【7月30日の事件】24年間未解決。八王子スーパー強盗殺人事件は迷宮入りなのか?

今から24年前の7月30日に八王子スーパー強盗殺人事件が起きました。この事件は2010年の7月に公訴時効になる予定でしたが、この年の4月に殺人罪・強盗殺人罪など最高法定刑が死刑の罪においては、公訴時効を廃止すると法律で決まり捜査を続けられるようになりました。今回はこの事件を紹介するとともに、強盗殺人事件に遭わないための防犯対策も紹介していきます。

八王子スーパー強盗殺人事件の概要

この事件は1995(平成7)年7月30日に東京都八王子市のスーパーマーケットで起きました。この日の午後10時10分に2階の事務所で女性従業員3人が射殺されていたのが発見されたのです。被害者は当時45歳のパート従業員の女性とアルバイトの女子高生それぞれ当時16歳と17歳。第一発見者は亡くなったパート従業員の知人で、パート従業員から「迎えに来て」と連絡をもらい、午後9時25分にスーパーに来ました。しかし、いつまでたっても出てこないため、改めて今度は午後9時50分もう1人の知人を誘って訪問。しかし、再び出て来る気配がなかったため事務所に入り3人の遺体を発見しました。

その時の状況は、パート従業員の女性が事務所隅にある金庫にもたれ掛った状態で発見。女子高生2人は部屋の中央で背中合わせにされて粘着テープで手を縛られ口も塞がれた状態で発見されました。パート従業員の女性は2発の銃弾と腹部に刺し傷があり、女子高生はそれぞれ至近距離から頭を撃ち抜かれていたそうです。金庫にも1発の銃痕があり犯人は合計で5発撃ったとされています。金庫にはスーパーの売上金約500万円が入っていましたが弾痕1つのみで、こじ開けようとし形跡はなくお金は無事でした。

犯人像とその後

現場からは犯人と思われる足跡が発見され、実行犯は1人と断定。靴のサイズは26センチで足跡の付着物からは微細な鉄粉と粘土、コケが採取され鉄工所などに出入りしている人物の可能性があるとみられました。また、この事件で使われた拳銃がフィリピン製の模造銃で性能が高くはなく、しかも3人とも確実に脳幹を撃ち抜かれていることから銃に詳しく撃ち慣れている人物が犯人だとも考えられました。さらに、粘着テープからは犯人のものとみられる指紋の一部が付着し、事務所内には手袋跡もあったことから粘着テープを使う際に手袋を取ったこともわかっています。

2003年に名古屋・大阪で現金輸送車が襲われ、その犯人の関係から押収された銃の線条痕がこの事件と似ていると騒がれましたが犯人特定には至らず。2007年には被害者のパートの女性と交際していた男性がフィリピン人に殺人を持ちかけたとの情報がありフィリピンに捜査員を派遣しました犯人には結びつきませんでした。さらに、2009年には元死刑囚の男が、カナダにいる中国人の男が実行犯を知っているなどと供述したことから、警視庁はその中国人の男を見つけだし事情を聞きましたが、手がかりをつかむことができませんでした。

そして、2015年、既に死亡している男性の指紋と粘着テープから採取された指紋の一部が一致したというニュースが流れます。しかし、通常12個の特徴が一致しなければ同一人物と判断されないものが、判定可能な指紋が8個しか検出できず完全な一致とはいえませんでした。ちなみに8個の特徴が一致する確率は約1億分の1だそうです。この男性は現場近くで目撃された車と同じ車種を所有していたことから事情聴取も受けていて、かなり疑わしく思われました。しかし、その後の調べでアリバイが見つかって当時の勤務先の記録やDNA型の鑑定から犯人ではないという見方が強まり、その後は有力な手掛かりはありません。

強盗殺人事件に遭わないための防犯対策

今回紹介したような強盗殺人事件に遭わないための対策は次の通りです。

自宅の場合は、夜間はもちろん昼間や在宅中であっても、しっかりと鍵をかけ厳重に戸締りをする。
在宅中に来訪者が来た場合は、インターホン越しとドアを開ける前にもドアスコープなどで相手を確認する。
帰宅時に鍵が開いているなどの異常がみられたら、すぐに110番通報する。
万が一強盗と鉢合わせをしてしまったら、外に出ることを最優先にする。
店舗の場合は監視カメラを設置し、入退出の記録をしっかりと管理をする。
非常用押しボタンやフットスイッチなどを取り付け、自動通報システムと連動させる。
レジ内に必要以上のお金を入れない。
強盗対策マニュアルを作成し、すべての従業員に学ばせ訓練を徹底する。

まとめ

今回の事件は、未だ犯人逮捕には至らず未解決事件となっています。なかなか自分自身が強盗に遭うなんて想像できないかもしれません。しかし、誰にでもこうした事件に巻き込まれる可能性はあります。巻き込まれてから後悔しても取り返しはつきませんので、自分の出来る限りの対策をして安心・安全な生活を送っていきましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 4月8日はタイヤの日! 車の犯罪とその対策

  2. 【耳の日】ワンタッチ痴漢に遭う人は○○○歩きをしている!?

  3. 【進化】防犯カメラの映像をWi-Fiを経由してスマホで見られる時代がやってきた!

  4. 【その色透けてます】パンツの日にチェックしたい浴衣の注意点とは

  5. 【電車内での痴漢に効果的なのは】安全ピン?ハンコ?いやいや抑止バッジです!

  6. 【新手の詐欺誕生】元号が×改元される=詐欺!!

  7. お店の電源を勝手に借りるのは犯罪だった?

    窃盗罪とは?意外と知らない実は○○も窃盗だった!

  8. 一歩進んだ防犯対策はサービス加入やパトロールへの参加

  9. 犯人を特定できるか!?防犯カメラの有効活用法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP