ナポリ観光に必要な日数とベストプランとは?+αで治安も要チェック

南イタリア最大の都市ナポリ。
本記事では、ナポリ近郊を満喫するためのオススメ観光プランや観光スポットを紹介していきます。

ナポリ近郊の観光日数は2日で十分堪能できる

“ナポリを見て死ね”という、イタリアのことわざまであるナポリ。
それほど観光に行くだけで、経験できることがたくさんある街です。

とはいえ、ナポリ近郊の観光となると、“治安の悪さ”や“観光日数”で迷う方が多くいます。
結論から言って、一般的な観光スポットを回るのであれば、ナポリ近郊の滞在日数は丸2日あれば十分でしょう。

ナポリの治安については、ぜひコチラの記事をチェックしてください。

ナポリ近郊の観光プランは?

ナポリ近郊の観光プランについて紹介します。
丸2日で、楽しく観光したいのなら、ナポリの地下鉄「チルクンヴェスヴィアーナ鉄道」を有効活用しなければいけません。

国鉄ではないのでナポリ駅とは違いますが、1番安く移動でき、使い勝手も良くたくさんの観光客が乗っています。
今回はソレントのホテルに宿泊するケースで紹介しますね。(※理由は下記で紹介します)

ざっくりとしたプランですが、ソレントに到着し荷物を置いた後は、まずはナポリ・ポンペイ古代遺跡に行きましょう。
大体ナポリ~ソレントに必要な移動時間は1時間程度です。

ポンペイが閉まるのは日没ごろなので、4月~10月の間ならゆっくり楽しむことができます。
ナポリ・ポンペイを満喫し、ソレントに戻り夕食を楽しみましょう。

ホテルに宿泊し、翌日すぐ近くにあるカプリ島に向かいます。
カプリ島は「青の洞窟」や「モンテ・ソラーロ」などの観光スポットが有名な島です。

青の洞窟は海の状態によって入れない場合もあるので、天気にあわせて柔軟に行動しましょう。
ソラーロ山頂にはリフトがあり、素晴らしくキレイな景色を楽しむことができます。

カプリ島の観光を満喫したら、宿泊のホテルに一度戻って荷物を置いたあと、最後にソレントの街を観光してください。

ナポリ近郊のオススメ観光スポットを紹介

上記であげたスポットを中心に、ナポリ近郊の観光スポットについて紹介していきます。

ナポリ・ポンペイ古代遺跡

初日に訪れる観光スポットとして紹介した、「ナポリ・ポンペイ古代遺跡」。
映画の舞台にもなっているので、多くの方が知っている場所でしょう。

約1990年前に起きたベズビオ火山の噴火灰によって、2万人が住んでいた大都市が一晩で姿を消した背景から、「悲劇の都市」と言われています。
その後1748年に再発見され、長い年月をかけて全体を発掘していきました。

姿をふたたび表したポンペイ古代遺跡には、昔の壁画やラクガキがそのままのカタチで残っています。
当時の生活風景や、慌ただしく逃げていたことが生々しく体感できるスポットです。

ソレントからナポリ・ポンペイ古代遺跡までは、電車を利用すれば約40分程度。
4月~10月の観光時間は19:30分まで、ラストエントランス18:00分までとなっています。

ソレントの観光スポット

次に紹介するのが、2日目の夜に観光をオススメする街「ソレント」。
治安が良く、ナポリからチルクンヴェスヴィアーナ鉄道が出ているので、交通も便利な港町です。

イタリアではアマルフィの港町として有名ですが、ソレントも負けず劣らずに美しい情景を楽しむことができます。
新鮮な魚介類やトマトを使用した美味しいパスタ料理が楽しめる町です。

また、ソレントではレモンが名産品として有名です。
イタリアが起源の甘いレモンリキュールである「リモンチェッロ」を購入し、日本で楽しんではいかがでしょうか。

アマルフィやカプリ島へのアクセスが良いのも、ソレントの魅力の一つです。

カプリ島の観光スポット

ナポリから30キロ先に浮かんでいる町がカプリ島です。
東京千代田区とほとんど同じ面積の小さな島ですが、美しい情景が楽しめるスポットとして昔から多くの方が足を運ぶ人気の観光スポットとなっています。

そのなかでも、特に人気なのが青の洞窟でしょう。

青の洞窟

カプリ島で1番有名な観光スポットは、やはり青の洞窟でしょう。
日本のTVでもかなり取り上げられているため、青の洞窟の写真や動画を見たことがある方も多いはずです。

発光して見える青色と、狭い入り口から差し込む光が作り出す情景は、人の手では作られない幻想的な空間を生み出します。
青の洞窟まではボートで進みますが、入り口はかなり狭いため天候が悪いと入ることができません。

夏の時期は天候も比較的落ち着いているため、6月~8月のシーズンがオススメです。

モンテ・ソラーロ

天候によって左右される青の洞窟の代用として、モンテ・ソラーロもオススメです。
青の洞窟が見たかった方も、いざ着けば“素晴らしかった”と感想を言ってくれる観光スポットです。

時間のある方はどちらも日程に組んでおくと良いかもしれません。
標高590mまでの移動は一人用のリフトでおこないますが、空中散歩のような気分を味わえるはず。

逆に、高所恐怖症の方にはおすすめしませんので、あらかじめ良くチェックしておいてくださいね。
モンテ・ソラーロの頂上からは、カプリ島の全体が見られます。

天気が良ければ青の洞窟に近い、発光した青色の海が山頂からでも堪能できるので、やはり夏の時期に訪れてほしいですね。

まとめ

本記事では、ナポリ近郊の観光スポットやプランを紹介しました。
ナポリ近郊でかならず行ってほしい場所は、「ナポリ・ポンペイ」、「ソレント」、「カプリ島」の3つです。

そのうえで、アクセスの良さと治安を考えると、宿泊地はソレントの町がオススメだと言えます。
港町で景観の美しさはもちろん、料理やお酒もとても美味しいですからね。

ナポリへ旅行の際には、ぜひ一緒に治安もチェックしておきましょう!

Moly.jp編集部

 

関連記事

  1. 年が明けたら初詣にでかけよう!気分はウキウキしても防犯には要注意!

  2. 【侵入犯罪は7分に1件発生している!?】4階以上もベランダから侵入されている…その手口とは

  3. 女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

  4. 【もはや妖怪?】抱っこ紐バックル外しのイタズラが横行!? 対策方法は?

  5. 【海外のバイトテロ】UbarEATS配達員にご用心!〜悪質な宅配員の行動とは〜

  6. 出張や旅行で利用するホテルで安心して宿泊するための防犯対策

  7. 街や駅に現れる!避けるべき不審者の傾向!

  8. 【注目グッズ】明るい家は泥棒の大敵!LEDライトは防犯対策にも大活躍間違いなし

  9. 【知っ得】ディズニーリゾートは徹底した清掃でゲストのマナー向上を図っている?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP