【8月14日の事件】許されざるゲーム感覚の誘拐。黒磯小2女児誘拐事件とは

今から16年前の8月14日、黒磯小2女児誘拐事件が起きました。犯人は男2人で、ゲーム感覚で誘拐したそうですが、7歳の女児は心の傷を負ってしまったことでしょう。今回はこの事件を紹介するとともに、子どもを誘拐から守る対策を紹介していきます。

黒磯小2女児誘拐事件の概要

黒磯小2女児誘拐事件は2001年8月14日のお昼ごろに栃木県黒磯市(現在は那須塩原市)の路上で起きました。当時、祖父の家の前で4歳の妹と遊んでいた小2の女の子が、何者かに車に押し込まれて誘拐されたのです。しかし、その翌日の正午ごろに路上で解放され、女の子は自分で自宅に電話をかけて保護されました。女の子は誘拐されているときガムテープで目隠しをされていましたが、食事やトイレのときは目隠しを外されたことにより、犯人の数や顔、部屋の様子などを詳しく覚えていました。

例えば、犯人は2人いて監禁されていた部屋は外付けの階段があり、ユニットバスだったこと。夜には花火の音がして近くに赤い建物があり、車は白いセダンで車内のミラーには猫のマスコット人形が付いていたことなど。この情報をもとに警察は犯人を特定し、全国に指名手配しました。そして犯人の1人は、犯行から1週間後に母親に頼んで警察に電話をしてもらい出頭。もう1人も逃走の末、埼玉県で逮捕されました。

犯人と裁判

この事件の犯人である2人の男は、小学校からの同級生でゲームやアニメが大好きだったそうです。2人は高校卒業後仕事を転々とし、アニメの同人活動を開始。ホームページでイラストを公開したり、コミックマーケットで同人誌を売ったりしていました。1人が印刷会社に就職しますが、すぐに退社。その後は中古ソフトを売ったりしながら生活をしていたそうです。そして、事件当日も2人はコミックマーケットに行こうとしますがお金がなく引き返したところで、路上で遊んでいる2人の女の子を見かけ1人を誘拐したのです。

警察の調べに対し2人の男は、誘拐はゲーム感覚で「可愛かったから手元に置きたくなった」などと供述し、警察を呆れされました。しかし、誘拐しているときに女の子の両手足を布のベルトで縛り、両目を粘着テープでふさいで「静かにしろ。静かにしないと死ぬことになる」と脅していたことは、女の子の心に大きな傷を負わせることになり、ゲーム感覚で済まされる話ではありません。裁判では検察官に新潟で起きた、女性を約9年間監禁した事件について問われると、羨ましいと思いその9年を超えようとしたなどと答えました。

また、女の子を監禁する際に首輪を買うことを提案していたり、事件前に小学生の女児を物色するために小学校周辺をうろついていたりしたことが明らかにされました。検察側は論告で幼い被害者に与えた精神的な影響は大きく、少なくとも被害者が高校を卒業するまでは刑に服する必要があると懲役10年を求刑。そして、2003年3月に宇都宮地方裁判所は主犯とされた男に懲役8年、もう1人の男に懲役7年6カ月の実刑判決を言い渡しました。

子どもを誘拐から守る対策

今回紹介した誘拐事件では、女の子は次の日に解放され命にも別状はなかったかもしれませんが、小学2年生の女児の小さな心に大きな傷を負わせました。子どもを誘拐から守るために、大人がしっかりとした対策をとることが大切です。

なるべく子どもだけで外では遊ばせないようにする。
子どもに少しでも怖い人が近づいてきたら、逃げるか大きな声を上げるよう徹底して教えておく。
子どもに防犯ブザーや防犯ホイッスルを常に携帯させ、いつでも鳴らせるように練習をさせておく。
自分の名前を呼ばれても、自分が知らない人には近づかないように徹底させておく。
普段から子どもとのコミュニケーションをしっかりと取るようにする。特に子どもの話を良く聞く。
1人で外に出かけるときは誰とどこで何をし、いつ帰って来るかを家族に知らせてから出かけることを徹底させる。
定期的に親子で防犯に対する訓練をする。
子どもにゆっくり走っている車や人が乗って停車している車には近づかないように教えておく。

まとめ

大人の勝手な興味本位で子どもを誘拐するなんて言語道断です。子どもの頃に負った心の傷は大人になっても引きずってしまう可能性があります。子どもを守れるのは身近にいる大人しかいません。極度に神経質になる必要はありませんが、いつ何が起こるかわからないということを大人自身が頭の隅に置き、出来る限りの対策をして大切な子どもを守っていきましょう。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【京アニ放火】部外者を侵入させないために企業の社長が考えるべきこと

  2. 知らない間に標的に!?もしもの時は防犯カメラを頼りましょう

  3. 覚えておきたいストーカーの特徴!また男女で違いはあるのか?

  4. 地域の防犯サービスとはどんなもの?気になるメリットとその種類とは

  5. その位置で大丈夫?映像解析をするための防犯カメラの正しい設置場所とは

  6. 【悪質】「どうしても性交がしたかった」女性に手錠をかけた身勝手すぎる犯行

  7. 【必見】女性の夜の一人歩きで使える究極の防犯方法とは!?

  8. 【ミニスカートの日】女性がファッションを楽しむための防犯対策!!

  9. 今さら聞けない窃盗と刑罰・懲役などについての基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP