【盗撮犯が狙っているのはココだ!】海やプールで気をつけるべきポイントまとめ!

夏といえば家族や友達とプールや海に行くのを楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか?

基本的に海やプールでは水着で行動する方がほとんどだと思いますが、露出が多いと盗撮被害にも遭いやすくなります。どんな被害ケースがあるか、そしてどんな対策ができるかチェックしていきましょう。

水の中にいても盗撮されることはある!

以前よみうりランドで盗撮をして逮捕された男性は、3センチ四方の小型防水カメラを水中で女性に向けていたところを交際相手の男性に見つかり、御用となっています。執念深い盗撮犯は、わざわざ小型の防水カメラを準備してまで盗撮をします。後ろでずっと潜っているなどの不審な行動を見かけた場合は、すぐに監視員に報告するようにしてください。

娘さんの着替えに注意して!

小学校低学年くらいまでの女児はお父さんと一緒に男性用更衣室で着替えることもあると思いますが、そこを狙っている盗撮犯も存在します。群馬県の屋内プール施設で女児の着替えを盗撮したとして逮捕された男は、カメラ付きメガネを使用して盗撮をしていました。メガネにカメラが付いている場合、盗撮するには対象の人物を注視する必要があります。そのため、娘さんをじーっと見ている男がいたら警戒しましょう。特に、フチが太いメガネをかけている人はカメラ付きメガネを使用しているかもしれません。

女性監視員の方も気をつけて!

お客さんだけが盗撮の被害に遭うとは限りません。以前東京サマーランドでは、水着姿の女性監視員が盗撮された事案がありました。監視員の方はプールを安全に利用してもらうために集中していることもあり、なかなか盗撮に気づくことができないかもしれません。周囲の方も怪しい人を目撃したら、教えてあげるようにしましょう

どこで着替える時も必ずタオルを巻くこと!

海の家の更衣室などを利用する際、自分しかいないからといって全裸になって着替えるのはやめましょう。不特定多数の人が出入りする更衣室では、盗撮機が仕掛けられている可能性も高いです。実際にそういった被害は出ています。

また、更衣室ではなく、自分の車の近くで着替える方もいると思います。誰も見ていないだろうと思って無防備に着替えていると、陰から盗撮されていたということもあります。タオルを使わない方が簡単に着替えられるのは分かりますが、まずは盗撮の被害に遭わないように気をつけることが大事です。

1人でカメラを持ってウロウロしている人はすぐに通報!

海に入るでもなく、ただカメラを持って砂浜を歩いている人が稀にいます。そういった人には気を遣わずに「あの人怪しいです」と監視員に伝えましょう。メディアのカメラマンであれば報道用の腕章を身につけていますし、かなり大きいカメラで撮影しています。また、誰かを執拗に追い回すような撮り方はしません。

また、連れの人がいるのにも関わらず違う方向にばかりカメラを向けている人も要注意です。その他、周囲をしきりに気にしたり、カバンをずっといじっているのは盗撮をしている人にありがちな行為ですので、こちらも監視員に伝えておきましょう。遠慮はいりません。

まとめ

実際の事例も取り上げつつ、盗撮被害に遭わないために気をつけることをまとめました。

盗撮犯は自分の欲求のためだけに犯行に及ぶだけでなく、最初から販売目的で盗撮をしている人もいます。悪質な盗撮犯は顔など個人が特定できる情報と一緒にネットに流したりすることもあるので、被害に遭わないように十分気をつけましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【座席を盾に】ノーガードな新幹線で犯罪被害を防ぐ対策をチェック!

  2. トイレに「IoT」を導入すれば防犯対策にもつながるってほんと?

  3. あなたも盗撮されているかも?知っていれば怖くない!盗撮のパターンをご紹介

  4. 泥棒退治には「録画中」の文言が1番効果的!?被害に防ぐためにすぐにできることとは

  5. 【絶景】世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのおすすめスポットと気になる治安は?

  6. 【衝撃】ディズニーランドは盗撮犯にとっても夢の国!盗撮被害を防ぐ3つの方法

  7. 盗聴器はFMラジオで見破れる?すぐできる盗聴&のぞき対策はこれだ!

  8. その位置で大丈夫?映像解析をするための防犯カメラの正しい設置場所とは

  9. 【ご用心】盗撮対策教えます!!背後に気配を感じたら狙われているかも!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP