【権力には屈しない】 パワハラの定義と対策を要チェック!

以前は連日のように報道されていた、「○○ハラスメント」というワードでしたが、最近はあまり聞かなくなったと思いきや、またここ数日「パワハラ」といった言葉を耳にしています。
パワハラやセクハラという言葉は、現在では多くの人が聞き慣れた言葉かと思いますが、中でもまだ言葉は知っているけど、定義とやどう対策をとるべきなのか知らないといった人もいるかと思います。

そこで今日は、パワハラとセクハラについての定義を今一度しっかりおさらいをしていきましょう。前半ではパワハラについて、後半ではセクハラについてお伝えします。

パワハラの定義とは?

そもそもパワーハラスメント、セクシュアル・ハラスメントとはなんでしょうか。その基準が曖昧で、被害を受けていてもなかなか言い出しにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。また、自分が加害をする立場になってしまう可能性もあります。まずはその定義について見ていきます。

パワーハラスメント

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

引用:厚生労働省

ここで言われている職場での優位性とは、一般的に上司から部下に対するいじめなどを指す場合が多いですが、先輩・後輩間、仲間内、また部下から上司に対するものもあります。

パワーハラスメントの典型例として厚生労働省は以下の6つを示しています。

1 暴行・傷害(身体的な攻撃)
2 脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
3 隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
4 業務上明らかに不要なことや遂行不可なことの強制、仕事の妨害(課題な要求)
5 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
6 私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)
引用:厚生労働省

このようなパワーハラスメント行為が場合によっては刑事責任や民事責任に問われることもあります。

パワハラへの対策は?

パワハラについて対策を…と思っていても、実際に相手が上司であると、はじめの一歩としての他の人への報告もとても言いづらいです。しかし、自分だけで抱え込むのは危険です。まずは、他の人に話すということから始めましょう。

1・会社内の人事部に相談する

「あなたのパワハラが嫌です」と言える環境であるならば、きっとパワハラは起きていません。多くの場合は、直接パワハラを行っている相手に申し出ることは、難しいと思います。

直接本人に言えない場合は、会社の人事部や本部、またはパワハラを受けている相手の上司にあたる人物に相談をしましょう。
また、このとき証拠があれば、証拠を集めておき、それを提出するようにしましょう。証拠となるものとしては、ボイスレコーダーや備忘メモ、メールや病院にかかっている場合は診断書などです。

2・社外に相談する

万が一、会社内で人事部や上層部に相談をしても、何も改善の働きかけをしてもらえなかった場合は、社外の機関に相談をしましょう。

主な機関として、労働基準監督署や各都道府県の労働局の相談窓口などです。社外に相談する際も、1と同じように証拠を用意し、それらを提出するようにしましょう。

パワハラへの対策として、まず「第三者に話をする」ようにしましょう。
そして可能な限り、相手の行為がパワハラにあたるのだということ、明言するようにしましょう。

働く人のメンタルヘルスのポータルサイトとして、
下記のような相談機関もあるので、ぜひ活用してみましょう。
参考サイト:厚生労働省 こころの耳

パワハラは言った本人にとっては冗談だった場合でも、受け取り手の感じ方で、それは脅威のある言葉に変わることがあります。もし、パワハラを受けたと思っていたとしても、それは自分の感じ方に問題があるのでは?と思ったら、まずは誰か周りの人に相談をするようにしましょう。

決して一人で悩まずに、近くにいる相談しやすい人、または関係機関を利用するようにしましょう。

前半のパワハラの次は、後半のセクハラについて見てみましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 同じ学校にある常習犯が2人も!?呆れた教師の行動とは

  2. バレンタインの義理チョコがストーカーを生む!?

  3. 【スキミング注意】海外旅行には複数枚のクレジットカードを持っていくべき理由とは?

  4. 新生活を始める人へ! 女性一人暮らしの防犯対策

  5. 【まさか】捜査協力をしてくれたのは指名手配犯。気づいた警察官のとった行動は?

  6. 女性の一人暮らしと特定させない防犯対策

  7. 【おとり捜査】スナップチャットを使って性犯罪者を見つけ出したお手柄大学生

  8. 台風の被災地で侵入盗被害が発生中。空き巣を理解して犯行を阻止しよう!

  9. インターネットを使う時に忘れてはいけない防犯意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP