【斬新】男性の影で侵入を防止する!世界中で話題になったアイデアとは?

女性のひとり暮らしには防犯対策が欠かせません。男性との同居をちらつかせる防犯対策は昔からありますが、どの程度の効果が見込めるでしょうか。男性の影を利用した最新の防犯グッズとともにご紹介します。

女性のひとり暮らしの防犯対策

下着泥棒や空き巣、侵入強盗。防犯対策は女性に限らずですが、女性はより気を遣います。男性が同居していれば、それもひとつの防犯対策となります。計画的に犯行を行う犯人は、リスクを恐れるからです。
男性と同居している女性よりも、ひとり暮らしをしている女性のほうがリスクが伴うことはいうまでもありません。そして空き巣犯がそのリスクを判断するために行うのが下見です。この下見の際には、家族構成など誰が一緒に住んでいるかも調べます。

男性の下着や衣服を干す効果は?

女性のひとり暮らし用の防犯対策として有名な方法のひとつに、男物の下着や衣服を一緒に干すというがあります。男性と同居していると思わせることができれば、一人暮らしと思われるよりも当然防犯対策につながるからです。
女性の一人暮らしを経験された方、もしくは現在一人暮らしをされている方はすでにこの方法はご存じか、もしくは耳にされたことぐらいはあると思います。
近年は男性の下着も100円ショップなどで手軽に購入ができるので、もし防犯効果があるのであれば安上がりで素晴らしい防犯対策になります。
しかし逆にいえばこの方法は、出尽くした感もあり、そのままでは不十分ともいえます。もちろん男性の下着や衣服に全く防犯効果がないわけではありません。洗濯物が女性モノしかなかったら女性のひとり暮らしだと誰もが判断することができます。
女性のひとり暮らしの家に侵入して、下着の窃盗や侵入強盗を試みようとする犯人にとって、もしも男性との同居が本当であった場合のリスクは、効率的にことを進めたい犯人にとって考慮しなければならない点になります。

男性の下着や衣服による防犯対策は工夫次第!

つまり大切なのは男性が同居していることに防犯効果があるのであって、男性の下着や衣服を干すことそのものに効果があるわけではない、ということです。
そして実際には男性と同居していないうえで、男性の下着や衣服を干すのであれば、すこしのテクニックや工夫が必要になってきます。
男性の下着や衣服を防犯対策のひとつとするなら、数種類の違う柄の下着や衣服を、自分の洗濯物と一緒に干すことがおすすめです。また自分の衣類はなるべく室内に干すようにしましょう。そもそも女性がいないと思わせることができれば、さらなる防犯効果が期待できるからです。

もう一工夫で効率もアップ!

わざわざ洗濯してもいないものを干すことに面倒を感じる方には、普段から部屋着やパジャマとして男性物の衣類を着て過ごしてみたり、大きめのユニセックスデザインのスウェットを洗濯するという手もあります。
この防犯対策では、なにを干しているかも大切ですが、それ以上に男性が同居しているという事実そのものから得られる防犯効果を期待しています。つまりそれ以外でもアイディア次第でそのように思わせることができれば成功ということになります。

中途半端に行うと逆効果?

しかしこの防犯対策は間違ったやり方や、中途半端なやり方をしてしまうと逆効果になる可能性があります。もともと過信するほどの効果が期待できる防犯対策ではありません。
そのためこの方法をとるなら徹底的に行うことが求められます。逆効果になる可能性のある男性下着や衣服の干し方には、次のような理由が考えられています。

干しっぱなし

男性下着や衣服を夜でも悪天候時でもそのままにしておく、もしくはローテーションを組まずに干し続けることはカモフラージュを宣言しているようなものであり、そもそもこの方法をとる意味はありません。
下見には数日を要する空き巣犯や侵入強盗犯にとっては無意味であり、せっかくの努力が無駄になってしまいます。この防犯対策はリアリティにかかっており、徹底することが求められます。

油断

悪天候時など、誰も見ていないだろうと雑な干し方になる瞬間もあるかもしれません。またこの方法をとったからといって、過信によってほかの防犯対策をゆるめたり気を抜くこともできません。
もともと実際に同居しているわけではないことをテクニック上そのようにみせかけているだけであり、もし見破られれば女性の一人暮らしという特質上、大変に危険な状態に追い込まれます。そのため油断は厳禁です。

男性との同居をカモフラージュする、最新の防犯グッズとは?

大手不動産会社が開発したのが、男性の「シルエット」を利用した防犯対策です。文字通りの男性の「影」を利用した最新の防犯グッズが「Man on the Curtain」です。
このMan on the Curtainは、WEBサイト用に用意された男性のシルエット映像を、プロジェクターを介し例えばカーテンなどに投影するだけという、単純な理論の防犯グッズです。
空き巣犯や侵入強盗犯は、ターゲットの下調べを繰り返します。この方法はそれを逆手に取った、ある意味では斬新な方法ともいえます。
下調べの際に、投影された映像による動く男性のシルエットを見れば、疑いもせず同居していると誤解してくれるでしょう。
またこの防犯グッズでは、単純に動作を繰り返すだけではなく、複数の動作のパターンが用意されているので、ローテーションすることでさらなる防犯効果が予想されます。
もし今後この方法が浸透しても、犯人には確認することは難しいと思われ、確信が持てなくなり混乱を生じさせられるでしょう。今後の有効な防犯対策になる可能性は大いにあるといえます。

現在商品化は未定
残念ながら商品化については、現在は検討中の段階であるということです。利用者の反応と需要によって、今後の商品化が決定されるようです。
もし商品化されれば、今後は面倒な下着や衣服のローテーションを廃止することが期待できるので、ぜひとも実現してほしいものです。

男性の影を上手に使おう!

ひとり暮らしの女性を狙う卑劣な空き巣犯や親友強盗犯にとって、男性の影がやっかいな存在であることは容易に想像ができます。
だれにとっても安全は当然の権利ですが、女性のひとり暮らしだからこそ防犯対策を上手にし、とくに男性の影をちらつかせることは、やり方次第で最高の防犯対策のひとつになり得るといえます。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【オドロキ事件簿】ワイパーに下着を挟んで興奮してた男、逮捕

  2. 【卑劣な犯行に遭わないために】夏休み中に再確認したい子どもの防犯とは

  3. 【みまもっち】もう見守られていますか? ダウンロードしておきたい女性&子ども向け防犯アプリ

  4. 【驚愕】不在中に〇〇まで!アプリで知り合った男性に15万回以上メールした女

  5. 置き引きとは?犯行の手口や被害に遭った時どうするかを徹底解説!

  6. 【イチゴの日】要チェック!中高生のネットトラブル対策!!

  7. コンビニの利用に注意?ひとり暮らしの女性の防犯対策6選

  8. 痴漢から助けようと思ったら自分も被害に…助けを求める時に必要なことは?

  9. 男性の性犯罪に対する意識は女性と真逆!? その実態を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP