私が振り込め詐欺師になって逮捕されるまで4〜架空請求詐欺の次は霊感商法詐欺に手を染めました〜

私はおよそ3年半に渡り詐欺に加担していました。
私個人としては名前や顔などを公表すべきだと思うのですが、現状家族を説得出来ておりませんので、かなりの部分を伏せさせて頂きます。ご理解賜りたく存じます。

簡単に自己紹介をさせて頂きます。1982年にとある地方で生まれた男です。
2012年10月に逮捕、その後懲役7年の実刑判決を受け、栃木県喜連川社会復帰促進センターに収監。2018年11月に仮釈放となり出所し、現在は仮釈放の身です(刑の終了日は2020年4月)。

いくつか内容の異なる詐欺に加担した身として、誰でも詐欺に遭う可能性はあると断言します。たとえ今でないにせよ、常に身の回りに潜んでいると考えて下さい。私の話がどれだけ詐欺被害を防ぐ事に繋がるか分かりませんが、防犯意識の向上や騙される人がいなくなる事に少しでも寄与できればと思いペンを取りました。おもしろおかしく話すつもりはありません。また犯罪を助長するつもりも一切ありません。

第3回目はコチラからご覧ください。

第4回目は、霊感商法詐欺についてお話しします。

こんにちは。

一口に特殊詐欺といっても多岐に渡ります。ある特殊詐欺について金融機関が敏感になっていても、別の特殊詐欺のことはノーマークなんて事も珍しくありません。

当時の話ですが、前回までに述べた架空投資詐欺と今回お話しする霊感商法詐欺がまさにそのケースに当てはまります。

詐欺に対して何か一つやれば万事解決すると策はありません。自衛も含めて自分や大切な人を守る必要があります。有効な対策群について私見がありますが、長くなるので別の機会にお話しすることにします。

尚、私が首謀者として関わったのは201210月の1ヵ月のみですが、それ以前にも霊感商法詐欺の現場に出入りしていたり新手口を考えてアドバイスするなどして1年以上関わっていました。

1.How:手口の全体像

開運グッズのダイレクトメールや雑誌広告などを用いて被害者にアプローチします。それらを見て興味を持った方が問い合わせをしてきます。

その方々に対して、初回は「開運グッズ(数珠ブレスレットなど)」や「会員登録費用」として詐取し、その後に何かしら理由をつけてはより高額な商品販売や祈祷料の名目でお金を騙し取っていました。ダイレクトメール送付の際に使う名簿としては、「開運グッズ購入者」「金融商品(特に詐欺まがいのもの)購入者」などを用いていました。

被害金額(中央値):30万円

購入者率:名簿使用時は10人に1人が購入(10%なので高確率です)

1-2.How&How much:手口の詳細

<1回目:初回販売手口>
DMなどを見た方から連絡が入ります。DMにはプロフィールや悩み・願望の詳細を書く用紙(写真欄あり)を同封します。その方々に対して2,3万円の開運グッズを売りつけます。

*「必ず願いが叶う」と謳っています
*ある時期から、「商品無料」と謳って、問い合わせをしてきた人に「会員登録料」として同様に2,3万円騙し取っていました

「個別に念を込めて開運グッズを送るために必要」などと言って、前述のプロフィール用紙に細かく記載してもらいすぐに送り返してもらいます。また、この初回時に「◯月◯日にロト6や宝くじが当たる」などと言い切ります。

*そうすることで3万円が安く感じます

<2回目その1:高額品販売手口>
当然、ロト6が当たりませんから相手から連絡が来ます。この連絡が来る頃には送り返してもらったプロフィール用紙がこちらの手元にあります。

*連絡がない場合はこちらから電話をかけます

その用紙(と写真)を元に「大変素晴らしい運気の持ち主だが、邪悪な気がその幸運なオーラを邪魔している」「その邪悪な気が全て悪い」「その邪悪な気を取り払おう」などと伝えます。

*この時、著名人の名前を出して「著名人と同じくらいすごい運気の持ち主だ」と相手に伝えます。こうすることで、相手の気分が良くなります。

「邪悪な気を取り払う」ためにより高額な商品や除霊を勧めます。これらは数百~数千万円の金額設定にしており、被害者は当然難色を示します。ここで「特別に割り引く」「ロト6が当たったら残金を支払って」などと言い、現状支払える最大限の金額を振り込んでもらいます。

<2回目以降その2>
この後も基本的には同じやりとりが続きます。

何かしら理由をつけて「願いが叶わないのは全てあなたのせい」「良い運気があるから、邪気を払えばすぐに願いが叶う」「◯◯(より高額な商品や除霊代)の費用を払ってください」の繰り返しです。

<その後>

大半の方は、2回目の支払い後に諦めて勝手にいなくなります。

数百万円~数千万円支払った方の中には警察や弁護士に頼る方もおりました。そのような方には示談書のようなものを交わし被害金額の一部を返金します。当時は霊感商法詐欺に対してそれほど世間や警察が敏感でなかったため、このような対応で十分でした。

2.When:事件発生のタイミングは?

初回購入時は、曜日や時間に関係なく、DMや広告を見た方から連絡が入りました。

*対応出来なかった方には翌日連絡していました。

高額品を販売する2回目以降も曜日や時間はあまり関係ありません。

3.Who:どんな人がターゲット?

言葉は悪いですが、「世間知らずで、他力本願」な方です。性別・年齢でいうと、3,40代の女性が圧倒的に多かったです。

また、「褒められ慣れ」していない方が多いと感じました。そのため、「すごい運気の持ち主」などと持ち上げると多少強引でも何とかお金を工面しようとしてくれました。

4.Where:事件発生場所・狙いやすい地域

地域は問いません。

5.What:お金を騙し取る名目

会員登録料、開運グッズ購入費用、祈祷料

6.Why:(私が感じた)引っかかる理由

(a)(初回購入時は)少額であるため
(b)ロト6や宝くじが「必ず当たる」と信じているため

今回は以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。
弊社では以前、上記の元詐欺師の方からご連絡をいただき、インタビューをさせていただきました。その中で、元詐欺師だからこそわかる事、伝えられることがあると感じ、今回のコラムを出すことを決めました。

被害に遭わないためには、対策だけではなく、被害の実態と手口を知ることも大事です。このコラムで一人でも多く被害に遭われる方が減ることを願っています。

こちらのコラムは、毎週水曜日に更新します。第4回もぜひご覧ください。第3回はコチラからご覧いただけます。

Moly.jp編集部

>>Moly.jpの独自記事はこちらから<<
>他では聞けないインタビューをここで<

関連記事

  1. 【Paskel】創業73年。老舗のアクセサリー会社がオシャレな防犯ブザーを作った理由【1】

  2. 【詐欺被害】振り込め詐欺にあわないためには?増えている詐欺の種類とその手口をとは

  3. 【いや、危ねえよ】東京都がSMSを使った納税催告を実施。関連詐欺に注意して!

  4. 【恐怖の着信】折り返すと危険が待っている…国際ワン切り詐欺とは?

  5. 【ビートたけしのTVタックルに出演】特殊詐欺の新たな手口を防犯ジャーナリスト河合成樹がわかりやすく解…

  6. 【独自】霊感商法で捕まった元詐欺師が語る、犯行時の心境と罪悪感

  7. 【元詐欺師が解説】いかにも怪しい「霊感商法詐欺」で数百万も騙される被害者が出るワケ

  8. 【独自】霊感商法で捕まった元詐欺師が語る、逮捕と服役中の心境の変化

  9. 「たのしい、みまもり。」とは。SECOMが新しい“みまもり”の価値を提案!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP