ディズニーやUSJの夏イベントを全力で楽しむためのポイントとは?

今年の夏休みの予定はもう決まっていますか?
暑い夏は、家でのんびりとクーラー生活という方もいれば、アクティブにテーマパークで楽しみたい!といった方もいるかと思います。

今日は、そんな夏の熱いテーマパークで繰り広げられるショーなどを全力で楽しむためにも、必要な防犯対策をお伝えします。

夏のテーマパークにはどんなショーがあるの!?

夏のテーマパークは、気温だけでなく、人の熱気もすごいですよね。
そんな熱気を利用して、もっと私たちを盛り上げてくれるのが、楽しいショーの数々です。春夏秋冬の季節の中でも、特に夏のイベントは、体感型のイベントやショーが多いように思います。

特に夏は、多くのテーマパークで、水を利用したショーが繰り広げられています。暑い中での水のショーは、涼しげに見えるだけでなく、本当に涼しくなるので、大盛り上がり間違いなしですし、人気です。しかも、実際に水を観客に浴びせるといったパフォーマンスもあるので、お客さんも一緒になって楽しめるのも魅力の1つです。

では、次に人気のテーマパークの今年の水浴びショーはどのようなものがあるのか見てみましょう。

ディズニーランドの水浴びショーは?

今年のディズニーランドの水浴びショーは、映画「ズートピア」のジュディ・ホップスとニック・ワイルドが繰り広げる「ジュディとニックのジャンピン・スプラッシュ」です。

映画の主題歌に合わせて、大量の水が噴射されるこのショーは、暑い夏・暑い時間を涼しくしてくれること間違いなしです。

ディズニーシーの水浴びショーは?

今年のディズニーシーの水浴びショーは、あのカッコイイ集団である海賊たちが繰り広げる「パイレーツ・サマーバトル“ゲットウェット!”」です。

海賊たちが、大量の水しぶきの中で戦う姿や愉快な宴会、そして水だけでなく炎も使われるショーは大迫力満点です。

USJは氷も浴びれるショー?

そして最後に紹介するのが、USJのショーです。USJのショーは、TDLやTDSの水浴びより遥かに多く濡れる、とても迫力のあるショーです。しかも、今年は水だけではなく、雪が降ってくるんだとか!

そのショーの名は「エクストラ・クール・サマー“360°ビショ濡れパーティ!”」もう名前がすでに涼しそうですよね。

どこを歩いても、水を浴びれるということで、もう涼しいを通り越して、寒くなるかもしれないくらいパーク全体で楽しめるショートなっています。

ショー中に気をつけたいコト

では、3つのテーマパークの水浴びショーをご紹介したところで、次はショーを全力で楽しんでもらうために、気をつけて欲しいことをお伝えします。

1・どさくさに紛れた痴漢に気をつけよう

ショー中はとにかく盛り上がって、はしゃいでいると思います。しかし、多くの人でにぎわっている場所では、周りへの注意も散漫になってしまいがちです。ジャンプやハイタッチなど、このような場面を利用した痴漢行為がある事を、ぜひ頭の隅に置いておきましょう。夢の国でこのような被害には遭いたくないですが、楽しみながらも、時折周囲を見渡すなど、警戒をしましょう。

2・貴重品はしっかりと首にかけるなどして管理

水浴びのをするため、多くの人は貴重品をしっかりとしまっているかと思います。しかし、カバンなどでもスリに遭ってしまう可能性はあるので、できるだけパーク内のコインローカーなどに預けるようにしましょう。それでも、スマホやある程度のお金は必要だと思うので、必要最低限のものだけど、首掛けのポーチなどに入れて、しっかりと自分の目の前で管理をするようにしましょう。

3・盗撮されにくい格好を心がけよう

水浴びのショーで特に気をつけて欲しいのは、服装です。もちろん何を着ても自由なのですが、水を浴びると服が透けてしまうといったことが起きます。ですので、カッパを有効的に使用したり、暗めや柄の多い服で、肌が透けるのを抑えるようにしましょう。

また、水を浴びて服が濡れて透けるだけでなく、スカートなどを履いてる方は、特にショー中にジャンプしたりするときは、警戒をするようにしましょう。

ディズーランドでの盗撮被害についてはコチラ

ショーが終わった後に気をつけたいコト

先ほどの、ショー中に気をつけて欲しいコトの3で述べた盗撮について、ショー後にも気をつけて欲しいコトがあります。

それは、着替えについてです。
ショーでの水浴び具合にもよりますが、そのまま自然乾燥で服を乾かす人もいれば、着替えを持って来ている人もいるかと思います。たくさん濡れた方は、ぜひ着替えて欲しいですが、着替えるときはたとえ混雑していたとしても、必ずトイレ内で着替えをするようにしましょう。

「ちょっとサッと着替えるだけだから」や「Tシャツ被ってササッと」と着替えるだけといって、そのまま外で着替えるのは控えましょう。また、小さいお子さんのいる方も、ぜひ面倒がらずにトイレへ行って着替えをしましょう。どこで、どうやって人に見られているか、カメラを構えられてるかわかりません。「念には念を」を心がけましょう。

夏の祭りの防犯についてはコチラをどうぞ

まとめ

夏は、楽しいイベントやショーが盛りだくさんです。
しかし、そんな楽しいひと時を狙った、犯罪もあることをぜひ忘れないでください。夢の時間を最後まで楽しめますように。そして、みなさんにとって素敵な夏休みになりますように。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 照明器具でより安心なひとり暮らし!犯罪を防ぐ物件の選び方と防犯対策

  2. 防犯情報を活用してマンション住民の安全を確保しよう

  3. 不審者とはどんな人? 怪しい動きをしている人物に十分注意!

  4. 【温泉の日】旅行時に気をつけたい旅行の防犯対策!!!

  5. 事件も犯罪も近づけない! 女性のための防犯対策の「イ・ロ・ハ」を再認識

  6. ストーカーに追われる夢を見た!夢診断の結果は?

  7. 【注意】痴漢と盗難は大型プールで毎年大量発生!「友達の目」で被害を防ごう!

  8. 【今日の事件簿】男は50年も無実を叫び続けた。世紀の大冤罪「吉田岩窟王事件」とは

  9. 盗撮犯が後日逮捕されることもある? 盗撮の現状とその対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP