110番はいたずらと緊急じゃない通報が多い!不安なことは#9110に相談しよう!

「警察に連絡する時は110番」と覚えている方も多いのではないでしょうか?

事件や事故に遭った際、すぐに110番をするのは何も間違ってはいません。なぜなら110番は「事件・事故等、緊急時に警察に通報するための緊急通報ダイヤル」として設置されているものだからです。

しかしながら、平成29年度の警視庁統計資料から「110番取扱状況」を確認してみると、総受理件数178万2840件のうち、いたずらや緊急性のない相談などを指す非有効件数は39万9874件(22.4%)もありました。つまり、5件に1件は110番である必要がない電話ということになります。

警視庁110番グラフ

こうした緊急性のない電話が多いと、本当に命の危険に晒されている人が110番に電話をしても警察の対応が遅れてしまうことが考えられます。いたずら電話は言語道断ですが、警察では緊急性のない防犯上の相談については#9110に連絡するようにお願いしています。

実際にあったバカバカしい110番の例

110番に実際にかかってきた相談内容には、以下のような馬鹿げた相談内容がたくさんあります。

  • 「トイレが詰まった!警察ならなんとかしろ!」
  • 「聞いて!嫁が私を邪魔者扱いするの!」
  • 「部長がムカつきます」
  • 「あの、免許の更新てどうすればいいんですか?」
  • 「家にクモが出ました。殺虫剤でも死にません」
  • 「お金がないので家までパトカーで送ってくれない?」

一方では緊迫した状況で110番をかけている人がいるのに、こんな下らない内容で110番する人がいるんです。ふざけないでほしいですね。

警察相談専用電話#9110に電話すると何ができる?

#9110に電話すると、相談業務担当の職員が応対してくれます。どのような相談が寄せられているのか確認していきましょう。

断っておきますが、上述したような相談は#9110でも受け付けてもらえません。

ストーカーやDVの相談

まず、ストーカーやDVなどの被害相談が多く寄せられています。実際に罪に問えるレベルではないけど、元交際相手がしつこく連絡してきて対応に困っているなどの相談も可能です。警察として対応できることは限られていますが、ストーカーやDVが事件に発展したケースをたくさん経験しているため、適切な対応を促してくれます。

特殊詐欺の相談

振り込め詐欺やアポ電など、近年問題になっている特殊詐欺の相談も可能です。警察は詐欺に関しては多くの事例や手口を把握しているため、詐欺かもしれないと思ったらまずは相談するとよいでしょう。

また、例えば自分ではなくて親が被害に遭っているかもしれないという時も相談してアドバイスをもらうことができます。

どこに相談していいか分からない不安についての相談

市民の不安に幅広く対応するため、担当職員は相談内容に応じて適切な窓口や機関を紹介してくれます。例えば性犯罪被害であれば#8103から電話できる性犯罪被害相談窓口というものがあり、専門職員が被害者のプライバシーや心労に寄り添ったケアをしてくれます。

この他にも少年向けの窓口、サイバー犯罪専門窓口など、それぞれの被害に対応した窓口を紹介してくれます。

どこに相談していいか分からなければ、まずは#9110がいいでしょう。

#9110の受付時間

各都道府県警察本部によって異なりますが、基本的には平日の午前8:30~午後5:15となっています。

正直なところ、社会人の方はなかなか時間を取りにくいですね。ストーカーやDVなど、緊急性はないけれど大きな不安を抱える事案は、大抵の場合は若手の女性社会人が被害者です。そのため、時間的になかなか相談しにくいのではないでしょうか。

市民の声が集まれば、受付時間の変更なども検討されると思います。なかなか相談できずに事態が深刻になってしまうケースもありますので、ぜひ自分が使いやすい時間を考え、各都道府県警のホームページから意見を投稿してみてください。警察側も市民が使いやすいサービスになれば、110番に緊急性のない連絡がくることが減り、win-winです。

ちなみに、24時間対応している地域もあるようですので、お住まいの地域の情報を確認してみてください。

Molyでも防犯相談始めました!

#9110に連絡できると非常に強力ですが、上述の通り時間的に相談が難しいケースもたくさんありますよね。また、家の防犯設備を強化したい、子どものSNSの使い方が不安など、警察に言うのもちょっと違う気がするなという防犯相談をぜひMolyにお寄せください。

防犯のプロである一般社団法人日本防犯学校を顧問に迎え、防犯設備士であるMoly代表河合成樹をはじめ、あらゆる分野の防犯に精通する弊社が皆様の不安の解消をお手伝いします。

防犯相談専用の投稿フォームから24時間365日受け付けておりますので、詳しくは公式サイトからご確認ください。

Moly.jp編集部

関連記事

  1. 【独自取材】女子大生の声を聞く~ナンパ、デートDVの性暴力被害

  2. 【SNSが入り口】20代以下の相談が急増!「モノなし○○○商法」被害って知ってる?

  3. 面識のある人とない人どちらが多い?子どもに対する性的虐待の範囲とその対策は

  4. 【独自取材】女子大生の声を聞く~性犯罪被害の実情

  5. ビギーナズラックが忘れられない…”ギャンブル依存症”は生活破綻や…

  6. 詐欺メンバーは誰が集め、どう犯行に及ぶのか。元詐欺師が語るメンバーの集め方とは

  7. 防犯メディアの社長が防犯設備士試験を受験したら、試験範囲にちょっとビビった話

  8. 詐欺集団内の報酬の基本給や取り分はどのくらい?元詐欺師が語る報酬の仕組みとは

  9. 根強く横行する○○○を使用した架空請求詐欺。今後も増加する?【元詐欺師が解説】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP