【注意】痴漢と盗難は大型プールで毎年大量発生!「友達の目」で被害を防ごう!

お盆の時期で連休ということもあり、プールに遊びに行くこともあると思います。

今回は、プールでの痴漢被害や窃盗について実際の事例をもとに確認していきましょう。

偶然を装って触る

プールでは、普段と違って視界が悪くなったり、泳ぐことに夢中で周囲が見えていない場合があります。そのため、偶然手が当たってしまうケースもないとは言えません。しかしながらその偶然を言い訳にしてエスカレートした男が、神戸市のプールで泳いでいた女性の尻を複数回触ったとして県迷惑防止条例違反で逮捕された事例があります。警察によると男は「一度目はたまたま当たったが、偶然を装えば何度も触れると思った」と供述したとのことです。

プールに限らず、電車で痴漢を繰り返す人の最初のきっかけも「偶然手が触れてしまったが、嫌がられなかった」という体験が多いそうです。そこから犯行がエスカレートしてしまうのがとても怖いですが、実際にそういう人がいることは念頭に置いて、まずは自分でも警戒するようにしましょう。

流れるプールでどさくさに紛れて触られる

人が多く集まるプールには、流れるプールや波を作るプールがあります。先ほどの偶然を装った痴漢と似ていますが、こちらはより大胆に触ってくることが多いです。

姫路市民プールでは人口の波を楽しむプールがあり、大勢の客が波に揺られている中で当時17歳の女性が痴漢被害に遭いました。男は水中に潜って女性に近づき、犯行に及んだところを女性の友人が発見しました。

流れるプールや波の出るプールの場合、「自分が流されてぶつかった」と感じる方も多いと思います。しかし、こうした場所に出没する痴漢はバレないと思って大胆に触ってくる人がいます。明らかに手で触られた感覚があった時は迷わず監視員に報告するようにしましょう。

また、友人同士で気をつけ合うこともかなり効果的です。大人数が集まるようなプールで男性が1人で近づいてきたら気をつけたほうがいいでしょう。

スマホとサンダルが盗まれやすい

連日多くの人が来場する大型プールでは、毎日のようにスマホやサンダルの盗難が発生しています。痴漢の被害は女性の方が圧倒的に多いですが、スマホやサンダルの盗難は男性も被害に遭うことがあります。

Twitterで被害を報告している人も。。

プールで自撮りを楽しんだ後、プールサイドに置いたまま少し離れて遊んだりするのはやめましょう。スマートフォンはもはや個人情報の塊です。サスペンス映画の題材にもなったように、盗まれたら金銭的にも精神的にも大きな被害があります。防水容器に入れて肌身離さず持ち歩くようにするか、一旦ロッカーなどに預けてから遊ぶなどの対策はするようにしましょう。

サンダルに関しては、プールの中に履いたまま入ることができない以上、盗難のリスクは常についてまわります。自分の視界に入るところに置いておくことができれば良いのですが、なかなか難しいですよね。そういう場合は、100円ショップなどで安いサンダルが売っているので、最悪盗まれてもいいものを履いていくというのもアリでしょう。クロックスのサンダルなどは使っている人も多く、盗んでもバレにくいという問題があります。そして、他のサンダルと比べて少し高価なので、盗まれた時のショックは大きいです。まずは盗まれないように管理をしっかりするようにしましょう。

また、同じことは海でも言えます。ビーチに置きっ放しにしたままみんなで遊んでいては、盗んでくださいと言っているようなものです。交代制にして誰かが貴重品を管理するなどの対策はした方が良いでしょう。

プールや海での楽しい思い出を邪魔されないよう、できる限りの防犯対策はするようにしましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 便利だからこそ注意したい【夜行バス】で起きる痴漢行為とは

  2. 痴漢から助けようと思ったら自分も被害に…助けを求める時に必要なことは?

  3. 【鍵を開ける瞬間の行動がミソ】子どもに留守を任せるための、鍵の持たせ方とは

  4. 自転車は「分解して」盗まれる!自転車泥棒の被害を防ぐ方法とは?

  5. 【海外旅行の防犯】ベルギー旅行は「道」で危険度が違う!危険な目に遭わないためにできることとは

  6. 犯罪被害の相談は躊躇わないで!防犯につながることもある

  7. 【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜

  8. 万引き防止に効果的? 防犯ミラーとその他の万引き防止対策

  9. 窃盗犯が捕まる確率は高いのか? 盗られたものが返ってくる可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP