとつです。

入居者がマンションに入る解錠方法のタイプには「暗証番号タイプ」「カードタイプ」「指紋認証タイプ」などが代表的です。近年ではスマホを介して解錠ができる「非接触タイプ」なども登場しています。それぞれに防犯レベルや使いやすさ、課題などがありますがすべてのタイプに共通するオートロックのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

オートロックが付いているマンションでは、勧誘などの訪問者を簡単にやりすごすことができます。エントランスのインターホンで遠隔から対応ができるため、簡単に断れるのは嬉しいメリットのひとつですが、これにより部外者とも不必要な接触をせずに済むという防犯対策上のメリットもあります。

顔も知らない多くの住民が暮らすマンションにおいて、たとえば業者や知り合いなど入居者以外の部外者が出入りすることは付きものです。

しかしオートロックがあれば、ある程度の入館制限が可能です。入居者と入居者が許可した関係者以外は入ることができないので、ある程度の防犯効果があることは間違いありません。

デメリット

カギを忘れると入れなくなることや、新聞を届けてくれなくなることなどがオートロックによるデメリットの代表的な例ですが、ここでは防犯上のデメリットをご紹介します。

オートロックマンションは便利な防犯対策システムのひとつではありますが、怖いのが防犯レベルには釣り合わないほどに信頼されてしまっていることです。オートロックマンションに住むと防犯意識が低下することが多々あります。しかし実際にはオートロックマンションへは簡単に侵入することができてしまうので、これが防犯上の致命的なデメリットといえます。

入居者がオートロックを解錠した際に一緒に、堂々と正面から入ることができるうえに、だいたいのマンションはオートロック部分以外からも普通にマンション内に入ることができます。たとえば共用の駐輪場などからマンションに直接入れることが多い傾向にあります。

ゴミ出しや新聞を取りに行く際など、短時間の外出の際もかならず玄関を施錠しましょう。また、高層階ほど安全というイメージもありますが、高層階ほど防犯意識は下がりやすい傾向にあります。あくまでも簡易的な防犯対策であることを利用者は理解しなければなりません。部外者との余計な接触を防ぐなどの防犯対策としては有効ですが、決して過信してはならないということを念頭に置き、一人一人が防犯意識レベルを維持するのであれば、オートロックは優れた防犯対策のひとつになります。

エッ何も取られてない?そんな空き巣にも理由があります。

管理会社では防犯指導も行っている

管理会社は防犯対策の一環として、防犯対策にもっとも大切な住人一人一人の防犯意識を高めるためにさまざまな防犯指導や注意喚起を行っているのが一般的です。防災もそうですが、防犯対策は管理会社の大切な仕事のひとつだからです。

管理会社では「カギをかけること」「コミュニケーションをとること」の防犯対策効果についてたびたび呼び掛けているので、この2つの重要性については耳にした方も多いと思います。

住民一人一人の協力が不可欠!

いくら管理会社が設備の設置や呼びかけを行ったところで、住民一人一人に意識がなければ高い効果は得られません。住民一人一人ができる防犯対策を行うことで、マンションで発生する侵入窃盗や侵入強盗といった犯罪のほとんどは防げるのです。

窓のカギをかける
基本的な防犯対策ですが、できていないご家庭が多く、意外と難しい防犯対策のひとつであることがうかがえます。

 無施錠の個所から侵入
 窓から侵入
 窓を割って侵入
この3点を防ぐだけで侵入窃盗の半数はなくなるといわれています。

朝のいそがしい時間のゴミ出しで、ちょっとした瞬間の無施錠を狙う空き巣はいまだに後を絶ちません。高層階やオートロック、防犯カメラに守られているからという安心感こそが無施錠を生み出し、結果として犯行を許してしまっていることが多いのです。

先ほどもご紹介したようにオートロックマンションでも部外者が出入りすることは十分に可能です。また侵入窃盗は空き巣だけではありません。留守時にはもちろん、在宅時であっても侵入窃盗犯は押し入ってきます。とくに就寝時や家族団らんの時間に窓を無施錠にすることは危険です。

上層階だからこそ施錠する
不特定多数の人が自由に出入りするマンションは、空き巣犯にとって絶好のターゲットです。そして一度オートロックをやり過ごし侵入した空き巣犯にとって、上層階に行くことはまったく苦ではありません。

オートロックによって住人は油断し、とくに上層階では無施錠にする傾向があることを、空き巣犯が知らないはずはありません。
上層階だから安心ではなく、上層階だからこそ緊張感をもって施錠しなければなりません。

管理会社がどのような防犯対策を行おうとも、どんなに注意喚起を行おうとも、すべての人が無施錠をやめない限り、侵入窃盗がなくなる日は訪れないのです。

空き巣の検挙率はどれくらい?捕まったらお金は返ってくるの?

コミュニケーションをとること

マンションの住民同士がコミュニケーションをとり顔見知りになることは、防犯対策としてとても有効ということで知られています。現に空き巣犯はコミュニケーションをまめにとる住人をターゲットとして選ぶことはまずありません。

また住人の一人一人がコミュニケーションをとると空き巣犯は目立ちすぎるので、下見の段階からそういったマンションを選びません。部外者が敷地内に入るだけで誰かの目に留まるのでこれだけでも、コミュニケーションがもたらす防犯効果がうかがえます。

防犯カメラを設置する

マンションに設置された防犯カメラも、空き巣犯にとってはやっかいな存在です。防犯カメラによる映像は証拠にこそなりづらいものの、やはりその威嚇効果は健在です。

お住まいのマンションに防犯カメラが設置されていない、もしくは設置されてはいるが死角が目立つといったことがあれば一度管理会社に問い合わせてみましょう。管理会社側での増設や、個人で設置することの許可や相談もできるようになり、さらなる防犯レベルの向上が見込めます。

管理会社の防犯対策に頼りすぎない

とくにオートロックマンションでは、防犯対策に関しては住民が油断をすることが多く、オートロックがかえって大きな落とし穴となっています。

防犯対策の大敵は油断であることを改め意識しなおしましょう。

空き巣被害を受けないために!空き巣の前兆を見逃すな!

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【自己防衛】女性のための年末年始の防犯対策と護身術

  2. 犯罪者は録画されることを嫌う! 防犯対策の要はカメラの設置

  3. カメラに映るスーツ姿にご注意を!空き巣の見だしなみ

  4. 【ギモン】なぜ若者は自撮り画像をネットに投稿してしまうのか?増え続ける被害の実態と理由

  5. 設置していた防犯カメラに男性が映っていたら?

  6. 【夏休み】子どもが犯罪に巻き込まれないための防犯対策

  7. 2018年は変態が多かった?誰でも被害者になりうる時代、防犯対策はしっかりと!

  8. 泥棒の侵入経路は窓が一番多い?侵入されにくい窓にする防犯対策

  9. 【リサーチ】防犯性はどこまで期待出来る? カラーボールの効果と使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP