私が振り込め詐欺師になって逮捕されるまで2〜元詐欺師が語る架空請求の手口とは〜

私はおよそ3年半に渡り詐欺に加担していました。
私個人としては名前や顔などを公表すべきだと思うのですが、現状家族を説得出来ておりませんので、かなりの部分を伏せさせて頂きます。ご理解賜りたく存じます。

簡単に自己紹介をさせて頂きます。1982年にとある地方で生まれた男です。
2012年10月に逮捕、その後懲役7年の実刑判決を受け、栃木県喜連川社会復帰促進センターに収監。2018年11月に仮釈放となり出所し、現在は仮釈放の身です(刑の終了日は2020年4月)。

いくつか内容の異なる詐欺に加担した身として、誰でも詐欺に遭う可能性はあると断言します。たとえ今でないにせよ、常に身の回りに潜んでいると考えて下さい。私の話がどれだけ詐欺被害を防ぐ事に繋がるか分かりませんが、防犯意識の向上や騙される人がいなくなる事に少しでも寄与できればと思いペンを取りました。おもしろおかしく話すつもりはありません。また犯罪を助長するつもりも一切ありません。

第1回目はコチラからご覧ください。

第2回目の本日は架空投資詐欺について述べたいと思います。

こんにちは。
私は2009年の夏頃から3年弱、架空投資の特殊詐欺に関与しておりました。
警察庁発表の被害概況によると金融商品取引名目の特殊詐欺は減少傾向にあります(註1)。
しかし、決して油断することは出来ません。
特殊詐欺は過去に流行したものをリメイクする事も少なくありません。
また、架空投資詐欺は被害単価も大きいことから詐欺師・反社会勢力が再び目をつける可能性があると言って良いでしょう。
(註1)https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/higaijoukyou.html

私が関与していた架空投資詐欺は関与していた3年間で大きく分けて2つの手口がありました。
ここでは【前期パターン】【後期パターン】と呼ぶことにし、今回は【前期パターン】についてお話しします。
【前期パターン】は2009年夏~2010年秋頃まで使っていました。
架空投資詐欺前期パターンの概要は次の通りです。

1-1.How:手口の全体像

何らかの金融商品を購入した事のある人に名簿を元に電話でアプローチをします。
被害金額(中央値):300~400万円/人
*金額の大きい方だと数千万円を超える方もおりました。
被害者の割合:名簿全体の約2~3%の人が引っかかりました。(一度支払った方に追い打ちをかけると、ほぼ全ての人が再度支払ってくれました。多い方だと10回近く払ってくれました。)

1-2.How&How much:手口の詳細

いわゆるマッチポンプ(劇場型)で詐欺を行います。
マッチポンプというのは自作自演のことです。
ここに劇場型とカッコ書きしているのは、登場人物が一人ではなく複数人だからです。
前期パターンの登場人物は次の通りです。
A社:金融商品を発行し、投資を募っている会社(=最終的な振込先)
B社:A社の金融商品を欲しがっている会社。被害者からA社の金融商品を額面より高い金額で買い取る設定にします。また、A社の良さ・価値を伝える役目も担います。
*B社は何らかの理由でA社の金融商品を直接買うことが出来ない、という設定にします。
*B社のような会社を複数存在させる事もあります。
この他に必要に応じて、「弁護士法人」「会計士法人」「NPO法人」などを登場させる事もありました。
平均すると、最初のアプローチから約1ヶ月で最初の入金となりました。これを3ヶ月間を1クールとして出来る限り取り切ります。

<1回目:A社からのアプローチ>
「A社と申しますが、◯◯様(=最終的な被害者)の地域で新規事業を始めることになりました。事業は有望ですが、地域の皆様にもより恩恵を受けて頂きたく、この地域限定で出資を募ることになりました。ご挨拶を兼ねてパンフレットをお送りしています。」などと言って被害者にパンフレットを送ります。もちろん、この時点で断られるケースも多いですが、そこで諦めません。

<2回目:B社からのアプローチ>
「B社と申しますが、この地域限定で金融商品(新規株など)を販売しているA社の金融商品を探しています。A社は上場が確実視されていて、5~10倍の価値になるとも言われています。もし、◯◯様にA社から連絡があれば教えて下さい。」などと言って、A社の情報を刷り込みます。

<3回目以降その1>
これ以降は基本的にB社(や同じ役割を担う会社)から被害者にアプローチしていきます。
「A社のパンフレットが届いていませんか?探してみて下さい」「A社は上場がほぼ間違い無いので額面の3倍で買い取る」「株価が下がって塩漬けにしている株券、以前に損をした金融商品があればそれも合わせて買い取る(=抱き合わせ)」などと言ってA社の良さや被害者にメリットのある話をして少しずつ被害者をその気にさせます。

<3回目以降その2>
上記のアプローチをして被害者がA社の認識をした時点で(A社のパンフレットを認識した時点で)、再びA社が登場します。
ここで重要なのは、A社自身はゴリ押ししない事です。一方で「大変多くの問い合わせが来ているので申し込み枠もかなり少なくなっている」と伝えます。

<申し込みから入金まで>
この後はB社もさらに場を盛り上げていきます。「オフレコだがA社の上場が決まった」「買取額が3倍ではなく5倍に上がった」「△月×日に買取に行く」などと煽ります。
さらに買取契約書などと称し、偽の実印が押された契約書を被害者に送る事で被害者もその気になり、
入金に至ります。

<1回目の入金後>
1度入金した後は被害者のガードが大変緩くなります。
A社、B社双方から煽れるだけ煽り(必要ならば追加の買取契約書を送ります)、2回目3回目の入金となります。

2.When:事件発生のタイミングは?

主に平日の日中に電話でアプローチをしていました。
固定電話、携帯電話問いません。

3.Who:どんな人がターゲット?

金融関連の知識が浅いにも関わらず、投資をした事のある方がメインターゲットでした。
例えば、以前に何かしらの金融商品を購入した事のある方。特に未公開株や金融関連のマルチ商法(ワールドオーシャンファームなど)で損失を出されている方。
大手証券会社を通して投資を行なっている方の中にも騙される方はいましたが、騙される割合は大変低かったと記憶しています。
投資未経験者にもアプローチしましたが、反応は今ひとつでした(使っていた名簿にもよると思いますが…)。

4.Where:事件発生場所・狙いやすい地域

全国各地にアプローチしていました。ただ、東京都以外が好まれていました。
理由は登場人物(会社)の所在地設定が東京都であり、東京在住の方はその設定上の所在地まで実際に来ることがあったためです。当然、その設定所在地に会社が存在しないわけですからここでバレてしまいます。(もちろん被害者の中に東京在住者はいます)

5.What:お金を騙し取る名目

A社の金融商品(=株や転換社債など)購入

6.Why:(私が感じた)引っかかる理由

(a)B社の役割を担う会社が何社も登場し、信用度を高めたため
(b)契約書などを送ることで同じように信用度を高めたため

お金は原則、口座振込で送金してもらいました。
2回目はここまでとさせて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。
弊社では以前、上記の元詐欺師の方からご連絡をいただき、インタビューをさせていただきました。その中で、元詐欺師だからこそわかる事、伝えられることがあると感じ、今回のコラムを出すことを決めました。

被害に遭わないためには、対策だけではなく、被害の実態と手口を知ることも大事です。このコラムで一人でも多く被害に遭われる方が減ることを願っています。

こちらのコラムは、毎週水曜日に更新します。第3回もぜひご覧ください。第1回はコチラからご覧いただけます。

Moly.jp編集部

>>Moly.jpの独自記事はこちらから<<
>他では聞けないインタビューをここで<

関連記事

  1. 詐欺師集団はどうやってアナタの電話番号を入手するのか…元詐欺師が語る

  2. 警視庁も警告!喜びも束の間「オリンピック当選通知メール」に潜む特殊詐欺のワナとは!?

  3. 特殊詐欺の認知件数はどうなってるの?年金支給日だからこそ気をつけたい○○対策とは

  4. 身分証明書の写真は赤の他人。詐欺に使用される無数の携帯電話の契約方法とは?…元詐欺師が語…

  5. 防犯メディアの社長が防犯設備士試験を受験したら、テキストが分厚くてちょっとビビった話

  6. 【実験】Twitterで国際ロマンス詐欺DMが来たので騙されてみた(中編)

  7. 【告白】霊感商法で捕まった元詐欺師が語る、犯行動機と被害者像

  8. 【Paskel】創業73年。老舗のアクセサリ会社がオシャレな防犯ブザーを作った理由【3】

  9. SECURITY SHOW 2019で見つけた次世代防犯グッズをご紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP