UターンラッシュのSA・PAで気をつけたい車上荒らしの対策を解説!

暑さもピークを迎え、そして夏休みも終盤にさしかかってきました。
楽しかった連休も終わり、旅先から帰路につく荷造りをしている人も多いかと思います。

そんな楽しかった帰り道や、これから遅くきた夏休みを過ごす人が利用する可能性のあるSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)などの防犯について今回はご紹介します。

SA/PAで起きる犯罪は?

SA/PAは高速道路を利用する際に多くの人が立ち寄る場所です。そして、多くの人が立ち寄れるということは、不特定多数の人が簡単に出入りできるということでもあります。

では、不特定多数の人が簡単に出入りできる、上記の場所ではどのような犯罪が起きる可能性があるのでしょうか。それは【車上狙い】と【強制わいせつ】です。では、順番に見ていきましょう。

どうして車上狙いが起きるの?

主に多いのは【車上狙い】です。SA/PAは多くの人が出入りしている分、多くの人の目があると感じることもありますが、広い駐車場は死角だらけです。

多くの人が利用し出入りはしますが、誰がどの車の持ち主かはわかるわけではありませんし、相当不審な行動をしていない限りは他人の車に近づいて、不審に思われることもありません。

そして、SA/PAは特徴として、長居をする場所ではないので車を施錠しない人がいるのです。ちょっとトイレに寄るだけ、たばこを1本吸うだけ、コーヒーを買ってくるだけなど、「ちょっと離れるだけ」という感覚で車の施錠をせずに車を離れる人がいます。そこを車上狙いの犯人は狙っているのです。

窃盗犯に対して、たったのちょっとは“恰好のチャンスタイム”なのです。施錠をしていなければ、車を開けて荷物や貴重品を簡単に盗めますし、風通しの為に窓を全部閉めずに少し開けておけば、そこから物を盗るのも簡単なのです。そして、交通量も多いことから、紛れ込みやすく逃げやすいです。

SA/PAで起きる強制わいせつとは

では、次にSA/PAで起きる強制わいせつについて見ていきましょう。
SA/PAは基本的に各々の車に乗車をしているため、電車など他人と共有する乗り物ではないため、危険はないかと思われますが、違うのです。

誰かと一緒に車に乗車をしていれば、ある程度は安心ですが、いつも誰かと一緒とは限りません。1人で運転をし、疲れてSA/PAで休憩をしたり、仮眠をとる人もいます。しかし、駐車の際に車を施錠せずに眠りについてしまい、起きたら知らない人が乗っていて、暴行をされたケースもあります。仮眠をとっていなくても、施錠せずに車内に居たところいきなりドアを開けられて車に入られるといったケースもあります。

車内に人がいれば誰も狙ったりしないだろうと思いますし、いざとなればすぐに発進すれば大丈夫と思う方もいるかもしれません。しかし、とっさにこのような場面に直面したら、声を上げることすら難しいです。

絶対にしなきゃいけない“ある行動”とは

では、タイトルにある気をつけたい“ある行動”とは何でしょうか。

それは、前述したケースを避けるために、必ず施錠をすることです。車を離れる際も、離れない際も、必ず施錠をしましょう。「ちょっとだけだから」といったは絶対に作らないようにしましょう。

死角の多い駐車場だからこそ、どこで誰にターゲットにされているかわかりません。必ず施錠をしましょう。そして、たとえ誰かが車の中で待機をしていたとしても、必ず施錠をしましょう。

そして、+αの防犯として、例えば仮眠をとる際などは、人目の付かないような場所に車を停めるのではなく、人目に付きやすい場所に車を停めるようにしましょう。

また、しっかりと施錠をするからといって、車を離れる際に貴重品を持ち出さないのも危険です。車を離れる際は、施錠だけでなく貴重品を持っていくようにしましょう。

まとめ

せっかくの楽しい旅の始まりや、旅の帰りに悲しい思いをしないためにも「隙」には気をつけましょう。みなさんの休日が思い出深い楽しいものでありますように。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. ネットで話題!置引先生とは?

    ネット上で話題になった『置き引き先生』とはいったい何?

  2. 【オドロキ事件簿】足舐め変態が現わる!?〜初対面の男には警戒をすることを心がけよう〜

  3. 海水浴場で夏の装いをしていない人の目的とは?気をつけるべき夏の海のキケン

  4. 空き巣被害を保険で補償!保証される保険や被害は?

  5. アパートの空き巣被害!狙われやすい立地や対策をご紹介します

  6. 窃盗の時効を理解した上で被害届を提出しよう

  7. 【急いで塞げ!】その「穴」のぞかれてますよ。夏場に気をつけたい「のぞき」のアレコレ

  8. 【旅行中にも大活躍】宅配ボックスの防犯上の問題点と対策は?

  9. 置き引きは日本でも起きる!?手口と対策を知って被害をくい止めよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP